販売士1級を勉強時間30時間でネット試験合格するための過去問出題分析表

アイコン画像販売士1級を勉強時間30時間でネット試験合格するための過去問出題分析表

このメッセージでは
❏販売士1級の勉強をこれから始める方や
❏販売士1級を合格したい方に向けて
効率的な学習で短期合格するための資料を紹介しています。

 

このメッセージで紹介する「過去問出題分析表」によって
販売士1級を30時間の学習で短期合格できます。

 

ワタシは販売士1級を3ヶ月間、90時間の学習で合格しました。

私には「過去問出題分析表」がありませんでした。

90時間の内の60時間は過去問の答えを求めて
販売士ハンドブックの出題箇所を読み回りました。

 

出題箇所もそうでない箇所も、重点箇所もそうでない箇所も
何度も何度も読まないと答えの根拠が見つからなかったのです。

 

過去問出題分析表を使うと
そういうムダはなくなり30時間で合格できます。

 

出題箇所はすぐわかり
改訂で除外された過去問も探す必要はありません。

頻出箇所から問題を予測することもでき
改訂で科目移動した過去問はすぐわかります。

 

だから
「過去問出題分析表」があれば販売士1級を
30時間の学習で短期合格できます。

 

このメッセージは
販売士1級、販売士養成登録講師、ビジネスマネージャー
POP広告クリエイター歴33年の西村が発信しています。

 

販売士1級、養成登録講師の私の経験は
 ・販売士2級を1989年に取得
 ・販売士1級を2012年に3ヶ月の学習で取得
 ・販売士養成登録講師の審査論文で最優秀賞を獲得
現在は
3秒でお客様を創り出せ!
書いて伝える力でご利益を創り出す
ご利益創りマーケティング・アドバイザーです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

販売士1級の過去問出題分析表はこちらのNote記事からダウンロードできます。

販売士1級を30時間で合格するための 最新5回過去問出題分析表[全5科目]

 

 

リテールマーケティング(販売士)検定試験は
2021年7月にネット試験(CBT試験)開始という大変化がありました。

さらに
販売士1級は11月に販売士ハンドブックの大幅改訂がありました。

2022年4月には新ハンドブックに基づく出題が始まります。

この大変化は短期合格のチャンスです。

合格率20%前後の販売士1級ですが
きちんと学習すれば合格はできます。

 

そして
ネット試験移行で回答は容易になりました。
今回ご紹介の過去問出題分析表で短期合格もできます。

 

これからの1~2年が最も合格しやすい時期だと思います。

このメッセージで紹介する
販売士1級 最新5回過去問出題分析表[全5科目]は
最新の第87回、第85回、第83回、第81回、第79回の過去問の
出題箇所を分析しています。

この過去問出題分析表によって得られるベネフィットや
過去問出題分析表の構成、ダウンロードに付いて
私のNoteの記事を引用して解説します。

過去問出題分析表で得られるベネフィット    

この過去問出題分析表で得られるベネフィットは次にようになります。

  • 最新5回の過去問の出題箇所、頻度、形式から重点箇所がわかります
  • 最適な学習方法を提示しています
  • 学習時間を30時間に短縮できます
  • 最少の時間で高確率の合格ができます
  • 最適なテキストをおすすめし、それに対応しています
  • 販売士1級ネット試験の最新情報と傾向と対策を解説しています
  • 合格のための支援情報をアドバイスしています。
  • 過去問出題分析表の使い方を案内しています

最新5回過去問出題分析表の構成        

最新5回過去問出題分析表の構成はシートごとに以下のようになっています。

  • 科目別 最新5回の過去問分析[科目名 ハンドブック⇒過去問]
    ハンドブックの過去問出題状況、出題形式、頻出箇所、重点箇所がわかります。
  • 科目別 最新5回の過去問分析[科目名 過去問⇒ハンドブック]
    過去問をもとに出題箇所を案内しています。
    表示の目次ページから数ページ以内に出題箇所の細目、図、表、枠外用語があります。
  • 最適な学習方法
    私の学習、受験経験から最少の時間で高確率の合格ができる最適な学習方法をアドバイスしています。
  • 合格のための学習時間
    学習時間を30時間に短縮できます。
    合格のための学習時間の根拠を解説していますので学習計画にご活用ください。
  • 最適なテキストのおすすめ
    公式ハンドブックが最適なテキストの理由を解説しています。
  • ネット試験の最新情報と傾向と対策
    合格のためのネット試験の最新の情報など支援情報をお伝えしています。
  • 過去問入手方法
    出来る限り費用がかからず有効な販売士1級の過去問の入手方法を解説しています。
    最新の5回分の過去問の入手方法です。
  • 過去問出題分析表の概要と使い方
    最適な学習方法に沿った過去問出題分析表の使い方を案内しています。

最新5回過去問出題分析表のダウンロード    

最新5回過去問出題分析表はダウンロードしてご利用ください。
エクセルファイルでシートごとに構成されています。

 

有料の資料(1,000円)になりますが
過去問の出題箇所を求めて貴重な時間を費やすより
短期合格を目指していただきたいと思います。

 

今回の公式ハンドブックの改定により
これまでの頻出箇所が科目移動したり
削除されたりしました。

 

そのために
あるはずのない出題箇所を求めて
さらに貴重な時間が失われます。

 

私の経験では学習時間の半分以上が
出題箇所を探し回る時間でした。

その時間がもったいないので
この過去問出題分析表を作成しました。

 

販売士1級を受験される方は
すでにオーナーであったり、店舗の責任者であったり
チェーン本部の重要な部署におられる方であったり
国家資格の中小企業診断士であったりするでしょう。

 

そういう方々は勤務時間以外でも
仕事や更なる学びで忙しいはずです。

 

そういう方々は勤務時間以外といえども
1時間4,000~5,000円以上の時間価値のある方々です。

 

貴重な時間を無駄にせず
短期合格して早く活躍されることが
自身と会社にとって有益な方法です。

 

ただし
過去問出題分析表には一つだけデメリットがあります。
それは無駄がないということです。

 

私には過去問出題分析表がありませんでしたから
過去問の答えを求めて殆どのページを読み回りました。

 

出題箇所もそうでない箇所も、重点箇所もそうでない箇所も
何度も何度も読まないと答えの根拠が見つからなかったのです。

 

学習時間はおそらく3ヶ月で60時間~90時間と長くなりました。
そのお陰で出題箇所もそうでない箇所も、重点箇所もそうでない箇所も
頭に入ったのです。

 

過去問出題分析表を使うと、そういうムダはなくなります。

 

出題箇所はすぐわかり
改訂で除外された過去問も探す必要はありません。
頻出箇所から問題を予測することもでき
改訂で科目移動した過去問はすぐわかります。

 

私のような[効率の悪い]復習時間は必要ありません。

 

ですから
過去問出題分析表を使う場合にお願いしたいことがあります。

 

それは
合格のためだけのハンドブック読み込みで
終始してほしくないということ。

 

興味に任せた読み込みや
仕事に役立つ読み込みも行っていただきたい。

 

過去問以外の幅広い分野の知識、スキルも
身に付けていただきたいのです。

 

そういう過去問以外の分野からの出題があるかもしれません。

 

特に今回のマーケティング科目は重点箇所が除外されました。
これまでの過去問以外からの出題や
改訂で追加された分野からの出題が予測されます。

 

短期合格とその後のご活躍のために
ぜひ過去問出題分析表を有効に使っていただきたいと思います。

 

リテールマーケティング「販売士」1級の合格を応援しています!

引用元:販売士1級を30時間で合格するための 最新5回過去問出題分析表[全5科目]

 

過去問出題分析表はこちらの

コンテンツページのNoteリンク

または
こちらのNote記事からから直接ダウンロードください。

販売士1級を30時間で合格するための 最新5回過去問出題分析表[全5科目]

まとめ:                      
販売士1級を勉強時間30時間でネット試験合格するための過去問出題分析表                  

リテールマーケティング(販売士)検定試験は

  • 2021年7月にネット試験(CBT試験)開始
  • 2021年11月に販売士1級販売士ハンドブックの大幅改訂
  • 2022年4月から販売士1級は新ハンドブックに基づく出題

この大変化は短期合格のチャンスです。

合格率20%前後の販売士1級ですが
きちんと学習すれば合格はできます。

そして

  • ネット試験移行で回答は容易になりました
  • 今回ご紹介の過去問出題分析表活用で短期合格もできます。

これからの1~2年が最も合格しやすい時期だと思います。

 

この機会に販売士1級を取得し
小売業、流通業、あなたのお仕事に
役立てていただくことを祈っています。