チラシデザインのコツ簡単8ステップをPOP広告クリエイターが「ながら」解説

アイコン画像:チラシデザインのコツ簡単8ステップをPOP広告クリエイターが「ながら」解説

このメッセージでは
チラシデザインのコツの8ステップ
紹介しています。

 

解説をいくら読んでも
自分でチラシをデザインするのは難しいと
感じている方に向けてのメッセージです。

 

メッセージを確認していただくと
チラシデザイン、簡単にできます!

 

なぜなら
POP広告クリエイターがあたかも
チラシをデザイン「しながら」解説している
メッセージだからです。

このメッセージはPOP広告クリエイター33年の西村が発信しています。
***********************
3秒でお客様を創り出せ!
書いて伝える力でご利益を創り出す
ご利益創りマーケティング・アドバイザー西村まさゆき
・販売士一級
・販売士養成登録講師
・ビジネスマネージャー
***********************

■POPの基礎から学びたい方にはこの講座。
POP広告クリエイター西村のおすすめ!
ペンもトレーニングペーパーも揃えてくれて、すぐ始められます。
3ヶ月でPOPもブラックボードも書くことができ
さらに販促の考え方も学べます。


ユーキャンの手書きPOP通信講座

■販促の考え方、ヒントはこの本がおすすめ!
著者は日本の繁盛店14店に選ばれたお店の創業者。
木越さんは商売繁盛応援団として年間200回も
全国に講演をしているセミナー講師。
ワタシもお店を3回見学し本の通りに商売繁盛のヒントがいっぱいと実感!

■お客様を創る、売れる、儲かる!
「個人店・中小店のチラシ作成マニュアル」
チラシもPOPと同じ文字情報メディアだから
POPと同じように「コツ」があります。
マニュアルに沿ってチラシを作成すると
大型店との競合を避けながら、お客様を増やし
売上アップして儲けることができます。

ダウンロードはこちらから
「お客様を創る、売れる、儲かる! 
個人店・中小店のチラシ作成マニュアル」

⇒https://note.com/urupoplabo/n/n5963efab72c3

■売れるPOPの作り方マニュアル
売れるPOP作りで儲かる いいお店と輝くスタッフと
お客様の笑顔を創り出すことができます。
販促POP広告クリエイターが30年のPDCAで
つかんだノウハウのマニュアル化。
ダウンロードはこちらから
「売れるPOPの作り方マニュアル」
https://note.com/urupoplabo/n/n9b51ca50b5a8

 

 

目次

スポンサーリンク

■チラシデザインのコツの8ステップ      

チラシデザインは決して難しくありません。

 

デザインのプロだってコツに従って
デザインしているだけですから。

 

でも
コツを解説してもらっても
なかなか思うようにできませんよね。

 

だったら
一緒にデザインしてみれば
いいんですよ。

 

それだったら
誰でもチラシデザインできちゃいます。

 

それでは
チラシデザインのコツ8ステップに沿って
一緒に作ってみましょう。

 

そして
どうしてそうするのか[コツ]を
解説していきます。

 

さらに
例題をデザインするワタシがコツについて
具体的にどう考えたかも解説します。

 

ではチラシデザインに入る前に
一応、チラシデザインのコツのリストを出しておきます。

 

軽く記憶に置いておくだけで十分です。

 

チラシデザインが進んで行く途中で
今どこのステップかがわかればいいという感じですから。

 

チラシデザインのコツ8ステップ

  1. チラシ基本の3Wの確認
  2. チラシのシナリオ作り
  3. シナリオ順に進めるチラシのレイアウト
  4. 順に隅々まで読んでもらうアイキャッチと視線誘導
  5. 効果的な画像の選び方と配置
  6. インパクトを高めるメリハリ、ジャンプ率
  7. フォント選びでイメージ合わせ
  8. 配色でイメージづくり

では実際にチラシデザインの例題に入っていきます。

 

チラシをデザインするワタシは
「住宅街の和食の食事処」
という設定です。

和食店の外観

スポンサーリンク

STEP1】チラシ基本の3Wの確認        

チラシデザインはいきなりデザインしません。

準備をします。

 

準備をしないとチラシデザインはいいものにはなりません。

  • 売りたいのに
    チラシを出しても売れなかった。
  • お客様に来てほしいのに
    チラシを出してもお客様が来ない。
  • イベントでたくさん来てほしいのに
    チラシを出しても参加者が少ない。

ということになります。

 

チラシデザインの準備として
基本の3Wの確認をします。

 

基本の3Wの確認とは
「誰に、何を伝えて、どうなってほしいか」
ということです。

 

基本の3Wの確認のためにワタシは
チラシ作成PLAN SHEET
というものを使います。

チラシデザインPLANSHEET

大事なのは何だったっけ?と
覚えるのが苦手なワタシは
これさえ書けばモレなし
ということにしています。

プロの人も頭の中で全部やっているわけではありません。
ちゃんと必要なことは書き出しています。

 

チラシ作成PLAN SHEETのダウンロードはこちらから
https://urupop.com/content/

 

チラシ作成PLAN SHEETに
「誰に、何を伝えて、どうなってほしいか」
を書き込んでいきます。

 

書き込むポイントは以下の通り。

❏WHO:対象者(対象客)の確認            

厳密でなくていいですが
対象者の確認は以下のポイントで行うと
モレがなくなりデザインしやすいです。

  • どこに住んでいて
  • 社会的な階層やライフスタイル
  • 行動の特徴
  • 年齢や性別、世帯の状況
  • 所得や職業、学歴、国籍、宗教など

 

ワタシのチラシ作成PLAN SHEETは
次のように(赤字の部分)書き込みました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (22)

次はWHAT:対象(伝えたいこと)の確認です。

 

❏WHAT:対象(伝えたいこと)の確認         

対象(伝えたいこと)の確認の書き出しは次のようなことです。

  • 利得情報:どういうベネフィットがあるか
  • 基本情報:店舗情報、商品情報など

 

ワタシのチラシ作成PLAN SHEETは
対象(伝えたいこと)を次のように書き込みました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (3)

次はWHY:目的の確認です。

❏WHY:目的の確認                  

  • 来店して味わってほしい
  • 予約して安心してほしい
  • 注文して便利に使ってほしい
  • 参加して楽しんでほしいなど

 

いまさらと思わないでくださいね。
デザインに夢中になると
以下のような肝心なこと忘れちゃうんですよ。

  • 来店なら住所や地図
  • 予約なら電話番号やメールアドレスやQRコード
  • 注文なら受付時間や方法、注文先
  • 参加なら日時はもちろん申し込みの必要の有無など

抜けてはいけないんです。

WHY:目的の確認は例があるから
チラシ作成PLAN SHEETに簡単に記入できます。

 

ワタシのチラシ作成PLAN SHEETは
次のように書き込みました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (4)

STEP2】チラシのシナリオ作り         

目的を達成するためのシナリオとは

  1. 対象者(お客様)に
  2. チラシに注目してもらい、関心を持ってもらい
  3. ~したいと欲求してもらい
  4. 行動に移してもらう

ことです。

 

チラシのシナリオ作りとは

  • シナリオに合った構成要素を作り
  • シナリオの各役割にどの構成要素を配置していくか

を決めることです。

 

シナリオの役割に対応する基本の構成要素は下表のようになります。

シナリオ
の役割
注目⇒⇒⇒ ⇒⇒関心⇒⇒ ⇒⇒欲求⇒⇒ ⇒⇒⇒行動
チラシの
構成要素
集視情報
注目させる写真、イラスト、文字などのアイキャッチ
魅了情報
キャッチコピー、サブコピーなど
欲求喚起情報
キャッチコピー、サブコピー、リードコピー、ボディコピーなど、クーポン情報
基本情報
店舗、商品、イベントなどの情報

 

 

 

 

 

 

 

❏シナリオに合った構成要素作り            

ここでは
対象(伝えたいこと)の確認のところで出た

  • 利得情報:どういうベネフィットがあるかと
  • 基本情報:店舗情報、商品情報などを

深掘りして構成要素を作っていきます。

 

基本情報をモレなく記入する

まず簡単な基本情報(店舗情報、商品情報など)は
WHY:目的の確認にあったようにモレのないように
記入していきます。

  • 目的が来店なら住所や地図
  • 目的が予約なら電話番号やメールアドレスやQRコード
  • 目的が注文なら受付時間や方法、注文先
  • 目的が参加なら日時はもちろん申し込みの必要の有無など

ですね。

 

ワタシのチラシ作成PLAN SHEETは
基本情報を次のように書き込みました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (5)

 

利得情報から集視情報、魅了情報、欲求喚起情報を作る

利得情報はお客様にとって価値あること
商品のウリ、来店して良かったと思うことなどです。

 

利得情報はチラシ作成PLAN SHEETの
「利得の書き出しとグルーピング」の欄に
出来る限りたくさん書き出していきます。

 

ワタシのチラシ作成PLAN SHEETは
利得情報を次のように書き込みました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (6)

 

利得情報を書き出したら
同じようなものは記号を使ってグルーピングしていきます。

 

ワタシのチラシ作成PLAN SHEETは
利得情報を次のようにグルーピングしました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (7)

 

その中から

  • 最もお客様の注目を集める情報を集視情報とします
    注目させる写真、イラスト、文字などのアイキャッチを作ります。
  • 最もお客様の関心を集める情報を魅了情報とします
    キャッチコピー、サブコピーなどを作ります。
  • 最もお客様の~したい気持ちになる情報を欲求喚起情報とします
    キャッチコピー、サブコピー、リードコピー、ボディコピー、
    クーポン情報などを作ります。

 

ワタシのチラシ作成PLAN SHEETは
集視情報、魅了情報、欲求喚起情報の構成要素を
次のようにしました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (8)

 

※構成要素の作り方はこちらのメッセージが参考になります。

「個人中小店のチラシ作成の4つのコツでお客様を創る、売れる、儲かる!」
https://urupop.com/2022/06/23/chirasi-sakusei-kotu/#i-11

 

STEP3】シナリオ順に進めるチラシのレイアウト 

チラシのレイアウトを決めていきます。
これもチラシ作成PLAN SHEETに従って決めていくと
簡単ですよ。

 

●まずチラシのサイズはどうしますか?
チラシのサイズにはAサイズのA3、A4、A5
BサイズのB3、B4、B5などがあります。

 

一般的に流通量が多いのは「B4」サイズです。

 

B4サイズは新聞折り込みにぴったりサイズ
印刷料金も安く、初めてのチラシはB4がおすすめです。

 

ただし一般的なために
他のチラシに埋もれがちとも言えます。

 

●チラシの用紙の厚みはどれくらいにしますか?
もっとも良く使われるのは90kg
折り込みチラシの場合は薄手の55kg
ポスティングや手配りチラシは90kgから110kgの紙が
よく使われます。

 

●チラシは両面印刷ですか?片面印刷ですか?
無理に両面にする必要はなく、伝えたい情報が入れば片面で十分です。
両面印刷と片面印刷では印刷費が大きく変わってきます。

 

●配布枚数、配布方法はどのようにして費用は幾らにしますか?

ワタシのチラシ作成PLAN SHEETでは
サイズA4、厚みは90kg、片面印刷
配布枚数は3000枚、新聞折込で配布します。
費用は単価12円で36,000円としました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (9)

 

❏見やすく分かりやすくする階層化とブロック化     

チラシを見やすく読みやすく分かりやすくするレイアウトは
階層化とブロック化を行います。

 

情報を
チラシ全体⇒シナリオ情報⇒構成要素情報
階層化を行うとシナリオ通りにレイアウトすることができます。

 

同質な情報をまとめるブロック化をすると
まとめて伝えたり、比較したりしやすくなります。

 

❏チラシのシナリオとレイアウト3分割法         

チラシのシナリオを表現するレイアウトは
階層化とブロック化の三分割法で考えます。

チラシデザインのコツ解説資料 (2)c

シナリオの役割パート 注目・関心パート 欲求パート 行動パート
チラシの構成要素 集視情報
注目させる写真、イラスト、文字などのアイキャッチ
魅了情報
キャッチコピー、サブコピーなど
欲求喚起情報
キャッチコピー、サブコピー、リードコピー、ボディコピーなど、クーポン情報

基本情報
店舗、商品、イベントなどの情報

 

基本的なパターン例は次のようになります。

チラシデザインのコツ解説資料 (5)c

これでレイアウトの骨組みは決まりました。

 

ワタシは用紙タテ、文字は横書きとしました。

ラフレイアウトは次のようになりました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (12)c

 

STEP4】順に隅々まで読んでもらうアイキャッチと視線誘導

チラシを効果的にするのは
まずアイキャッチでお客様の注目を集め
シナリオの順通りに視線誘導を行なって
チラシを隅々まで読んでいただくことです。

 

順に隅々まで読んでもらうための
アイキャッチの配置と視線誘導の関係は
次のようになります。

  • 横書きチラシの左上アイキャッチとZ型視線誘導
  • 縦書きチラシの右上アイキャッチとN型視線誘導

ワタシのラフレイアウトでは
左上にアイキャッチとなるメイン画像を配置し
2段のZ型で視線誘導を行うようにしようと思います。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (13)c

 

STEP5】効果的な画像の選び方と配置                  

効果的な画像の選び方は

  • チラシの画像には解像度300~350dpiが必要です
  • 一目で伝えたいこと(内容、効果)が分かる画像にする
  • 同じ撮影者、作者の画像から選びトーンや世界観を統一させる
  • 画像の色合いは全体の配色とバランスがとれたものにする
  • 文字の重なる画像は文字の配置に合わせた構図の画像を使う
  • 画像を複数枚使う場合は配置の階層化とブロック化を考える

 

ワタシのラフレイアウトでは
メイン画像の鰹のイラストはアイキャッチにして
サブの料理画像は商品説明用に使おうと思います。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (14)c

 

STEP6】インパクトを高めるメリハリ、ジャンプ率 

インパクトを高める効果は

  • 注目させる
    沢山のチラシの中から選んでもらうために
    チラシの注目率を上げます。
  • 視認しやすくする
    チラシのある箇所を
    見てもらい易く、読んでもらい易くします。
  • 強調する
    チラシのある箇所を力強く訴求力を高めます。
  • 優先順位をつける
    コンテンツの重要順や
    文章の読む順の優先順位を
    つけることができます。

 

インパクトを高める方法には
メリハリとジャンプ率があります。

❏メリハリ                      

メリハリ(強弱)をつけることで注目度を上げます。
強弱を付けるのには
・大きい・小さい
・太い・細い
・色が明るい・暗い
・色が鮮やか・くすんだ
・色が同色・補色
・濃い・薄い
で付けます。

チラシデザインのコツ解説資料 (6)

❏ジャンプ率                     

文字(フォント)の大きい・小さい、太い・細いの倍率を
ジャンプ率といいます。

 

ジャンプ率を高めると強調されてインパクトがでます。
注目を集めることができ、読む順を暗示できます。

 

下の例の文章は同じものでもジャンプ率の変化で
伝える内容が全く異なってきます。

スライド5

ワタシのラフレイアウトでは
以下のようにインパクトを高めてみました。

 

画像とジャンプ率を高めたキャッチコピーでアイキャッチし
Z型で視線誘導されるように
インパクトのあるサブコピー、画像を途中に配置
最後に基本情報に行くようにしました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (15)

 

STEP7】フォント選びでイメージ合わせ     

フォントによってもチラシの
イメージ、インパクト、シナリオは変わってきます。

 

フォント選びのポイントは

  • 対象者(お客様)、対象(店舗、商品、サービス)に合わせて選びます
  • レイアウト、画像、配色とイメージを合わせます
  • 3種類程度にするとまとまりやすくなります

 

フォントには大きく分けて以下の2つがあります。

 

❏ゴシック体系                    

【特徴】
ゴシック体は遠目でも見やすいフォントです。
強調したい見出しや目立たせる文に向きます。

【イメージ】
力強さ、インパクトが強い、男性的、論理的、安定感、カジュアル

【使用箇所】
キャッチコピー、サブコピー、見出し、店名、商品名

 

❏明朝体系                      

【特徴】
明朝体は読みやすいフォントです。
文章量の多いボディコピーの長文に向きます。

【イメージ】
繊細さ、上品さ、優雅さ、女性的、高級感、和風、伝統

【使用箇所】
見出し、ボディコピー
お店、商品、サービスの雰囲気、チラシの内容に
フォントの特徴やイメージを合わせて使います。

 

パソコンでチラシを作成する場合フォント、スタイルで
インパクトやイメージを変えることができます。

  • 同じフォントでもP文字を選ぶと字間がつまり力強さがでます
  • スタイルを太字[B](ボールド)や斜体にすると目立つちます
  • 飾り文字効果でインパクトを高めることができます
  • 特殊なフォントでイメージを膨らませたり、
    アイキャッチ効果、メリハリ効果をもたせたりできます
  • 一部を手書きにすると注目度を高めることができます

 

ただし
フォントの種類や装飾が多くなると
ゴチャゴチャした感じになります。

3種類程度にするとまとまりやすくなります。

 

ワタシのラフレイアウトでは

  • インパクトのあるゴシック体を
    キャッチコピー、サブコピー、リードコピーにしました
  • 「初鰹」、店名の文字だけは勘亭流を使って目立たせました
  • 各献立の見出しボディコピー「食事処」は和風のイメージで明朝体にしました

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (16)

 

❏フォントサイズ                   

各コピーのフォントサイズは
ボディコピーを基準にして
各コピーのバランスを下表のように取ります。

種類

キャッチコピー サブコピー リードコピー 見出し ボディコピー 基本情報
フォントサイズの倍率 ✕4~10  ✕3 ✕2 ✕1.5

新聞の本文=11Pt

ワードの
初期設定
10.5Pt

✕0.5~3

※キャッチコピーなどジャンプ率を高めてインパクトを強めるには
 倍率を大きくします

※対象者(お客様)若年者向けよりご年配者向けでは倍率を✕1.1~1.2とします

 

ワタシのラフレイアウトでは
メニュー紹介のボディコピーは11pt
キャッチコピーは✕3
「初鰹」の文字は✕7と
しようと思います。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (16)

 

STEP8】配色でイメージづくり         

色使いのポイントは以下の通り。

  • 配色の黄金比でチラシイメージを決めます
    ・ベースカラー:70%   ⇒背景や余白でチラシの統一感をだす
    ・メインカラー:25%   ⇒チラシのイメージを決める
    ・アクセントカラー:5%  ⇒チラシを引き締め、目立たせる
    スライド7
  • 色数は3色までが基本
    色数が少ないと統一感が出て、多いと賑やかさがでます。
    3色くらいがまとめやすくなります。
  • 強い色は強調するところを絞り込んで使います
    赤色、黄色、黄色などの強い色で強調します。
    多用するとケバケバしくなります。
  • 色の3要素でイメージを作る
    色の3要素[色相、明度、彩度]でイメージを作ります
    【色相】
    同色系を使うと落ち着いた感じになり
    補色関係の色を使うとインパクトがでます。
    【明度】
    明度が低いほど黒っぽく、高いほど白く明るい色になります。
    同一色でも明度差を付けるとインパクトがでます。
    違う色でも明度が近いと落ち着いた感じになります。
    【彩度】
    同じ色でも、彩度が高い色ほど鮮やかに見え
    低い色ほどグレーに近くなります。
    彩度がゼロの場合、色味がないので
    無彩色(黒や白、グレー)になります。
    彩度差が大きいと目立ち
    小さいと落ち着いた感じになります。
    明度彩度
    引用元:http://zokeifile.musabi.ac.jp/%e5%bd%a9%e5%ba%a6/

  • 色の持つイメージを効果的に使います
    色にはそれぞれイメージがあります。
    各色のイメージを参考にしてください。
    【各色のイメージ】
    赤:元気、情熱、力強さ、行動的、めでたい、怒り、衝動的、停止、刺激、生命力
    色の中で最も目を引く力のある色。
    価格やセール表示などによく使います。
    橙:活発、暖かい、温もり、にぎやかさ、親しみ、ポジティブ、家庭的、健康
    ポジティブで印象の強い色。
    暖かい温もりというイメージで食品関係によく合います。
    黄:好奇心、光、活動的、軽快、エネルギー、希望、明るさ、注意、緊張
    雰囲気を明るくする色。
    暗い色の中で目立つので警告や注意に使います。
    緑:穏やかさ、調和、自然、平和、安全、新鮮、さわやかさ、やすらぎ、ヘルシー
    植物、野菜など自然を象徴する色。
    食品スーパーのチラシによく使われ、環境の良さもアピールできます。
    青:平和、安全、冷静、静寂、誠実、清潔、クリア、若さ、さわやか、涼しさ、開放感
    平和、安全、冷静というポジティブ面と冷たい、冷めたというネガティブ面がある色。
    知性的なものや海や水関係に使います。
    紫:優雅、上品、神秘、古典的、伝統、知性、気品、幻想的、エキゾチック
    精神性や神秘さ気品を感じさせる色。
    精神に関係することや女性ではエレガントさを表す場合に使います。
    茶:温もり、安定、素朴、落ち着き、質素、堅実、静けさ、伝統
    大地のイメージから安定、堅実を表す色。
    生活の中で広く見られる色で使われる場は多いです。
    白:清楚、清潔、潔さ、純粋、神聖、無垢、シンプル
    明るく光を反射する色。
    クリーンなイメージから幅広く使われ、どの色とも合います。
    黒:暗闇、死、恐怖、悪、沈黙、高級感、男性的、重厚、厳粛、高級感
    光を反射せず吸収する色。
    明るい色や字鮮やかな色の背景に使うと色を引き立てます。
  • 色の組み合わせでイメージを作る
    色の組み合わせでイメージを作ることができます。
    以下の例を参考にしてみてください。

    ❏対象者に合わせる
    対象者に合わせて
    女性・男性、若年・年配という軸で
    配色を考えてみましょう。
    チラシデザインのコツ解説資料 (11)
    ❏対象に合わせる
    店舗や商品のイメージに合わせて
    重い・軽い、冷たい・温かいという軸で
    配色を考えてみましょう。
    チラシデザインのコツ解説資料 (12)
    ❏季節に合わせる
    季節に合わせた春夏秋冬で
    配色を考えてみましょう。

 

ワタシのラフレイアウトでは
季節に合わせて
ベースカラーを白に
商品に合わせて
メインカラーをブルーと緑に
チラシを引き締めるために
アクセントカラーをオレンジに
しようと思います。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (100)

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (17)

以上で
チラシ作成PLAN SHEET、ラフレイアウト図ができましたので
チラシの作成を行います。

 

チラシ作成になると
チラシ作成PLAN SHEETやラフレイアウト図通りに
ならない場合もでてきますが
多少の変更や修正は構いません。

 

ワタシのチラシ最終原稿は下のようになりました。

チラシデザインのコツ解説PLANSHEET (18)

■POPの基礎から学びたい方にはこの講座。
POP広告クリエイター西村のおすすめ!
ペンもトレーニングペーパーも揃えてくれて、すぐ始められます。
3ヶ月でPOPもブラックボードも書くことができ
さらに販促の考え方も学べます。


ユーキャンの手書きPOP通信講座

■販促の考え方、ヒントはこの本がおすすめ!
著者は日本の繁盛店14店に選ばれたお店の創業者。
木越さんは商売繁盛応援団として年間200回も
全国に講演をしているセミナー講師。
ワタシもお店を3回見学し本の通りに商売繁盛のヒントがいっぱいと実感!

■お客様を創る、売れる、儲かる!
「個人店・中小店のチラシ作成マニュアル」
チラシもPOPと同じ文字情報メディアだから
POPと同じように「コツ」があります。
マニュアルに沿ってチラシを作成すると
大型店との競合を避けながら、お客様を増やし
売上アップして儲けることができます。

ダウンロードはこちらから
「お客様を創る、売れる、儲かる! 
個人店・中小店のチラシ作成マニュアル」

⇒https://note.com/urupoplabo/n/n5963efab72c3

スポンサーリンク

■売れるPOPの作り方マニュアル
売れるPOP作りで儲かる いいお店と輝くスタッフと
お客様の笑顔を創り出すことができます。
販促POP広告クリエイターが30年のPDCAで
つかんだノウハウのマニュアル化。
ダウンロードはこちらから
「売れるPOPの作り方マニュアル」
https://note.com/urupoplabo/n/n9b51ca50b5a8

 

スポンサーリンク

■まとめ:チラシデザインのコツの8ステップ        

  1. チラシ基本の3Wの確認
    「誰に、何を伝えて、どうなってほしいか」
  2. チラシのシナリオ作り
    目的を達成するためのシナリオとは
    ・対象者(お客様)に
    ・チラシに注目してもらい、関心を持ってもらい
    ・~したいと欲求してもらい
    ・行動に移してもらう ことです。
    チラシのシナリオ作りとは
    ・シナリオに合った構成要素を作り
    ・シナリオの各役割にどの構成要素を配置していくか
    を決めることです。
  3. シナリオ順に進めるチラシのレイアウト
    チラシ作成PLAN SHEETの活用
    見やすく分かりやすくする階層化とブロック化
    チラシのシナリオとレイアウト3分割法
  4. ❏順に隅々まで読んでもらうアイキャッチと視線誘導
    チラシを効果的にするのは
    まずアイキャッチでお客様の注目を集め
    シナリオの順通りに視線誘導を行なって
    チラシを隅々まで読んでいただくことです。
  5. 効果的な画像の選び方と配置
    ・チラシの画像には解像度300~350dpiが必要です
    ・一目で伝えたいこと(内容、効果)が分かる画像にする
    ・同じ撮影者、作者の画像から選びトーンや世界観を統一させる
    ・画像の色合いは全体の配色とバランスがとれたものにする
    ・文字の重なる画像は文字の配置に合わせた構図の画像を使う
    ・画像を複数枚使う場合は配置の階層化とブロック化を考える
  6. インパクトを高めるメリハリ、ジャンプ率
    インパクトを高める効果は
    ・注目させる
     沢山のチラシの中から選んでもらうために
     チラシの注目率を上げます。
    ・視認しやすくする
    ・強調する
    ・優先順位をつける
  7. フォント選びでイメージ合わせ・
    ・対象者(お客様)、対象(店舗、商品、サービス)に合わせて選びます
    ・レイアウト、画像、配色とイメージを合わせます
    ・3種類程度にするとまとまりやすくなります
  8. 配色でイメージづくり
    色使いのポイントは
    ・配色の黄金比でチラシイメージを決めるます
    ・色数は3色までが基本
    ・強い色は強調するところを絞り込んで使います
    ・色の3要素[色相、明度、彩度]でイメージを作ります
    ・色の持つイメージを効果的に使います
スポンサーリンク