養成講師がサンプル問題を解いてわかった!販売士2級ネット試験の傾向と対策

このメッセージは以下の方を対象としています。

□ 販売士2級のネット試験にチャレンジする方
□ 販売士のネット試験を不安に思う方
□ 販売士を目指す方

販売士の試験が2021年7月よりネット試験方式(CBT方式)となりました。

このメッセージでは
販売士養成登録講師がそのサンプル問題を解いて気づいた
傾向と対策について書いています。

 

このメッセージを読むことで
□販売士のネット試験に安心して挑戦できます
□販売士2級の勉強方法に自信が持てます
□販売士2級のネット試験で合格できます

 

このメッセージは
販売士養成登録講師、販売士1級、POP広告クリエイター
ビジネスマネージャーの西村が発信しています。

販売士と私との関わりは
販売士2級を1989年に取得
販売士1級を2012年に3ヶ月の学習で取得
販売士養成登録講師の審査論文で最優秀賞を獲得
現在は
「3秒でお客様を創り出す!
価値を創り、書いて伝える力でお客様を創り出す」
創客マーケティング・コンサルです。

 

スポンサーリンク

養成講師がサンプル問題を解いてわかった!
     販売士2級ネット試験の傾向と対策

サンプル問題を解いてわかった販売士2級のネット試験の傾向と対策は以下の通り。

  • 試験時間に余裕なく即断即答
  • 設問は決して難しくない
  • 出題範囲は過去の頻出箇所
  • サンプル問題からみた有効な勉強法とテキスト

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

試験時間に余裕なく即断即答

【傾向と対策】

試験時間に余裕がない

販売士2級で言えば
試験時間70分で100問は時間に余裕がありません。
1問42秒平均で回答すれば全問回答できます。

5科目の平均点が70点以上で合格ですから
少なくとも90%以上は回答したい。

 

即断即答

設問自体は時間がかかるものではありませんが
初めてでは面食らうかもしれません。

設問を読んで即答し、30秒で1問こなす
くらいのスピード感で臨んでください。
設問を読んで考えている時間、迷っている時間はありません。

即断即答できなければ次の設問に移り
即答できないものは後回しにします。

 

学習はハンドブックを何度も読む

考えて回答できるものもたくさんありますが
時間に余裕がありません。

設問を読んで条件反射で正解を回答できるように
ハンドブックを何度も読みます。

もちろん
ハンドブックを全部読むのではなく
頻出箇所、重点箇所を集中的に読みます。

 

ネット試験方式での試験時間と出題形式、合格基準

2021年9月30日7月からスタートのネット試験方式での
試験時間と出題形式、合格基準は以下のようになっています。

  1級 2級 3級

試験時間
(5科目,休憩なし)

90分 70分 60分

出題形式

1科目あたり 
記述式穴埋問題 小問10問
択一式穴埋問題 小問10問
(5科目合計で100問)
1科目あたり 
択一式正誤問題 小問10問
択一式穴埋問題 小問10問
(5科目合計で100問)

1科目あたり 
択一式正誤問題 小問10問
択一式穴埋問題 小問10問
(5科目合計で100問)

合格基準 各科目70点以上
(2021年度から変更)
5科目の平均点が70点以上
かつ 
1科目ごとの得点が50点以上
5科目の平均点が70点以上
かつ 
1科目ごとの得点が50点以上

 

設問は決して難しくない

前項ではちょっと不安になるように
書いてしまいましたが心配ありません。

初めての受験で一番心配されるのが
時間切れで合格点に及ばないケース。

設問は全然難しくないのに
時間切れってもったいないじゃないですか。

 

設問は1教科に大きく2問あります。

第1問:択一式穴埋問題 小問10問
第2問:択一式正誤問題 小問10問

という構成です。

1教科合計20小問、5教科で100問です。

 

択一式穴埋問題

択一式穴埋問題は10小問あります。

小問1問で穴埋箇所が2箇所あれば
小問は1問減って9小問になります。

択一式穴埋問題は穴埋め箇所が
10箇所と思っていただいたほうがいい。

択一式穴埋問題の設問の文章量は1~2行で穴埋め箇所が1箇所
文章量2~3行では穴埋め箇所が2箇所という感じです。

4つの解答が用意されている4択となっています。

 

例題を挙げると

■スーパーセンターは(    )を中心としたディスカウントストアと
食料品中心のスーパーマーケットにドラッグストアを融合させた大型小売形態である。

1,非食料品  2,衣料品  3,家電商品  4,日用雑貨

 

■就業規則は常時(  )人以上の労働者を使用する企業に対して
制定を義務付けている。

1,5   2,10   3,15   4,20

■グルーピングされた個々の品目を垂直に何段ディスプレイするか
 水平に何列ディスプレイするかを決めることを(     )という。

1,フェイシング  2,フロアマネジメント  3,セルフマネジメント  4、ゾーニング

 

択一式正誤問題

択一式正誤問題は10小問あります。

設問に対し正しいものには「1」、誤っているものには「2」を
入力するようになっていると思います。
(ここはよく確認してください)

設問自体は長くありませんが、注意深く読解してください。
時間がなく慌てて回答しないように
ひっかけ問題が多いのが正誤問題です。

 

計算問題は択一式穴埋問題になる

計算問題ももちろんありますが択一式穴埋問題形式となっています。
4つの解答の中から選ぶ4択になっています。

 

計算問題自体は少ないようで計算も難しいものではありません。
ただ計算に余計な時間を取られないようにします。
暗算できるくらい計算式をよく理解しておいてください。

 

もちろん電卓の持ち込みはOKですが
計算機能(四則演算)のみのものに限られます。

印刷(出力)機能やプログラム機能
公式記憶機能、辞書機能のあるもの
音の出るものは持ち込みができません。

日数計算、時間計算、換算、税計算
検算 (音の出ないものに限る)は持ち込み可。

 

持ち込み品の注意事項など試験概要をよく確認して行ってください。
リテールマーケティング(販売士)検定試験公式サイト

出題範囲は過去の頻出箇所

ネット試験方式(CBT方式)では随時試験となり
個々人に出される試験問題は同じではありません。

 

ではどのように受験対策するか?

 

ネット試験サンプル問題の出題箇所は90%以上が
過去5回の過去問の出題箇所、重点箇所から出ていました。

 

過去問の攻略は有効な勉強法といえます。

 

販売士2級の勉強法についての参考メッセージはこちらです。

「1級販売士が教える販売士2級を新ネット試験方式でも短期合格の勉強法」

「1級販売士推薦!2級をネット試験で短期合格の学習計画、勉強法、テキスト」

「リテールマーケティング販売士検定が難易度に関係なく役に立つ3つの理由」

 

サンプル問題からみた有効な勉強法とテキスト

勉強法

販売士2級のサンプル問題は90%以上
過去5回の過去問の出題領域から出ていました。

 

ですから
勉強法としては過去問攻略をおすすめします。

 

 

ただ、仕事が忙しくてまとまった時間が取れないっていう方がいらっしゃいます。
そういう場合は通信講座を活用することも良い選択肢です。

通信講座ではテキストだけではなく、スマホアプリや動画学習、音声学習と多様な学習ができます。
これはとても助かる学習方法です。
私も中小企業診断士の学習では自分でテキストを読んで音声教材を自作して通勤時間に聞いていました。
(ところが自作の音声教材は聞きづらくて余り役には立ちませんでした)

 

販売士の通信講座はこちらがおすすめ!

スタンディングの販売士(リテールマーケティング)講座

おすすめポイントは

  • テキスト学習より動画学習は格段に頭に入りやすい
  • 2021年より変更された2級販売士の養成講習会の時間割15時間と同程度の動画学習
  • 講師はこの道30年の上岡史郎さん、最もわかりやすい成美堂出版のテキストの執筆者
  • すべてオンライン学習でPC、タブレット、スマホで何時でもどこでも学習できる
  • オンラインの問題集、模擬試験は新ネット試験に近い環境で試験対策に都合がいい
  • 小売経験の少ない方でも動画学習はわかりやすい
  • WEBテキスト(プリントも可)、問題集、模擬試験、キーワード集と教材が多彩
  • 専用アプリを利用すればスマホに動画講座をダウンロードしてオフライン学習も可能
  • 動画は1.5倍速、2倍速版があり復習にはとても好都合
  • 模擬問題のミスだけを再学習できるのはオンライン講座の強みで点数アップが確実
  • 音声学習は車内でも利用できるので車通勤の方にはとても有効な学習方法
  • 多くの通信講座、養成講習会が2万円を超えますがスタンディングは2万円を切り
  • 更に2級に合格すれば3000円のアマゾンギフト券がもらえます
  • 独学の勉強時間が取れない方はスキマ時間活用の通信講座だけでも合格は十分できます

 

テキスト

販売士ネット試験のためのテキストについては
販売士ハンドブック(公式テキスト)
(発行:㈱カリアック)
をおすすめします。

 

ネット試験のサンプル問題の文章は
ハンドブックの文章と似ています。

ハンドブックをよく読んで頂いたほうが
設問も理解しやすく、正解を回答しやすいと思います。

販売士2級のサンプル問題を解いてみて
ますますハンドブックの有効さが分かりました。

試験問題の出題は
1級試験問題の70%、2級試験問題の80%、3級試験問題の90%が
販売士ハンドブックから出題されるとなっていますので当然といえば当然です。

 

販売士ハンドブック(公式テキスト)

  1級:8,250円(税込)
  2級:6,710円(税込)
  3級:5,500円(税込)

ハンドブックに関するお問い合わせ・ご購入は
株式会社カリアックのホームページ
URL:https://www.curreac.co.jp/
e-mail:sh@curreac.co.jp

別途送料がかかります。

地元の商工会議所に扱いがあるかもしれませんので
ご確認ください。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

まとめ:                
養成講師がサンプル問題を解いてわかった!
販売士2級ネット試験の傾向と対策    

  • 試験時間に余裕なく即断即答が必要
  • 即断即答できなければ次の設問に移り、即答できないものは後回しにします
  • 設問を読んで条件反射で正解を回答できるようにハンドブックを何度も読みます
  • 設問は決して難しくないので安心して
  • 択一式穴埋問題は10小問あり4つの解答が用意されている4択となっています。
  • 択一式正誤問題は10小問ありひっかけ問題が多く設問を注意深く読解してください。
  • 計算問題ももちろんありますが択一式穴埋問題形式の4択です
  • 計算に余計な時間を取られないように計算式をよく理解しておいてください
  • 販売士2級のサンプル問題は90%以上が過去5回の過去問の出題領域、過去問攻略は有効な勉強法
  • テキストは販売士ハンドブック(公式テキスト)(発行:㈱カリアック)をおすすめ
  • ハンドブックをよく読んだほうが設問も理解しやすく、正解を回答しやすい

 

スポンサーリンク