目を引くPOPの作り方のレイアウトはブロック・デザイン・パターンで簡単便利

アイコン画像:目を引くPOPの作り方のレイアウトはブロック・デザイン・パターンで簡単便利 (1)

目を引くpopの作り方のコツが分からない方という方は多いです。


目を引くPOPの作り方はレイアウトから考えて
ブロック・デザイン・パターンで書くと簡単で便利です。


ブロック・デザイン・パターンを使えば
目を引くPOPが誰でも簡単に作れます。


ブロック・デザイン・パターンは

  • 目を引くメリハリのあるレイアウトにされています
  • ブロックにコピーを入れるだけでPOPが作れます
  • ブロックに入れるコピーの作り方も簡単です

 


ブロック・デザイン・パターンでPOPを作れば

  • 目を引くPOPが簡単にできます
  • 売れるPOPのコピーが作れます
  • 誰でも簡単にすぐにPOPを作れます


このメッセージは
販促POP広告クリエイター西村が発信しています。
***********************
3秒でお客様を創り出せ!
書いて伝える力でお客様を創り出す
創客マーケティング・アドバイザー 西村まさゆき
・販売士1級
・販売士養成登録講師
・ビジネスマネージャー
***********************

■売れるPOPの作り方マニュアル

売れるPOP作りで儲かる いいお店と輝くスタッフと
お客様の笑顔を創り出すことができます。
販促POP広告クリエイターが長年の仮説・実行・検証で
つかんだノウハウのマニュアル化。
ダウンロードはこちらから
「売れるPOPの作り方マニュアル」
⇒https://note.com/urupoplabo/n/n9b51ca50b5a8

スポンサーリンク

目を引くPOPの作り方の準備

用紙

POPを作るときの用紙は

  • 厚めの上質紙70kg~90kg
  • マットコート紙90kg~135kg

がおすすめです。

画用紙は毛羽が出るのでお勧めできません。

 


サイズはA4を中心にA3、A5、A6、A7 、A3ヨコ倍で十分です。

  • A3・・大きめPOP、コーナーPOPなどに
  • A4、A5、A6・・基本の大きさ、ショーカード
  • A7・・小さめのPOP、プライスカードなど
  • A3ヨコ倍・・コーナーのタイトルボードなど

 

色は基本的に白がおすすめ、色付き用紙は淡い色がおすすめです。

 

このようにすると売り場に統一感が出て
サイズ、形の不要な刺激がなくなり集中して見てもらえます。

POP用紙の種類とサイズ

 

 

書く道具

手書きで作る場合

以下のペンがおすすめです。

三菱鉛筆 ポスカ
角芯・太字8mm
黒色、赤色

 

三菱鉛筆 ポスカ
丸芯・中字1.8mm~2.5mm
黒色、赤色、橙色、茶色、緑色など
ポスカは筆圧が高いとペン先が膨らみますが
水性顔料インクで発色の美しさはNo1です。

三菱鉛筆 プロッキーツイン
細・太1.2mm~1.8mm/6mm
黒色、赤色、黄色、橙色、茶色、緑色など
丸ペンと角ペンのツインタイプで便利です。
ペン先が丈夫でポスカよりやや細目になります。

トンボ鉛筆 プレイカラー2
極細・細0.4mm/1.2mm
これもツインタイプですので暖色を中心に色数を揃えられます。

 

これだけあれば十分。
あとは必要に応じて増やしていきます。

 

パソコンで作る場合

アプリケーションソフトはほとんどのパソコンに入っている
ワード、エクセル、パワーポイントで
ワードアートを中心に作ればいいと思います。

POPを書く道具

 

スポンサーリンク

目を引くPOPの作り方:ブロック・パターン・デザイン

目を引くPOPはなぜレイアウトから始めるのか

目を引くPOPはなぜレイアウトから始めると良いのでしょうか?

それはPOPを作る手順は

  • どこに
  • 何を
  • どのように書くか

だからです。

さらに
目を引くPOPのポイントは

  • メリハリあるレイアウト
  • 文字の大小・太い細い
  • 色の強弱、濃淡

だからです。

目を引くPOPの作り方はレイアウトから始めます。

目を引くPOPのレイアウト:ブロック・パターン・デザイン

ブロックデザインパターンとは

ブロック・デザイン・パターン


ブロック・デザイン・パターンとは

  • POPが売れる四つのポイントを
  • ブロックとしてあらかじめ目を引く位置に配置
  • ブロックのスペース取りで目を引くようにメリハリがついている
  • 各ブロックの役割に応じたPOP要素を
  • ブロック・スペースに合わせて書き込むだけで

目を引く売れるPOPができます。

ブロック・デザイン・パターンのメリット

ブロック・デザイン・パターンを使って書くメリットは

  • メリハリが効いて目を引くPOPになります
    ブロックサイズでメリハリをつけているので目を引くPOPになります。
  • 目を引いて売れるPOP4つのポイントで売れるPOPになります
    売れるPOPの4つのポイントを予めブロックで配置しておくので
    ブロックの中にPOPの要素を入れるだけで売れるPOPになります。
  • ブロックにコピーを入れるだけで早く簡単に作ることができる
    ブロックの中にPOPの要素を入れるだけでPOPがつくれます。
  • ブロック・デザイン・パターンで作り方を決めておくと
    誰でも簡単にPOPを作れます。

目を引いて売れるPOP4つのポイントとは次の表のようになります。
接客の言葉と対比してみました。

目を引いて売れるPOP4つのポイント

ブロック・デザイン・パターンで目を引くPOPの作り方

ブロック・デザイン・パターンを確認

用紙の横置き・縦置き、文字の横書き・縦書きで
ブロック・デザイン・パターンを選びます。

ブロック・デザイン・パターンの種類

例では用紙:横置き、文字:横書きの以下のタイプを選びました。

ブロック・デザイン・パターン

各ブロックのコピー、要素を考えます

目を引いて売れるPOP4つのポイントのまとめ表の例に習って
各ブロックのコピー、要素を考えます

各ブロックのコピーや要素

例で考えたものが以下のようになります。

各ブロックのコピー・要素例

各ブロックのスペースに合わせてコピーを書き込みます

各ブロックのスペースに合わせてコピーを書き込みます。

  • 「見て!」の大きなスペースのアイキャッチ
    ⇒目立つ明るいはっきりとした写真、イラスト、図形
    文字では大きくて、太くて、黒色、赤色などの強い色で濃い色にします
  • 「どう?」の大きなスペースのキャッチコピー
    ⇒大きくて、太くて、黒色、赤色などの強い色で濃い色にします
  • 「いかが?」の中くらいスペースのサブコピー
    ⇒読みやすい大きさでわかりやすい色で書き込みます。
  • 「どうぞ!」の中くらいスペースのサポートコピー
    ⇒いろいろな情報が入りますので重要順から強⇒弱にします
ブロック・デザイン・パターンにコピー・要素を配置

出来上がりの見本はこちらを参考にしてみてください。

・手書きPOP見本

手書きPOP見本:目を引くPOPの作り方のレイアウトはブロック・デザイン・パターンで簡単便利 (12)

・パソコンPOP見本

パソコンPOP見本:目を引くPOPの作り方のレイアウトはブロック・デザイン・パターンで簡単便利 (11)

■お客様を創る、売れる、儲かる!

「個人店・中小店のチラシ作成マニュアル」
チラシもPOPと同じ文字情報メディアだから
POPと同じように「コツ」があります。
マニュアルに沿ってチラシを作成すると
大型店との競合を避けながら
お客様を増やし、売上アップして儲けることができます。

ダウンロードはこちらから
「お客様を創る、売れる、儲かる!
   個人店・中小店のチラシ作成マニュアル
⇒https://urupop.com/content/

■売れるPOPの作り方マニュアル

売れるPOP作りで儲かる いいお店と輝くスタッフと
お客様の笑顔を創り出すことができます。
販促POP広告クリエイターが長年の仮説・実行・検証で
つかんだノウハウのマニュアル化。
ダウンロードはこちらから
「売れるPOPの作り方マニュアル」
⇒https://note.com/urupoplabo/n/n9b51ca50b5a8

スポンサーリンク

まとめ:
目を引くPOPの作り方のレイアウト:ブロック・デザイン・パターン


目を引くPOPの作り方の準備

POP用紙の種類とサイズ
POPを書く道具


目を引くポップはレイアウトから始める

ポップを作る手順は

  • どこに
  • 何を
  • どのように書くか

だからです。

さらに目を引くポップのポイントは

  • メリハリあるレイアウト
  • 文字の大小・太い細い 色の強弱、濃淡

だからです。

ブロックデザインパターンとは
ポップが売れる四つのポイントを
ブロックとしてあらかじめ目を引く位置に配置
ブロックのスペース取りで目を引くようにメリハリがついている
各ブロックの役割に応じたPOP要素を
ブロックスペースに合わせて書き込むだけで
目を引く売れるPOPができます。

ブロック・デザイン・パターンのメリット

  • メリハリが効いて目を引くPOPになる
  • 売れるPOP4つのポイントで売れるPOPになる
  • ブロックにコピーを入れるだけで早く簡単に作ることができる

ブロック・デザイン・パターンで目を引くポップの作り方

スポンサーリンク
  1. ブロック・デザイン・パターンを確認
  2. 各ブロックのコピーを考える
  3. 各ブロックのスペースに合わせてコピーを書き込む
スポンサーリンク