ブラックボードのおしゃれな書き方のコツはパソコンの活用

スポンサーリンク

カフェ風のおしゃれなブラックボードの書き方を教えてほしいという声がよくあります。
インテリアとしておしゃれな黒板アート、チョークアートを書きたいという方もいらっしゃいます。この記事ではパソコンを活用しておしゃれなブラックボードを書くコツを分かりやすくお伝えします。

スポンサーリンク



ブラックボードのおしゃれな書き方の基本

 

ブラックボードに書くことをリストアップする

おしゃれなブラックボードに何を書きましょうか?

ブラックボードに書くことをリストアップしておくと

  • 書きモレがなくなります
  • 書き直しをしなくてすみます
  • 言葉と絵を吟味できます

 

リストアップすることは

お店であれば

店名(不要な場合もあります)、メニュー
商品名、期間、日付、営業時間、休日
ラストオーダー時刻、価格、単位
メーカー名、産地名
決済方法、クレジットの扱い
セルフサービスや前金制、予約制などのお店のルール
設備、個室、配達あり
お店案内の「⇒」
写真、イラスト

といったことです。

お部屋のインテリアならば

Welcome、my room、名前、花のイラスト・・・

などでしょうか。

 

さて、それらをどのようにしておしゃれなブラックボードにするか。
書き方に入っていきますね。

おしゃれなブラックボードってどういう感じ?

「カフェ風のおしゃれなブラックボードの書き方を教えて!」

わかります。

なんとなくカフェ風のおしゃれという意味。

でもね~

「かわいい寄りのおしゃれ」

「アートっぽいおしゃれ」

「アメリカンなおしゃれ」

「アイデアたっぷりなおしゃれ」

・・・・・・

「おしゃれ」っていろいろあるんですね~

それぞれ書き方のコツも微妙に違う。

だから

「おしゃれなブラックボード」ってどういうものか

あなたのイメージをはっきりさせましょう。

そういうときはパソコンを活用。

グーグル画像検索で

「黒板 おしゃれ」

「ブラックボード おしゃれ」

「カフェ風 チョークアート」

というふうにググってみる。

おしゃれなブラックボードがいっぱいでてきます。

その中であなたのピッタリくるものを選んでみましょう。

画像を保存してもいいですしプリントするのもいいですね。

それを見本におしゃれなブラックボードを作っていきます。

おしゃれなデザインのラフ案をつくろう

書くことをリストアップしました。

それらをどのような感じにするか、あなたのイメージもできました。

ここで紙にラフ案を書いていきます。

A4くらいのブラックボードならば失敗してもどうっていうことはありませんが
大きなブラックボードだと感覚がつかめませんのでラフ案を書いたほうがうまくいきます。

 

 

 

スペースのとり方のバランスや字の大きさ、イラストの配置などをラフ案で決めていきます。

細かい装飾は自分がわかればいいのでざっと書いておくだけで十分です。

ここで重要なのがタテ線・ヨコ線・軸に揃えるということ。
軸というのは必ず中心線ということではありません。
斜めでも、右から4割のところでも、2本でも、十字線でもOKです。
要はブラックボードの背骨みたいなもので中心となる線くらいに考えてください。

 

字の頭の端や末端が縦線・横線に揃っているとスッキリと感じられ全体を見ていた頂くことができます。

デザインの軸が揃っているとまとまり感が出て、力強く安定した感じになります。

ラフ案ができたらブラックボードをおしゃれに書くコツに入っていきます。

スポンサーリンク

ブラックボードのおしゃれな書き方のコツ

ブラックボードをおしゃれにする要素は3つ

ラックボードのおしゃれの要素は3つあります。

  • フォント(統一されたデザインの文字)
  • イラストや絵
  • 飾り罫や囲み罫

これらの1つか2つをおしゃれなものにするとブラックボードがグッとおしゃれになります。

フォントを使っておしゃれにする

フォントを使っておしゃれにするポイントがいくつかあります。

・おしゃれなフォントを使うこと

(おしゃれなフォントを使うとブラックボードがおしゃれになります)

・店名やキャッチコピーなどの一番大きな字とその他の一番小さな字の比率を大きくする

(同じような大きさのフォントにしない)

・フォントは多用しない(2~3種類まで)

(メインとサブだけにする)

・文字間は狭くして文字を塊にすると力強さがでます

(お も て な し⇒おもてなし!)

 

おしゃれなフォントなんて書けない、知らないという方に

ここでパソコンの活用。

おしゃれなフォントといってもなかなか難しいので書く言葉をワードに入力してフォントを色々変えてみます。

そうするとあなたの気に入ったフォントがきっと見つかると思います。

次に気に入ったフォントの文字サイズを大きくしてプリントし、それを見本として書きます。

あるいは

実際にブラックボードに書くサイズまで大きくしてプリントし切り抜いてステンシルにして書きます。

これだと誰でもできます。

イラストや絵を使っておしゃれにする

イラストや絵を使うことで、とてもおしゃれなブラックボードになります。

可愛いイラストでもいいですし、写実的なまさにチョークアートのようなブラックボードも素敵です。イラストや絵に自信のある方は是非、自分の得意を使ってオリジナルなブラックボードを書いてください。特に花のイラストは比較的簡単でどんな人にとっても好印象!おすすめです。

文字よりもイラストや絵を中心としたブラックボードというのももちろんアリ!イラストや絵を中心としたブラックボード、とても魅力的です。微妙な色使い、グラデーションもいいと思います。

 

 

ブラックボード全体ではおすすめしませんが、イラストや絵だけに多くの色を使うのは全然構いません。

ブラックボードの色は白が基本、使う色は2~3色がおすすめです。
多くの色を使うと派手にはなりますが一方でごちゃごちゃ感も出てきます。
色でおしゃれを目指すのはとてもむずかしいです。

イラストや絵に自信がないけれど、それをブラックボードに入れたいという方は

 

パソコンを活用してください。

 

ブラックボードのイメージ作りのところでやったようにイラストや絵の名前を入力してググり(画像検索し)ます。

気に入ったイラストや絵をプリントして見本にします。

 

それでも書けない人は切り抜きをしてステンシルにして書きます。
イラストや絵に自信がない方でも大丈夫です。

 

画像検索してプリントしてそのまま使うのは著作権がある場合はできませんので基本おすすめしません。だいたい、おしゃれに見えませんから、ブラックボードの魅力はやっぱり手書きです。

飾り罫や囲み罫を使っておしゃれにする

ブラックボードを書くと

慣れないうちはまとまり感がない。
変なところに空きスペースができてしまう。
なんとなくだらしなく見える。

ということがあります。

そういう時は飾り罫囲み罫を使うと

  • 全体がしまって見える
  • アクセントができてメリハリ感が
    出る
  • 間の抜けたスペースが無くなり
    まとまり感が出る

という効果があります。

 

ここまで

ブラックボードの書き方の基本とブラックボードのおしゃれな書き方のコツをお伝えしてきました。

是非、おしゃれなブラックボード、たくさん書いてみてください。
ブラックボードの良さは消してすぐ書き直せるということ。
書くほどにおしゃれになります。

スポンサーリンク

P.S.

おしゃれなブラックボードを書くのには道具も大切な要素です。
道具選びの記事を追加しておきます。

おしゃれなブラックボードには道具選びも重要

ブラックボードやマーカー、チョークはどこで買える?

ネット通販で買えますがお店ではホームセンターや文具店で買う事ができます。

ボードマーカーを一緒に買うことを考えると大きめの文具店がおすすめです。

ブラックボードの選び方

ブラックボードの選び方のポイントは

  • ブラックボードの板面の材質をどうするか
  • 対応のペンはどういうものを使うか
  • 書く面の数はどうするか
  • 設置のタイプはどうするか
  • 形状はどうするかサイズはどれくらいの大きさにするか
  • 板面の色はどういう色にするか

といったところです。

一覧表を参考にしてみてください。

筆記具の選び方

ブラックボードに書くための筆記具選びのポイントは

  • 色数
  • 太さ

です。

書き方によって太さは融通がききますので、色数を選ぶポイントとします。

イラストや絵をあまり書かないという方には

三菱鉛筆 ブラックボードポスカ

太さ:中字・丸芯:1.8~2.5mm、太字角芯:線幅8mm、極太・角芯:15mm

色数:8色、極太は6色

【メール便対象】三菱鉛筆 ブラックボード ポスカ 中字丸芯 PCE-200

価格:190円
(2019/10/12 15:28時点)
感想(2件)

レイメイ藤井 ボードマーカー

太さ:細字・丸芯:1mm、中字・丸芯:2mm、太字・平芯:8、4、2mm、極太・平芯:15、9、4mm

色数:12色

【全12色】レイメイ藤井 ボードマーカー 蛍光 中字 丸芯2mm幅(LBM252)/直液式/水性顔料インク

価格:187円
(2019/10/12 15:32時点)
感想(0件)

が使いやすいと思います。

 

イラストや絵をリアルっぽく書きたい方には色数の多い2種類があります。

レイメイ藤井 チョークパステル

太さ:削り方で太さを調整できる、

色数:24色

クレヨンやチョークのようなタッチで塗り重ねもOKです。

レイメイ チョークパステル24色

価格:1,661円
(2019/10/12 15:39時点)
感想(0件)

呉竹 ポストチョーク WET

太さ: 角芯:6mm、角芯:15mm

色数:32色

色数の多さが特徴で繊細はアート表現ができます。

呉竹 ZIG ブラックボードマーカー ポストチョーク8色セット POSTCHALK MARKER WET-WIPE 6MMTIP NEON・8V POST-500A/8VB

価格:1,636円
(2019/10/12 15:37時点)
感想(0件)

こちらも一覧表を参考にしてみてください。

スポンサーリンク