読んでやってみて納得!販促コンサル推薦の個人商店売上UPに必読のビジネス書

売上アップに役立つビジネス書をお探しの個人商店の方に
販促コンサルが自身の体験からおすすめする書籍を紹介します。

 

4年間で売上を2.43倍に!
価値を創り、書いて伝える力でお客様を創り出す
創客マーケティングの西村です。

 

40年以上の小売業経験の中で壁にぶち当たる度に
ビジネス書に学び、実際に現場でやってみて
売上アップに役立ったと思うビジネス書があります。

 

販促のコンサルティングをしている今も
個人商店主におすすめしているビジネス書です。

 

  • 本の中のたった1枚の写真がそれからの販促のやり方を一変させたもの
  • 販促コンサルティングの基本になっているもの
  • 読後に思考の仕方がその通りになったもの・・・など

統一感はありませんが経営改善、売上アップに必ず役立つビジネス書です。
絶版書もありますが中古で手に入るかもしれません。

業績アップでお悩みなら是非一読をおすすめします。

 

スポンサーリンク

臆病者の経営学 

臆病者の経営学 
小さな会社を繁盛させるヒント
著者:木越和夫
発行:株式会社 PHP 研究所

おすすめポイント
著者は商業界の日本の14の繁盛店に選ばれた箸店の創業者です。
売るための知恵、独自の経営哲学を惜しげもなく公開しています。
著者のセミナーを3回聞き、福井県の小浜の著者の店舗を2度見学しています。
中小個人商店の経営改善、業績向上に必ず役立つ1冊と思います。
ビジネス書を多読した経験から本書は経営と販売促進の2冊分の価値があると断言します。

おすすめの詳細はこちら

ビジネス本のおすすめ!商売繁盛に読むべき本「臆病者の経営学」

スポンサーリンク

売上倍増パターンで書く3分間POP

売上倍増パターンで書く3分間POP
著者:石川香代、石川伊津
発行:廣済堂あかつき株式会社

 

おすすめポイント
この本でPOPの書き方が簡単になり、売れるようになりました。
POPを書く方には必読の書と言えます。
この本を読んでから筆ペンPOPを始めるようになり売れるようになりました。
売れるPOPは書き方ではなく価値づくりとその表現の仕方だと気づくことができます。
この本はPOPについての本と思われがちですが販売促進の必須次項を学ぶことができます。
お客様にとっての価値、利得、ベネフィットが分かりやすく解説されています。

 

2軸思考

複雑な問題が一瞬でシンプルになる
2軸思考
著者:木部智之
発行:株式会社 KADOKAWA

おすすめポイント
外資系IT企業という著者の経験から出た高度なマネジメントの思考法です。
難しいマネジメントが2軸でコントロールできることに驚きを覚えます。
コンサルティングなどで用いる世のフレームワークがすべて2軸思考だとわかりました。
この本がきっかけで2軸フレームワークという考え方が私の思考パターンとなりました。
キャッチコピーの「複雑な問題が一瞬でシンプルになる」まさにその通りになります。

 

ハローデイの実践

感謝・感動・感涙経営
北九州の地域密着スーパーマーケット
ハローデイの実践
著者:鎌田真司
発行:株式会社 商業界

 


感謝・感動・感涙経営 北九州の地域密着ス-パ-マ-ケット「ハロ-デイ」の 商業界 鎌田真司 / 【中古】afb

おすすめポイント
ビジネス書はよく読みましたが読んで涙の出るビジネス書は初めてです。
13年食品スーパーに携わって、いま食品スーパーという業態は難しい業態だと思います。
コンビニ、ドラッグストアという他業態から市場を侵食されています。
価格の変動だけで需要を喚起することには限界が来ています。
安くするから低コスト体質にせざるを得ないようになっています。
お客様に喜んでいただきたいことや基本的なマナーさえコストとして削減しています。
食品スーパーのありたい姿の一端をハローデイに見ます。
「日本一働きたいスーパーマーケットを目指す取り組みは幸せになりたいから」
感銘を受ける言葉が沢山あります。

 

スポンサーリンク

藤村流感動で売れ!体験で売れ!

藤村流感動で売れ!体験で売れ!
「買う理由」を伝えれば必ず売れる!
著者:藤村正宏
発行:株式会社インデックス・コミュニケーションズ

おすすめポイント
藤村正宏さんの提唱するエクスペリエンス・マーケティングにはとても共感します。
藤村正宏さんの著書はたくさん出ていますが、ほとんど読みました。
その中で最も影響を受けたのが本書です。
口下手の薬店店長がPOPで数字を伸ばしている事例の写真が出ていました。
目薬のPOPの横に店長が使った目薬の空容器が10個置いてあります。
それくらい気に入っていてよく使っているという証です。
POPへの信頼感がグ~ンとアップします。売れるはずです!
同じく口下手な私も書くのは得意だったPOPで売上を伸ばせると確信した事例でした。
サブタイトルの『「買う理由」を伝えれば必ず売れる!』はこうすればいいのだと実感した本です

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク