販売士1級を過去問+出題分析表で30時間合格の合格者おすすめ勉強法

販売士1級を過去問+出題分析表で30時間合格の合格者おすすめ勉強法

このメッセージでは

❏販売士1級の勉強をこれから始める方
❏販売士1級を合格したい方に向けて

「過去問出題分析表」を使って
過去問攻略30時間の学習で短期合格する方法を解説しています。

 

ワタシは販売士1級を3ヶ月間、90時間の学習で合格しました。
私には「過去問出題分析表」がありませんでした。

90時間の内の60時間は過去問の出題箇所を求めて
販売士ハンドブックを読み回りました。

 

出題箇所もそうでない箇所も、重点箇所もそうでない箇所も
何度も何度も読まないと答えの根拠が見つからなかったのです。

 

過去問出題分析表を使うと
そういうムダはなくなり30時間で合格できます。

 

出題箇所はすぐわかり
改訂で除外された過去問も探す必要はありません。
頻出箇所から問題を予測することもでき
改訂で科目移動した過去問はすぐわかります。

 

だから
「過去問出題分析表」を使えば販売士1級を
30時間の学習で短期合格できます。

 

このメッセージは
販売士1級、販売士養成登録講師、ビジネスマネージャー
POP広告クリエイター歴33年の西村が発信しています。

 

販売士1級、養成登録講師の私の経験は
 ・販売士2級を1989年に取得
 ・販売士1級を2012年に3ヶ月の学習で取得
 ・販売士養成登録講師の審査論文で最優秀賞を獲得

現在は
3秒でお客様を創り出せ!
書いて伝える力でご利益を創り出す
ご利益創りマーケティング・アドバイザーです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「過去問出題分析表」についての詳しいメッセージはこちら

「販売士1級を勉強時間30時間でネット試験合格するための過去問出題分析表」

スポンサーリンク

販売士1級を過去問攻略30時間学習で合格する方法 

チャレンジ資格

販売士1級を合格する方法は過去問攻略です。

そして
30時間の学習で短期合格するには
「過去問出題分析表」を使います。

 

過去問攻略のポイントは以下の5点です。

  • 勉強方法は過去問攻略がベスト
    過去問攻略が最適の方法です。
    そのメリットを詳しく解説します。
  • 勉強時間はやり方次第(30時間~90時間)
    ワタシは過去問攻略90時間で合格
    長期間の勉強は合格率を下げる危険もあります。
  • テキストはハンドブックが最適
    テキストは販売士ハンドブックが最適という2つの理由を後で解説します。
  • ネット試験のメリットと対策
    ネット試験への移行で合格は簡単になりましたが試験対策は必要です。
  • 勉強時間を90時間から30時間にする方法
    ワタシは過去問攻略90時間で合格
    90時間を30時間にする方法を解説します。
スポンサーリンク

販売士1級の勉強方法は過去問攻略        

勉強方法は過去問攻略

ワタシが行った過去問攻略は
過去問直近5回分を販売士ハンドブックを参照して
回答するという方法です。

 

過去問攻略には次のようなメリットがあります。

  • 過去問5回分で頻出箇所、出題予想箇所がわかり重点的に学習できます
  • 科目ごとに過去問5回分攻略で時間短縮と短時間の反復学習ができます
  • 出題の形式(択一式穴埋、記述式穴埋)が予測できます

 

出版社のテキスト(予想問題集など)は2017年発行です。
今回のハンドブック改訂、ネット試験には対応していません。

現在は過去問攻略が最適の方法です。

 

ネット試験開始から2年位後には
過去問攻略以外の方法も出てくるかもしれません。

過去問攻略以外の方法は高く付く

その他の勉強方法には以下のものがありますが
コストが高く付きます。

  • 販売士ハンドブックの全領域を学習
    今回改訂のハンドブックは
    上巻258ページ、下巻350ページと膨大です。
    時間がかかります。数ヶ月?
  • 通信講座を受講
    費用が3万円弱~5万円強かかります。
    期間は5ヶ月~12ヶ月となっています。
    費用も時間もかかります。

過去問の入手方法

販売士ハンドブックの改訂とネット試験対応に対応するため
最新の過去問が必要です。

前回の販売士ハンドブック改訂は2015年なので
あまり古い過去問は不要です。

 

過去問の入手方法はネットで行います。

販売士1級過去問DLサイト一覧
https://urupop.com/content/

ただ最新の第87回の過去問はネット上にはなく
第85回の販売・経営管理もありません。
過去問小冊子の購入は株式会社カリアックで行います。

 

株式会社カリアック
https://www.curreac.co.jp/products/list?category_id=1

 

図書館
「日経MJ」をコピーしてもらえる図書館もあります。
ちょっと手間ですが。

 

販売士1級の勉強時間はやり方次第で3分の1    

試験勉強イメージ

ワタシの勉強では90時間

ワタシは過去問攻略90時間の勉強で合格できました。

問題を解くよりハンドブックに解答根拠を探すのに時間がかかりました。

販売士1級のこれまでの試験は年1回でしたので
過去問5回分は5年です。

 

その間に販売士ハンドブックの改訂があると
項目削除や内容変更、科目間移動があります。

そうなると
過去問の出題箇所が探しても見つからない
ので時間が取られました。

また
設問は販売士ハンドブックから70%出題ということになっていますから
販売士ハンドブックに出題箇所がない設問もあります。

ワタシの実感では販売士ハンドブックから90%以上の出題ですが
これにも時間が取られました。

 

勉強時間としては90時間前後
1日1時間平均で90日間(3ヶ月)というところです。

 

200時間という人もいますが
1日1時間平均で200日(7ヶ月弱)?
1日3時間平均で65日日(2ヶ月強)?

 

そこまで販売士1級の難易度は高くありません。

 

過去問攻略で喉から手が出るほど欲しかったものが
「過去問出題分析表」です。

 

 

勉強時間を3分の1にする方法

過去問攻略の90時間を30時間に短縮するのが
「過去問出題分析表」です。

 

勉強時間を減らすメリットは大きいです。

  • 本業に支障が出ない
  • 短期合格できる
  • 合格率が高くなる

長期間勉強は合格率を下げる可能性も

ワタシは勉強時間3ヶ月でしたが復習する時間はありませんでした。
先にやったところは忘れていくんですね。
ギリギリでした。

 

中小企業診断士の試験の時は1日1~2時間しか勉強しなかったので
1年近く学習し試験の頃には始めに勉強した部分はもう忘れていました。

テキストは販売士ハンドブックが最適の理由    

本棚

テキストは販売士ハンドブックが最適という理由は以下の通りです。

  • 設問の70%が販売士ハンドブックから出題
    1級の合格は各科目において70点以上ですが
    販売士ハンドブック学習だけで十分です。

    ワタシの実感覚では販売士ハンドブックからの出題は90%以上です。

    他に何を学びますか?時事、業界紙?
    普段の学びが必要ですがキリがないです。

  • 設問の文章が似ている
    設問の文章と販売士ハンドブックの文章が似ていて解答しやすいです。
    なかには
    販売士ハンドブックの文章がそのまま設問の文章という場合もあります。

  • 2022年4月15日以降は改訂版ハンドブックから出題
    2022年4月15日以降の検定試験は
    改訂版ハンドブック(2021年11月初版発行)から出題となっています。

  • ハンドブックの改定後の出版社テキストはない
    出版社テキスは改訂対応どころか古すぎる
    出版社テキスは2017年のものが最新で改訂に対応していません。

    販売士1級は難易度が高く、合格率が低いので
    受験者が毎回1,000人強と少ないので需要がないのです。
    ネット試験(CBT試験)移行で今後も出版社から発行されにくい。

  • 改訂箇所は出題率が高い
    改訂の追補、拡充箇所は出題が予測され要注意。
    それはハンドブックが教えてくれます。

ネット試験(CBT試験)のメリットと対策     

OKサイン

ネット試験(CBT試験)への移行のメリットには次のようなものがあります。

  • ネット試験(CBT試験)は合格しやすい
  • 科目合格とリベンジ合格で短期合格しやすい

例を上げて解説していきます。

ネット試験(CBT試験)は合格しやすい

ネット試験(CBT試験)は合格しやすくなりました。

これまでの記述問題が記述式穴埋問題になった

記述式穴埋問題は20問と多いですが
下の例のような問題ではネット試験の方がずっと簡単です。

[例]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ペーパー試験では】
第87回検定試験のマーチャンダイジングの科目の第6問
「粗利貢献度分析と交差比率貢献度分析について
それぞれの意味を相違が分かるように3行程度で説明しなさい」

【解答例】
粗利益貢献度分析
商品カテゴリー別の売上構成比に粗利益を掛け合わせた積数を
百分率で示した粗利益貢献度によって分析する方法のこと。
最寄品などのように商品回転率が高く、在庫負担が比較的軽い商品を
扱う業種でよく用いる。

交差比率貢献度分析
商品カテゴリー別の売上構成比に交差比率(粗利益率✕商品回転率)を
掛け合わせた積数を百分率で示した交差比率貢献度によって分析する方法のこと。
買回品などのように商品回転率が低く、在庫負担が重い商品を
扱う業種でよく用いられる。

 

【ネット試験では】
「商品カテゴリー別販売計画の策定ポイントとして商品カテゴリー別の
採算状況を把握するために用いられる方法を2つ記述せよ」

【解答例】
[粗利益貢献度分析]
[交差比率貢献度分析]

 

計算問題も択一式穴埋問題や記述式穴埋問題になった

計算問題もありますが
解答の仕方は色々なパターンが考えられます。

[例]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人件費:100万円 売上高:1500万円 売上総利益率:20% という条件で
労働分配率=人件費÷売上総利益という計算式で考えられる設問は

  • 労働分配率を最も適当なものを選択肢から選べ
    1:10%、2:20%、3:33%、4:45%
  • 計算式の空白の項目を最も適当なものを選択肢から選べ
    労働分配率=人件費÷【    】
    1:売上総利益、2:労働生産性、3:ROI、4:人件費率
  • 条件から労働分配率(単位も含む)を入力せよ
    (小数点第1位を四捨五入)
    A:33%
  • 計算式の空白の項目を入力せよ
    【    】=人件費÷売上総利益
    A:労働分配率

という感じになります。

 

設問の文章が短くなった

穴埋問題の文章が短くなりました。

[例]・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペーパー試験で次のような問題でした。回答は択一です。

「中小企業庁による「平成27年度商店街実態調査」では、商店街が地域に期待されている役割として最も多かったものが「地域住民への身近な購買機会の提供」であった。他方、商店街における最も大きな問題は「経営者の高齢化による〔ア〕」であった。さらに、〔イ〕の問題については、「生鮮三品の店舗や惣菜店が少ない又は揃っていない」という指摘が多かった。これらのように商店街を取り巻く問題は多いが、活性化に向けて次のようにさまざまな取組みが行なわれている。
商店街が地域住民のニーズを踏まえ、ソフト事業を含めた事業を実施しようとする場合には、〔ウ〕の認定にもとづき補助金などの各種支援を受けることができる。また、地域商業の活性化のため、団結して地域商業の抱える諸問題を解決するための事業を支援する機関として、2009年には〔エ〕が設立された。さらに独立行政法人中小企業基盤整備機構が実施する〔オ〕派遣事業などがある。」

ネット試験では次のように1問1答~2答となります。回答は択一です。

「中小企業庁による『平成27年度商店街実態調査』では商店街における最も大きな問題は経営者の高齢化による〔ア〕」であった。」

 

「中小企業庁による『平成27年度商店街実態調査』では〔イ〕の問題については、「生鮮三品の店舗や惣菜店が少ない又は揃っていない」という指摘が多かった。」

 

「商店街が地域住民のニーズを踏まえ、ソフト事業を含めた事業を実施しようとする場合には、〔ウ〕の認定にもとづき補助金などの各種支援を受けることができる。」

 

「地域商業の活性化のため、団結して地域商業の抱える諸問題を解決するための事業を支援する機関として、2009年には〔エ〕が設立された。」

 

「地域商業の活性化のため、団結して地域商業の抱える諸問題を解決するための事業を支援する機関として、2009年には全国商店街支援センターが設立された。さらに独立行政法人中小企業基盤整備機構が実施する〔オ〕派遣事業などがある。」

正誤問題がなくなった

販売士1級のネット試験には2級、3級のように
正誤問題がありません。

 

正誤問題はひっかけ問題が多くミスしやすいですが
なくなったことで素直に問題に取り組めます。

 

科目合格とリベンジ合格で短期合格しやすい

ネット試験では合否判定は即時判定となりました。
(科目合格を利用した場合は2週間後判定)

 

万が一、不合格でも再受験規約や科目合格規約を活用して
短期合格は確実です。

 

ネット試験ではこれまでの年1回の試験から随時受験可能となりました。

 

ネット試験においてもこれまで通りの科目合格制度があります。
3日後(科目合格利用時は2週間後)から再受験して短期合格してしまいます。

合否判定
試験終了と同時に自動採点し、合否を判定します。
但し、「科目合格」を活用してご受験された方につきましては、
試験終了後、各証明書類を確認のうえ合否を判定します
(合否判定に2週間程度かかります)。

引用元:https://cbt-s.com/examinee/examination/jcci_retailsales

 

再受験規約
1級、2級、3級をそれぞれ個別で申込いただき、受験いただくことが可能です。
同一日に同じ級を重複で予約、また、同じ級を複数日で予約をすることはできません。
試験日の翌日から、次の予約が最短3日後以降で可能です。
(例:12月14日試験の場合、12月15日からマイページにて予約実施が可能となり、選択できる日程は12月18日以降です)
試験を欠席した場合も、上記ルールが適用されます。
何度でも再受験は可能です。

引用元:https://cbt-s.com/examinee/examination/jcci_retailsales

科目合格について
1級試験については、不合格となっても70点以上取得した科目は「科目合格」が適用されます。
なお、有効期限は、科目合格をした受験日の属する年度の翌年度末までとなります。
科目合格者の試験時間は、5科目受験者と同様に90分となります。

引用元:https://www.kentei.ne.jp/retailsales

ネット試験対策

2022年4月15日よりネット試験は改訂ハンドブックから出題

2022年4月15日(金)以降に施行される検定試験は
改訂版のハンドブック(2021年11月1日初版発行)から出題されます。

改訂版のハンドブックでの勉強が試験対策として有利になります。

その他の試験対策

ネット試験への移行により出題形式が以下のように変更になりました。

ペーパーテスト [正誤問題、選択穴埋問題  、計算問題、記述問題]

⇒ ネット試験 [穴埋記述問題  ,穴埋択一問題] 

 

  • 従来の100~200文字の記述を求める問題が無くなり
    試験は容易になりました。
    その分、穴埋記述問題の正確な入力が求められます。
  • 過去問の正誤問題、穴埋問題、計算問題、記述問題が
    ネット試験で穴埋記述式か穴埋択一式になります。
  • 重要単語、重要フレーズ、計算項目、計算式が要チェック
    回答はそれらを選ぶか記述するかです。
  • 正確に選択、記述できるように、正確な学習がポイントになります。
  • 1科目20問[10問、10問]5科目合計100問を90分で解きます。
    スピードが必要。
  • 1問は2行程度の設問があり、穴埋箇所が1箇所となっています。
    設問を正確に読み込んで素早い回答が求められます。

 

勉強時間90時間を30時間にして短期合格     

you can do it

過去問攻略が有効な勉強方法とご理解いただけたと思います。

 

過去問攻略は時間がかかります。
ワタシの場合は3ヶ月で90時間かかりました。
それも3分の2はハンドブックの出題箇所探しの時間でした。

 

過去問攻略の90時間を30時間に短縮するのが
「過去問出題分析表」です。

 

「過去問出題分析表」のご活用をおすすめする
Noteの記事を以下に引用します。

 

■過去問出題分析表で得られるベネフィット

この過去問出題分析表で得られるベネフィットは次にようになります。

  • 最新5回の過去問の出題箇所、頻度、形式から重点箇所がわかります
  • 最適な学習方法を提示しています
  • 学習時間を30時間に短縮できます
  • 最少の時間で高確率の合格ができます
  • 最適なテキストをおすすめし、それに対応しています
  • 販売士1級ネット試験の最新情報と傾向と対策を解説しています
  • 合格のための支援情報をアドバイスしています。
  • 過去問出題分析表の使い方を案内しています

 

■最新5回過去問出題分析表の構成

最新5回過去問出題分析表の構成はシートごとに以下のようになっています。

  • 科目別 最新5回の過去問分析[科目名 ハンドブック⇒過去問]
    ハンドブックの過去問出題状況、出題形式、頻出箇所、重点箇所がわかります。
  • 科目別 最新5回の過去問分析[科目名 過去問⇒ハンドブック]
    過去問をもとに出題箇所を案内しています。
    表示の目次ページから数ページ以内に出題箇所の細目、図、表、枠外用語があります。  
  • 最適な学習方法
    私の学習、受験経験から最少の時間で高確率の合格ができる最適な学習方法をアドバイスしています。
  • 合格のための学習時間
    学習時間を30時間に短縮できます。
    合格のための学習時間の根拠を解説していますので学習計画にご活用ください。
  • 最適なテキストのおすすめ
    公式ハンドブックが最適なテキストの理由を解説しています。
  • ネット試験の最新情報と傾向と対策
    合格のためのネット試験の最新の情報など支援情報をお伝えしています。
  • 過去問入手方法
    出来る限り費用がかからず有効な販売士1級の過去問の入手方法を解説しています。
    最新の5回分の過去問の入手方法です。
  • 過去問出題分析表の概要と使い方
    最適な学習方法に沿った過去問出題分析表の使い方を案内しています。

最新5回過去問出題分析表のダウンロード
最新5回過去問出題分析表はダウンロードしてご利用ください。
エクセルファイルでシートごとに構成されています。

 

有料の資料(1,000円)になりますが
過去問の出題箇所を求めて貴重な時間を費やすより
短期合格を目指していただきたいと思います。

 

今回の公式ハンドブックの改定により
これまでの頻出箇所が科目移動したり、削除されたりしました。

 

そのために、あるはずのない出題箇所を求めて
さらに、貴重な時間が失われます。

 

私の経験では学習時間の半分以上が出題箇所を探し回る時間でした。
その時間がもったいないので、この過去問出題分析表を作成しました。

 

販売士1級を受験される方は
すでにオーナーであったり、店舗の責任者であったり
チェーン本部の重要な部署におられる方であったり
国家資格の中小企業診断士であったりするでしょう。

 

そういう方々は勤務時間以外でも
仕事や更なる学びで忙しいはずです。

 

そういう方々は勤務時間以外といえども
1時間4,000~5,000円以上の時間価値のある方々です。

 

貴重な時間を無駄にせず
短期合格して早く活躍されることが
自身と会社にとって有益な方法です。

 

ただし

過去問出題分析表には一つだけデメリットがあります。
それは無駄がないということです。

 

私には過去問出題分析表がありませんでしたから
過去問の答えを求めて殆どのページを読み回りました。

 

出題箇所もそうでない箇所も、重点箇所もそうでない箇所も
何度も何度も読まないと答えの根拠が見つからなかったのです。

 

学習時間はおそらく3ヶ月で60時間~90時間と長くなりました。
そのお陰で出題箇所もそうでない箇所も、重点箇所もそうでない箇所も
頭に入ったのです。

 

過去問出題分析表を使うと、そういうムダはなくなります。

 

出題箇所はすぐわかり
改訂で除外された過去問も探す必要はありません。
頻出箇所から問題を予測することもでき
改訂で科目移動した過去問はすぐわかります。

 

ですが私のように[効率の悪い]復習時間は必要ありません。

 

ですから
過去問出題分析表を使う場合にお願いしたいことがあります。
それは
合格のためだけのハンドブック読み込みで終始してほしくないということ。

 

興味に任せた読み込みや仕事に役立つ読み込みも行っていただきたい。
過去問以外の幅広い分野の知識、スキルも身に付けていただきたいのです。

 

過去問以外分野からの出題でそういう箇所から出題があるかもしれません。

 

特に今回のマーケティング科目は重点箇所が除外されました。
これまでの過去問以外からの出題や
改訂で追加された分野からの出題が予測されます。

 

短期合格とその後のご活躍のために
ぜひ過去問出題分析表を有効に使っていただきたいと思います。

 

リテールマーケティング「販売士」1級の合格を応援しています!

引用元:販売士1級を30時間で合格するための 最新5回過去問出題分析表[全5科目]

 

過去問出題分析表はこちらの

コンテンツページのNoteリンク
https://urupop.com/content/

または
こちらのNote記事からから直接ダウンロードください。
販売士1級を30時間で合格するための 最新5回過去問出題分析表[全5科目]
https://note.com/urupoplabo/n/ne7cea0f0448d

スポンサーリンク

 

「過去問出題分析表」についての詳しいメッセージはこちら

「販売士1級を勉強時間30時間でネット試験合格するための過去問出題分析表」

スポンサーリンク

まとめ:
販売士1級を過去問攻略30時間学習で合格する方法

販売士1級を30時間の学習で短期合格する方法は
「過去問出題分析表」を使った過去問攻略です。

  • 「過去問出題分析表」を使えば勉強時間は3分の1になる
  • テキストは販売士ハンドブックが最適
  • ネット試験(CBT試験)のメリットと対策で短期合格

 

スポンサーリンク