手書きポップ(POP)を字が下手でも売れるようにするたった3つのコツ

このメッセージは


 ❏字が下手なのに手書きポップ(POP)を初めて書く方
 ❏字が下手なのに手書きポップ(POP)を習おうとする方
 ❏字が下手なのに手書きポップ(POP)で販促をする方
に向けて


字が下手でも手書きポップ(POP)が売れるようになる3つのコツを解説しています。

 

このメッセージを確認していただければ
字が下手でも、かわいいPOP文字を書けなくても
売れるPOPが書けます。

 

POPはラブレター、思いがあるかないかです。
それが伝われば売れます。

 

このメッセージは
下手な筆ペン文字でご利益創りPOPを書いて
4年連続売上更新し2.43倍に売上を伸ばした
仕合せPOP広告クリエイター西村が発信しています。
***********************
3秒でお客様を創り出せ!
書いて伝える力でご利益を創り出す
ご利益創りマーケティング・アドバイザー
西村まさゆき
◉販売士一級
◉販売士養成登録講師
◉ビジネスマネージャー
***********************

このメッセージの参考となる関連メッセージはこちら

「POP作成アプリよりも手書きPOPの書き方のコツが売れるパソコンPOPを作る」

「【オンラインセミナー】手書きポップ(POP)かわいい文字の書き方8つのコツ」

「【オンラインセミナー】手書きポップ(POP)かわいい文字を書くペンの揃え方」

「かわいいポップ(POP)の書き方はたった4つのコツ【売れるPOPの書き方講座】」

「初めての人でも手書きポップ(POP)が簡単にできる!たった3つの書き方のコツ」


ユーキャンの手書きPOP通信講座

スポンサーリンク

字が下手でも手書きポップ(POP)が売れるようになる3つのコツ

字が下手でも、かわいいPOP文字を書けなくても
売れるPOPは書けます。

 

POP広告クリエイターの資格を持っていますが
ワタシPOPあまり上手くないです。

 

それでも
筆ペンPOPメインのPOP販促で
4年連続売上更新できました。

 

字の下手なのって売れるPOPと関係ないんです。

 

POPはラブレターっていわれます。
思いがあるかないかです。

 

それが伝われば売れます。

 

字が下手でも手書きポップ(POP)が
売れるようになる3つのコツがあります。

 

  • 字が下手でも手書きすれば伝わる
    手書きすると売れるようになります。
    手書きは目立ちますし、思いが伝わりやすい手段だからです。

 

  • 伝える思いやりを持つ
    POPで売上アップしようと思ってたらあんまり売れない。
    お客様の喜ぶ顔を思って書くと売れるPOPになるみたいです。
    思いやりからPOPを書くと売れるPOPになります。

 

  • 書き方も思いやりを持って表現する
    思いを伝えるというのは発信者と受信者のコミュニケーション。
    発信者によい思いがあっても受信者に上手く伝わらなければ意味がありません。
    受信者に伝わりやすいように発信者が配慮するのも思いやりです。
    POPの書き方も思いやりを持って表現します。

 

それぞれについてワタシの体験も交えて解説します。

 

スポンサーリンク

字が下手でも手書きすれば伝わる            

手書きすると売れるようになります。
手書きPOPは目立ちますし、思いが伝わりやすい手段だからです。

 

字が下手でも注目され売れる手書きPOP

パソコンPO Pと手書きPOPの違いってわかります?

 

手書きPOPの文字は図形情報>文字情報だから
右脳が主に認識します。
右脳は空間認識が得意なので
いち早くPOPの存在に気付きます。

 

それで
手書きPOPは目立ち、注目されやすいので売れるのです。

 

さらに
男性よりも右脳が発達している女性は
手書きPOPに親近感を持ちます。

 

世の財布の紐を握っているのは
手書きPOPに反応しやすい女性です。

 

だから
手書きPOPは売上に結びつきやすいのです。

 


パソコンPOPの文字は図形情報<文字情報だから
左脳が主に認識します。

 

理解しても感じにくいのです。
感じにくいっていうのは自分のココロが動きにくい=鈍感ということ。

 

なので
買いたいっていう気持ちになりにくい。

 

伝わるとは理解し感じること

字が下手だからPOPを書かないなんてもったいない。
字が下手でもスムーズに読めればいいんです。

 

手書きPOP自体が伝わる方法なんです。
字が下手でもあなたの思いを手書きすれば
ちゃんと伝わります。

 

もし
あなたがラブレターを書くとしたら
手書きで書きますか?パソコンで書きますか?

 

一番心が伝わるのはやっぱり手書きでしょう。

 

読んで理解すればいいんじゃないんです。
思いを感じてくれるかどうかなんです。

 

POPというのは担当者やお店の思いを伝えるラブレターなんです。

 

ラブレターはどんなに字が下手でも自分の手で書く。
あるいは表現が下手でも自分の言葉で書く。
それが一番伝わる方法だと思います。

 

思いを伝えるのは手書きPOPが一番です。

それで伝わらなければ諦めるしかないんです。

 

あるいは
もう一回ラブレターを出すんです。

手書きPOP

これはウエルシアさんの手書きPOP。

 

ウエルシアさんは細かいパソコンPOP販促がとてもうまいです。
さすが大手ドラッグストアという感じです。

 

そのウエルシアさんにこの手書きPOP。
上手いとは言えませんが
このPOPを見たら絶対買ってみたくなります。

 

スタッフの熱い思いがすごく伝わってきます。

 

字が下手でも思いは伝わり売れる

あなたがラブレターを書くときは何で書きますか?

  • 自分の手書きで書く
  • パソコンで書く
  • ネットからダウンロードする
  • 他人に書いてもらう

自身の手書きラブレター以外で伝わると思いますか?

 


POPを書く方法も色々あります。

  • 手書きPOPを自分で書く
  • パソコンを作って自分で書く
  • インターネットで作ってダウンロードしてPOPにする
  • プロに依頼してPOPを書く

 

POPはお店の思いをお客様に伝えて
お客様がそれに納得して買うから売れるんです。

 

だから

  • パソコンで書いたPOPは売れにくいんです
  • ネットからダウンロードしたPOPは売れにくいんです
  • テンプレートを加工したPOPは売れにくいんです
  • POPのプロライター書いたPOPは売れにくいんです

いずれの方法もワタシやってみました。

 

自分で手書きしたPOPが一番売れます。

  • 自分がパソコンで書いても思うように表現にならず
    なかなか思いが伝わらないです。
  • ダウンロードしたものはキレイなだけで
    売れる感じが全然しなかった。
  • 自分で書けるからなのか
    人の書いたものには満足できませんでした。
    原稿通りプロの方に手書きPOPを書いてもらいました。
    思っていた色と違う、強調すべき言葉が違う、レイアウトも違うと感じました。

 

パソコンPOPにもメリットがある

自身の力では書けない大きなサイズのものは
ワタシもパソコンでPOPを作ります。

 

パソコンPOPには手書きには無い良いところがあります。

  • プライスカードのようにパターンが決まっているものは効率よく作成できます
  • 価格だけ、案内文だけという情報でしたらパソコンPOPのほうが読みやすい
  • 大きなものに対応できる(プリンターのポスター印刷でA0サイズまで)
  • 画像やイラストを取り込める(手書きPOPに貼り付けても良いのですが)

今では多くの人がPOPをパソコンで書くのではないでしょうか。
本当に便利に書くことができます。


でもね~
パソコンだと楽なようで実はとても時間がかかってしまいます。

 

ワタシのスキル不足ですけれど思うように書くには恐ろしく時間がかかります。
同じことを書くのだったら手書きのほうがずっと早い。

 

なので
手書きでササッと書いてしまいます。

 

手書きとパソコンPOPの特徴を選んで使い分けてください。

 

ただし
勝負POPは手書きをおすすめします。

 

だって
その方が売れますもん!

 

伝える思いやりを持つ                 

パソコンPOPでも思いを表すことはできます。
手書きPOPなら、なおさら思いが表れます。

 

だから
POPにはお客様への思いやりがないと売れません。

 

伝える思いやりを持つ

POPで売上アップしようと思ってたらあんまり売れません。
お客様の喜ぶ顔を思って書くと売れるPOPになるみたいです。
思いやりを持ってPOPを書くと売れるPOPになります。

 

思いやりって何だ

思いやりって具体的に何でしょう・
以下のようなことがお店からの思いやりです。

 

それをPOPに書くとお客様に喜ばれて
ご祝儀(貢献料、売上)がいただけます。

 

花屋さんを例に出してみました。

 

  • 聞きたいことに答える
    お客様からよく聞かれることをPOPに書きます。
    質問したいことがあるのに、自分で気づかずに買い忘れることもあります。
    質問したくても販売員がいない場合もあります。
    質問したくてもできない人もいらっしゃいます。
    【例】
    「この鉢にはお水は土表面が乾いてから少なめにあげてください」
    「この木は日当たりが良くて、暖かい場所が最適です」
    「ご予約すると高品質な品をお待たせせずにお渡しできます」

 

  • 他のお客様の情報提供
    ある商品の使い心地などは使用済みのお客様の声はとても参考になります。
    【例】
    「お水を切らさなければ花が2度咲くという方が多いです」
    「トゲのないのがいいと言うお客様が増えてます」
    「とっても日持ちがすると評判です」

 

  • お客様の知らない情報の提供
    お客様にはなかなか知り得ない情報もあります。
    メーカーや産地の苦労話や工夫、エピソードなどです。
    【例】
    「石川県が20年かかって改良した品種です」
    「花言葉は『新しい旅立ち』です」
    「水道水に弱いので置き水をあげてください」

 

  • 背中を押してあげる
    買おうかどうしようか迷う方もたくさんいらっしゃいます。
    買ったほうがいいですよ!買わなくても大丈夫ですよ!
    というお店の一言はお客様の行動を後押しします。
    【例】
    「今年は相場が高いので入荷は今回が最後です」
    「買わなくても昨年の球根が増えていませんか?」
    「奥様きっと喜びますから!」

 

  • 仕合せ提案する
    お店からの1番の思いやりが仕合せ提案。
    【例】
    「わずか300円でもテーブルがパッと鮮やかに和みます」
    「1年に1度ですから思いのこもった花束を選ぶと気持ちが安らぎます」
    「グラスに差すだけで優しい気持ちに包まれますよ」

 

  • アドバイスする
    思いやりがあるからこそ言える言葉があります。
    【例】
    「作物のそばには植えないでくださいね!」
    「GWまでに植えると上手く植え付きます」
    「お水はやりすぎるより切らしたほうがいいです」

 

  • 評判を知らせる売れ数、ランキング、権威のある後ろ盾
    評判、ランキング、権威は安心感の拠り所になります。
    【例】
    「最も評判の良かったアレンジメントです」
    「同じバラでもこちらが人気No1の品種です」
    「県知事に表彰されたポインセチア農家です」

 

  • レア情報を知らせる
    独自の情報、希少な情報、限定的な情報は喜ばれます。
    【例】
    「能登で唯一の本榊です」
    「この色は全国で10鉢しかありません」
    「今年初めて市場に出た新品種です」

 

例を挙げましたが思いやりっていろいろです。
いいと思っても伝わらないこともあります。

 

一つでも伝われば「うれしい!」でいいんです。
あなたの思いをPOPにしてくださいね。

 

書き方も思いやりを持って表現する           

字が下手でも伝わりやすい書き方

字が下手でも伝わりやすい書き方はあります。

 

ワタシにも今までに読めない字の方が2人いらっしゃいました。

 

でも10倍大きく書けば読めます。
活字に近づけてもらえれば読めます。

 

読めれば伝わります。

 

POPはコミュニケーション

思いを伝えるというのは
発信者と受信者のコミュニケーション。

 

発信者によい思いがあっても
受信者に上手く伝わらなければ意味がありません。

 

受信者に伝わりやすいように
発信者が配慮するのも思いやりです。

 

POPの書き方も思いやりを持って表現します。

 

思いやりを持った書き方のポイント

書き方、表現も思いやりのうちです。

 

書いたから読め!ではなく思いが伝わるように
思いやりを持った書き方、表現をします。

 

  • 丁寧に書く
    なぐり書きはもちろん、走り書きはNG。
    大きめにふっくらと書くと温かい思いが溢れます。

 

 

  • 見つけやすい
    アイキャッチ、キャッチコピーは大きく書きます。

 

 

  • パッと見てわかる
    一つの文がパッと見ただけでわかるように塊で書きます。
    塊の数で思いがいくつあるかわかってもらえます。

 

 

  • 読む順が分かりやすい
    メリハリをつけると読んで頂く順を
    こちらの考えで案内できます。

    大きく、太く、濃く、はっきりと、強い色で書けば
    その文が強調され先に読んでいただけます。

    読んでいただく(見ていただく)順は
    ・アイキャッチ
    ・キャッチコピー
    ・サブコピー
    ・基本情報
    の順です。

 

 

このメッセージの参考となる関連メッセージはこちら

「POP作成アプリよりも手書きPOPの書き方のコツが売れるパソコンPOPを作る」

「【オンラインセミナー】手書きポップ(POP)かわいい文字の書き方8つのコツ」

「【オンラインセミナー】手書きポップ(POP)かわいい文字を書くペンの揃え方」

「かわいいポップ(POP)の書き方はたった4つのコツ【売れるPOPの書き方講座】」

「初めての人でも手書きポップ(POP)が簡単にできる!たった3つの書き方のコツ」

 


ユーキャンの手書きPOP通信講座

スポンサーリンク

まとめ                        

字が下手でも手書きポップ(POP)が売れるようになる3つのコツ

手書きすると売れるようになります。
手書きPOPは目立ちますし、思いが伝わりやすい手段だからです。

字が下手でも手書きすれば伝わる

  • 字が下手でも手書きすれば注目される
  • 伝わるとは理解し感じること
  • 字が下手でも思いは伝わり売れる
  • パソコンPOPにもメリットがある

伝える思いやりを持つ
パソコンPOPでも思いを表すことはできます。
手書きPOPなら、なおさら思いが表れます。

だから
POPにはお客様への思いやりがないと売れません。

書き方も思いやりを持って表現する

スポンサーリンク
  • 字が下手でも伝わりやすい書き方
  • POPはコミュニケーション
  • 思いやりを持った書き方のポイント

 

スポンサーリンク