冬のあったかメニューの価値づくりとキャッチコピーづくり「ポトフ」

スポンサーリンク

ポトフはフランスの家庭料理で日本でいうところのおでん。
そう思うと冬のあったかメニューの代表だと身近に感じられます。
とてもシンプルな料理だからこそ、美味しさが際立ちいろいろな提案や工夫もできます。

シンプルで奥が深いポトフについての価値づくり提案とキャッチコピー例です。
冬を楽しむメニュー「ポトフ」の提案にお役立てください。

スポンサーリンク



冬のあったかメニュー「ポトフ」の価値づくり

何もないところから価値づくりはできません。
価値づくりの元をインターネット、身近な料理好きな方、生産者、調味料メーカーの営業さんなどから仕入れます。

その中からお客様にとって価値ある情報を選びキャッチコピーやディスプレイで訴求します。
どの情報が価値あるものかは仮説・実行・検証を重ねて見極め力を磨くしかありません。

今回のポトフの元情報はインターネット、身近な料理好きな方に求めました。
価値づくりの例を参考にしてくださいね。

冬のあったかメニュー「ポトフ」の価値づくり

ポトフの価値づくりの元情報はインターネット、身近な料理好きな方に求めました。
その情報から次のような注目情報をピックアップし価値づくりを進めました。

それらの情報は下記サイトから引用しました。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Ajinomoto Park レシピ大百科
クラシル ほっこり体が温まるジャガイモのポトフ
食からはじまる、笑顔のある暮らし。MACARONI

進めた価値づくりは次のようになりました。

フランスの家庭料理の一つ。鍋に塊のままの牛肉、野菜類に香辛料を入れて長時間煮込んだもの。

野菜を切って火にかけるだけ!

牛肉やソーセージなどの肉と、大きく荒く切ったニンジン、タマネギ、セロリなどの野菜類を、じっくり煮込んだ料理である。

⇒鍋に牛塊肉と切った野菜を入れて火にかけるだけのシンプルさ、これが家庭料理

スープは食塩、香辛料(黒コショウ、ハーブ、クローブ等)などで風味を調え、肉や野菜は食べやすい大きさに切ってからマスタードを添え、それぞれ別皿に盛って供する。

漉した煮汁はほかの料理のブイヨンとしても用いられる。

意外と知られていませんが、スープと具材は別々に盛り、具材はお好みでマスタードをつけて食べるのが伝統的なスタイル。

⇒具材は大きく切ってメインディッシュ、別皿でスープを頂く。一鍋で2皿できるポトフ

牛肉は、主にすね肉、もも肉、かた肉が使われ、野菜類はニンジン、タマネギ、セロリ、キャベツ、カブ、ポロネギなどが使われる。

⇒安い牛肉でおいしくできる、基本野菜でおいしくできる

ぽかぽか温まる大人気のポトフ

野菜たっぷりのスープに生姜もプラスして、体が温まるスープです。

⇒寒いときには生姜を足してスープと一緒に食べれば更に体がぽかぽかと温まります。

たっぷり野菜を子どもでもおいしく食べられます♪

小さなお子さんには、少し小さめにカットすればとても食べやすくなります

⇒小さめにカットすれば子供も野菜をタップリ取れるおいしい料理です

セロリ・きのこ類・レンコン・ごぼうなどを入れても風味よく美味しく出来上がります。

⇒野菜を切って火にかけるだけの料理でもいろいろな材料でバラエティな味が楽しめる

冬のあったかメニュー「ポトフ」の価値づくりの元になる情報

私がインターネットから探しだしたポトフの元情報は以下のようなものです。
お客様にとって価値ある情報としてピックアップした部分にご注目ください。

ポトフ
ポトフ(仏:pot-au-feu、ポトフーとも)は、フランスの家庭料理の一つ。鍋に塊のままの牛肉、野菜類に香辛料を入れて長時間煮込んだもの。フランス語でpotは鍋や壺、feuは火を示すため、「火にかけた鍋」といった意味になる。

ポトフの材料
牛肉やソーセージなどの肉と、大きく荒く切ったニンジン、タマネギ、セロリなどの野菜類を、じっくり煮込んだ料理である。スープは食塩、香辛料(黒コショウ、ハーブ、クローブ等)などで風味を調え、肉や野菜は食べやすい大きさに切ってからマスタードを添え、それぞれ別皿に盛って供する。漉した煮汁はほかの料理のブイヨンとしても用いられる。

具材
牛肉は、主にすね肉、もも肉、かた肉が使われ、野菜類はニンジン、タマネギ、セロリ、キャベツ、カブ、ポロネギなどが使われる。ジャガイモなどデンプン質の多い野菜は煮汁が濁るため一般に避けられる。

「スープ」も参照
各国に類似した料理があり、ドイツ料理でいうアイントプフは、ポトフのドイツ版。フランス語版のWikipediaでは、日本版ポトフとして「おでん」が挙げられている。中国には火鍋がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ぽかぽか温まる大人気のポトフ☆野菜を切って火にかけるだけ!たっぷり野菜を子どもでもおいしく食べられます♪
#野菜たっぷり#ソーセージ#メイン料理#ポトフ
材料(4人分)レシピ提供:味の素KK
ウインナーソーセージ 7本
キャベツ 1/3個(400g)
じゃがいも 3個
玉ねぎ 1個
ブロッコリー 1/2個
水 4カップ
「味の素KKコンソメ」固形タイプ 2個
粒マスタード 適量

つくり方
1キャベツは6cm角に切り、じゃがいもは半分に切る。玉ねぎは芯をつけたまま、6等分のくし形に切る。ブロッコリーは小房に分ける。
2鍋に水、「コンソメ」、(1)のキャベツ・じゃがいも・玉ねぎを入れ、煮立ってから15分煮る。
3ソーセージ、(1)のブロッコリーを加えて5分煮る。
4器に盛り、粒入りマスタードを添える。
*お好みで粗びき黒こしょうをふってお召し上がりください。

引用元:Ajinomoto Park レシピ大百科

ほっこり体が温まるジャガイモのポトフ レシピ・作り方
野菜たっぷりのスープに生姜もプラスして、体が温まるスープです。
忙しい朝や、保温ジャーに入れて、ランチのスープとしてもピッタリ!
小さなお子さんには、少し小さめにカットすればとても食べやすくなりますので、ぜひ作ってみてください。
調理時間:40分
材料(4人前)
ジャガイモ2個、玉ねぎ1個、キャベツ1/4個、にんじん1本、パプリカ1/2個
ウインナー100g、コンソメ顆粒大さじ1.5、すりおろし生姜小さじ1、水800ml

作り方
1.ジャガイモは皮を剥き4等分に切ります、ニンジンも皮を剥き乱切りにします。
2.キャベツは食べやすい大きさにザク切り、パプリカは種を取りさいの目切り、玉ねぎは皮を剥きくし切りにします。
3.ウインナーは斜めに包丁を入れ、2等分にします。
4.鍋に水と切った具材を入れ火にかけます。
5.コンソメ・おろし生姜を入れ味をつけ、具材が煮えたら完成です。

料理のコツ・ポイント
具材は好みの切り方で大丈夫です、セロリ・きのこ類・レンコン・ごぼうなどを入れても風味よく美味しく出来上がります。
コンソメキューブの場合は、種類にもよりますが、6個を目安にしてください。
胡椒を入れると味が引き締まります。

引用元:クラシル ほっこり体が温まるジャガイモのポトフ

コンソメで味付けする「ポトフ」の基本レシピ
フランス語で「火にかけた鍋」という意味を持つポトフ。
ソーセージなどのお肉や、大きくカットした野菜をコトコト煮込んだ、フランスの家庭料理です。
意外と知られていませんが、スープと具材は別々に盛り、具材はお好みでマスタードをつけて食べるのが伝統的なスタイル。
現代のご家庭では、お鍋でいっぺんに作るお手軽スタイルが浸透していますよね。

そんなポトフの作り方を、macaroni料理家の動画レシピからご紹介します!
調理時間:40分
材料(2人分)
・豚バラ肉(ブロック)……200g
・にんじん……1本
・玉ねぎ……1個
・じゃがいも……2個
・水……400cc
・ローリエ……2枚
・コンソメ……小さじ2杯
・塩……少々
・こしょう……少々
トッピング
・粗挽き黒こしょう……適量
下ごしらえ
・にんじんは縦2等分、横2等分に切ります。
・玉ねぎは4等分のくし型に切ります。
・じゃがいもは縦2等分にして水にさらします。
・豚肉は2等分に切ります。

引用元:食からはじまる、笑顔のある暮らし。MACARONI

食材は大きめに切ると、煮込んでも煮崩れしにくいよ

ウインナーとベーコンは、炒めることで風味と香りがアップするよ

キャベツの代わりに白菜を使うと甘いスープになるよ

以上は身近な料理好きな方から仕入れた情報です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬のあったかメニュー「ポトフ」のキャッチコピーづくり

ポトフの価値づくりをインターネット、身近な料理好きな方からの情報で行ってきました。
その価値づくりからキャッチコピーづくりに進みたいと思います。

牛塊肉と野菜を切って火にかけるだけ!懐かしい我が家の味

ポトフ

【キャッチコピー】
牛塊肉と野菜を切って火にかけるだけ!懐かしい我が家の味
【価値提案】
ポトフは牛肉やソーセージなどと大きく荒く切った野菜類をじっくり煮込む料理です。
シンプルだけど材料や味付けでその家ならではの味があります。
ポトフを我が家の味にしようという提案です。

 

大きい具材をナイフとフォークでいただくポトフはメインディッシュ

ポトフ

【キャッチコピー】
大きい具材をナイフとフォークでいただくポトフはメインディッシュ
【価値提案】
思いっきり大きく切った材料は立派なメインディッシュになります。
スープを別皿でいただくフランス流にすれば豪華な食事を一鍋で作れます。
スープが残れば別の料理にブイヨンとしても使えます。

安いお肉と基本の野菜で暖かくておいしいポトフができます

ポトフ

【キャッチコピー】
安いお肉と基本の野菜で暖かくておいしいポトフができます
【価値提案】
すね肉、もも肉、かた肉といった硬いお肉のほうが煮込むと美味しい味がでます。
香辛料と塩だけの味付けですが具材からの旨味がでて深い味わいになります。
安価で美味しくて簡単にできるポトフは優れたメニューです。

 

寒い冬には生姜を加えたポカポカメニューポトフを!

ポトフ

【キャッチコピー】
寒い冬には生姜を加えたポカポカメニューポトフを!
【価値提案】
ポトフ自体も体の温まるメニューですが生姜を加えれば更に体がぽかぽかと温まります。
寒い冬にありがたい料理で風邪対策にもなります。

 

 

大好きなウィンナーと一緒に野菜もたくさん食べてくれるポトフ

ポトフ

【キャッチコピー】
大好きなウィンナーと一緒に野菜もたくさん食べてくれるポトフ
【価値提案】
ポトフは野菜を小さめにカットすればお子さんでもたくさん食べてくれます。
牛肉ではなくお子さんの好きなウィンナーを使えば、さらに喜んで食べてくれます。

 

基本野菜以外の野菜を加えれば多彩な風味が楽しめます!

ポトフ

【キャッチコピー】
基本野菜以外の野菜を加えれば多彩な風味が楽しめます!
【価値提案】
ポトフに使うのはニンジン、タマネギ、セロリ、カブ、キャベツ、ネギなどの基本野菜だけではありません。
マシュルームやエリンギなどのきのこ、レンコンやごぼうなどの根菜類、白菜などもポトフに使えます。
使う材料によって多彩な味わいになります。

スポンサーリンク