節分とは幸せを願う伝統行事!その価値をキャッチコピーで伝えよう

スポンサーリンク

節分という伝統行事がただ福豆をまき、恵方巻を食べるイベントになっていませんか?
いま海鮮巻や洋風、中華の恵方巻で単価を上げ、品目拡大でさらなる売上拡大を目指しています。
恵方巻という伝統行事に根ざした行事食がバレンタインチョコレートのように便乗商品となっています。

 

大きくなった節分市場は売上を作ることが中心の行事になってしまった感じがします。
恵方巻というビジネスチャンスがスィーツや菓子、飲料にまで商品を拡大しています。

恵方巻が食品ロスとして問題になり、コンビニやスーパーでは従業員、アルバイトへのノルマが
当たり前になっています。
さらに節分は春夏秋冬あるからと売上を作る機会を拡大しようとしています。
売上を至上とした無理なノルマは違法な保険契約と根が同じ、バイトテロに繋がります。

伝統行事も行事食も人々の幸せを願うものだから数百年も続いてきたのです。
伝統行事も行事食もそして販促も人々の幸せを願うものでありたいと思います。

 

新しい考え方、新しい提案は新しいお客様を創り出します。
この記事では伝統行事の「節分」について新しい提案、価値づくり、キャッチコピーを提案しています。
ただ恵方巻を売るだけの販売がお客様の健康な生活に役立つ充実した働きかけに変わります。

スポンサーリンク



節分の意味、由来を知る

節分の由来は?

まず節分の由来を知っておきましょう。

節分(せつぶん、せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる。

概要
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。宮中での年中行事であり、『延喜式』では、彩色した土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾っていた。「土牛童子」ともいわれ、大寒の日の前夜の夜半に立てられ、立春の日の前夜の夜半に撤去された。これは、平安時代頃から行われている「追儺」から生まれた。元中国から伝わったこの行事は日本に定着していき、現在の節分の元となった。『続日本紀』慶雲三年十二月の条によると706年にこの追儺が始まり(「是年天下諸国疫疾百姓多死始作土牛大儺」とある)、室町時代に使用されていた「桃の枝」への信仰にかわって、炒った豆で鬼を追い払う行事となって行った。近代、上記の宮中行事が庶民に採り入れられたころから、当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てておいたり、寺社で豆撒きをしたりするようになった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86

節分というのは各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前の日のことです。
季節を分ける日だから節分、わかりやすいです。
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。それが節分の柊鰯や豆撒きということです。

節分の日はいつ?

現在は毎年2月3日であるが、これは1985年から2020年までに限ることであり、常にそうではない。
立春の前日であり、立春は太陽黄経が315度となる日である。このように、間接的に天体の運行に基づいているので、日付は年によって異なり、また未来の日付は軌道計算に基づく予測しかできない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86

節分の日は年によって違い、天体の運行によって決まるという。
季節も節分も宇宙の星の動きに連動しているのは壮大で科学的な感じがします。

節分の豆まきの意味や方法は?

邪気を追い払うために、古くから豆撒きの行事が執り行われている。
文献に現れる最も古い記録は、室町時代の応永32年(1425年)正月8日(節分)を記した2文書である。宮中の『看聞日記』には「抑鬼大豆打事、近年重有朝臣無何打之」とあり、室町幕府の記録『花営三代記』には「天晴。節分大豆打役。昭心カチグリ打。アキノ方申ト酉ノアイ也。アキノ方ヨリウチテアキノ方ニテ止」とあることから、この頃既に都の公家や武家で豆まきが習わしになっていたことがわかる。その20年後に編纂された辞典『壒嚢鈔』(1445年または1446年成立)巻一の八十三「節分夜打大豆事」には、宇多天皇の時代(867年-931年)、鞍馬山の僧正が谷と美曽路池(深泥池)の端にある石穴から鬼が出て来て都を荒らすのを祈祷し、鬼の穴を封じて三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたとする由来伝説が記されている。
方法
豆をまく際には掛け声をかける。室町時代の相国寺の僧侶、瑞渓周鳳の日記である『臥雲日件録』の文安4年(西暦1448年)12月22日の記述には「散熬豆因唱鬼外福内」とある[6]ように、掛け声は通常「鬼は外、福は内」である。しかし、地域や神社によって異なる場合がある。
豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもある。初期においては豆は後方に撒くこともあったと言う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86

豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆(炒り豆)である。豆を神棚に供えてから撒く地方もある。炒り豆を使用するのは、旧年の厄災を負って払い捨てられるものであるため、撒いた豆から芽が出ては不都合であったためであるという。北海道・東北・北陸・南九州の家庭では 落花生を撒き、寺社や地域によっては餅や菓子、みかん等を投げる場合もあるが、これは「落花生は大豆より拾い易く地面に落ちても実が汚れない」という合理性から独自の豆撒きとなった。相撲力士を招いて(醜・しこ・四股を踏む事により、凶悪な鬼を踏みつけ鎮める悪魔祓いをする)豆撒きをする社寺もある。かつては、豆のほかに、米、麦、かちぐり、炭なども使用されたという。豆まきとなったのは、五穀の中でも収穫量も多く、鬼を追い払うときにぶつかって立てる音や粒の大きさが適当だったからとする説もあるが定かではない。

福豆
大豆を炒って福豆とする。あり得ないことが起こる「炒り豆の花が咲く」ということわざがあるので、厄払いに用いた豆から芽が出ないようにしっかりと炒り、豆まきを終えてから食べる。自分の年齢あるいは年齢に1つ加えた数だけ食べるとされ、1回でその数だけ豆を握り取ることができると良いことがあるという所もある。また、炒り豆を保存しておき、初雷(立春後最初の雷)が鳴ったら食べると「病気をせず健康に過ごせる」「魔除けになる」「落雷の災いから免れる」という言い伝えが各地にある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86

豆などの穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっているとの信仰(思い込み)があります。
また語呂合わせにより魔目=魔滅となり、豆を鬼にぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味を持たせています。

何の意味もないモノやコトに大切な意味や祈りを込めるというのが日本的な考え方です。
こういう考え方は伝統行事には多いです。
人の力では及びつかないことを祈りを込めて願うという自然、森羅万象に対する畏敬の念が日本人にはあるようです。
節分には全国各地で様々な行事があるようですが魔除けとして柊の小枝と焼いた鰯の頭を門口に挿した柊鰯というものもあります。

節分の行事食

日本古来の行事には必ず行事食というものが一緒になっています。
行事自体が季節や自然と連動しているのですから季節の食材が使われ、医食同源として健康に深く関わるのは当たり前のことです。
節分においても日本全国いろいろな行事食があります。

節分鰯
大坂船場安土町の水落家の「行事帳」文政6年(1823年)に記された節分の行事食に「塩いわし 麦飯」とある。ま西日本には節分に鰯の焼き魚を食べる「節分いわし」の風習がある。
奈良県では麦飯を炊くことを「麦をよます」と言い、「ようまわす」(良い世の中になる)ように験を担いで食べる。江戸時代の京都の商家の日記に、節分の昼食に麦飯と白みそ汁、いわしを食べ、夜には鶴の吸物で酒を飲んだことが記されている。
とろろ汁
長野県では麦飯にとろろ汁をかけて食べる。トリガチと言って早食いをする。寒明けに胃袋を試すため大食するのが目的であるとする。

福茶
福豆(大豆)と昆布、梅干しなどの具に煎茶や湯を注いだ茶。

節分蕎麦
文化11年(1814年)刊『大坂繁花風土記』にある年中行事の条に「十二月三十日 晦日そばとて、皆々そば切く(喰)ろふ。当月節分、年越蕎麦とて食す」「正月十四日 十四日年越とて、節分になぞらへ祝ふ。この日そば切を食ふ人多し」とある。本来は節分に食べる蕎麦を「年越蕎麦」と呼び、大みそか(旧暦)に食べる「晦日そば」と区別していた。明治の改暦により「年越し」が節分から新暦の大みそかに移ったため、しだいに年越し蕎麦は大みそかに食べられるようになっていった。しかし、節分に蕎麦を食べる習慣を残す地域もあり「節分蕎麦」と呼んで区別するようになった。

太巻き寿司(恵方巻)
節分に恵方を向いて願いごとをしながら、無言で丸かぶりすると縁起が良いとされる太巻き寿司。関西では「丸かぶり寿司」とも呼ぶ。現在は「節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)し、言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願い事がかなう」とされる。「目を閉じて食べる」、あるいは「笑いながら食べる」という人もおり、これは様々である。また太巻きではなく「中細巻」や「手巻き寿司」を食べる人もいる。近畿地方の表現である「丸かぶり」という言葉から、元々は商売繁盛家内安全を願うものではなかった、との考察もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%96%B9%E5%B7%BB

恵方巻をもう少し詳しく見てみると

具材
太巻きには7種類の具材を使うとされる。その数は商売繁盛や無病息災を願って七福神に因んだもので、福を巻き込むと意味付けされる。別の解釈もあり、太巻きを逃げた鬼が忘れていった金棒(鬼の金棒)に見立てて、鬼退治と捉える説もある。具材は特定の7種の素材が決まっているわけではないが、代表例として以下が用いられる(なお、7種類ではない場合もある)。

かんぴょう
キュウリ(レタス・かいわれ)
伊達巻(だし巻・厚焼き卵)
ウナギ(アナゴ)
桜でんぶ(おぼろ)
シイタケ煮
また、大正時代から昭和時代初期には漬物が度々挙げられた。他にも焼き紅鮭、かまぼこ(カニ風味かまぼこ)、高野豆腐、しそ(大葉)、三つ葉(ほうれん草)、しょうが、菜の花、ニンジンなどが使われることがある。2000年代以降ではサーモン、イクラ、イカ、エビ、まぐろ(ネギトロ・漬けマグロ)などを使い「海鮮恵方巻」と称して店頭で売られていることもある。具材の種類数でも7種にこだわらず、2種や5種などと少なくしたり、11種・12種・15種など多くする場合もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%96%B9%E5%B7%BB

見てみると行事食はどれもが健康的な食材です。
逆に近年の海鮮太巻などはグルメでとても美味しいですが健康的とは言えないかもしれませんね。
売上に基づくものと健康を願うものとの違いでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

伝統行事の節分を活かす

伝統行事の節分について学んできました。
誰でも新しい季節は幸せでありたいと思うものです。
特に冬から春になる季節はなおさらです。

伝統行事の節分は幸せを願う行事として数百年続いてきました。
不易流行で伝統行事「節分」をアレンジするのはいいことだと思います。
ところが近年の節分、恵方巻、などは首を傾げるものがあります。

節分にはどのような由来、意味があるのかを、もう一度確認して
お客様のご利益につながる伝統行事を提案したいと思います。

この章では伝統行事の節分を活かすお客様への提案を考えたいと思います。
【キャッチフレーズ】【提案意図】という形式で書きます。

福は自分で巻く!福を巻いてあげる!手巻き寿司で恵方巻!

巻きずし

【キャッチフレーズ】
福は自分で巻く!福を巻いてあげる!手巻き寿司で恵方巻!
【提案意図】
恵方巻きは福を巻き込むと位置付けされていますので、それを手巻き寿司でという提案です。
福を待つという消極的な姿勢ではなく、福は自分から求めていく。
もっといえば人に福を差し上げられるようにがんばっていくとの思いを込めての手巻き寿司です。

あったか福鍋(ふぐ鍋)で風邪気払い!

ふぐ鍋

【キャッチフレーズ】
あったか福鍋(ふぐ鍋)で風邪気払い!
【提案意図】
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるとは季節の変わり目は体調を崩しやすいということでもあります。厳しい冬から春になる節分は体調の変化を意識するために活かしたいですね。そこで暖かいお鍋で福を呼ぶということで福鍋(ふぐ鍋)という提案はいかがでしょう。高いふぐでなくていいですからさっぱりした熱々のお鍋で体を温めていただきたいとの思いです。

明日は立春!最後のお鍋はアツアツ健康鍋で豚肉、柑橘類たっぷり!

ミルフィーユ鍋

【キャッチフレーズ】
明日は立春!最後のお鍋はアツアツ健康鍋で豚肉、柑橘類たっぷり!
【提案意図】
季節の変わり目には体調変化があります。実際、季節の変わり目には毎年体調を崩す人がいます。
温かいお鍋で健康を保つという提案です。
でもお鍋はもう何度も食べているでしょう。
で最後のお鍋という切り口で健康お鍋を提案してはいかがでしょう。

福豆、節分そば、恵方巻の節分行事食で健康と幸せの感謝と祈願

節分福豆

【キャッチフレーズ】
福豆、節分そば、恵方巻の節分行事食で健康と幸せの感謝と祈願

【提案意図】
厳しい冬を健康で乗り切れたことへの感謝と新しい春に向けて健康と幸せの願いを込めて行事食をいただきましょうという提案。

明日からは春!節分が準備のタイミング花粉症対策

【キャッチフレーズ】
明日からは春!立春が準備のタイミング花粉症対策
【提案意図】
花粉症がまたやってきます。毎年、節分のタイミングで薬を処方してもらい飲み始めます。
これが遅れると重症化します。
ちっちゃな花粉の大きな難をふせぎます。
マスク、薬、ガードスプレー、花粉症用メガネなどご準備お忘れなく。

スポンサーリンク