現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:店長確認事項

私がすごいと思う会社では、ほぼ毎朝トップから
「店長確認事項」という手書きのFAXが各店舗に流れて
きていました。

指示、問合せ、連絡事項、内容はさまざまでした。

アルバイトさん以外の全従業員は一日の行動予定(Daily Plan)を前日に組んでありますが
「店長確認事項」の内容によって変更することも多かったものでした。

 

原則として店長が受けますが、休みの場合は次長や主任が受けていました。
すごい仕組みだと思っています。

 

社内におけるコミュニケーションには3種類あると考えます。

  • トップから従業員へのトップダウン・コミュニケーション
  • 従業員からトップ、上司へのボトムアップ・コミュニケーション
  • 従業員同士の水平コミュニケーション

です。

「店長確認事項」はトップから従業員へのトップダウン・コミュニケーションです。
「業務日誌」は従業員からトップ、上司へのボトムアップ・コミュニケーションです。

スポンサーリンク

活用目的

  • 「店長確認事項」は信頼を前提とした経営システムです。
  • 「店長確認事項」は経営理念の実践です。
  • 「店長確認事項」はミニ経営者としての店長による店舗運営が目的です。
スポンサーリンク

期待効果

  • 従業員を一個の対等な人として尊重する経営
    「店長指示事項」ではなく「店長確認事項」とするところは人間の心理を良くとらえています。
    人はそうすべきとわかっていても、それを上司からであっても指示されるのは好みません。

    「そうせよ」という指示ではなく、「そうすることが分かっていますよね」という
    確認は従業員への信頼を前提としています。
    「分かっていただいていますよね」という期待感を伝えることにもなります。

    信頼感や期待感は店長や従業員を一個の対等な人として尊重するものです。
    店長や従業員を一個の対等な人としての自主性を重んじています。

    「店長確認事項」はトップの従業員に対する
    信頼感や期待感、経営理念のもとの全員の連帯感を前提としています。

  • 店長、従業員の自主性を育てる
    自主性が不足するようであれば育つことを前提としています。
    従業員の自主性というのはトップと対等の人として従業員は自身の役割や時間を自身でコントロールするということです。
    コントロールするのは何のためかというと全員が目指す経営理念の実現のためです。

  • コミュニケーション・ループを作る
    3つのコミュニケーションによるコミュニケーション・ループの
    前提としてのトップの唯一の指示ルートです。

    3つのコミュニケーションからなるコミュニケーション・ループとは
    「店長確認事項」でトップダウン・コミュニケーションを行い
    そのフィードバックとしての「業務日誌」を中心としたボトムアップ・コミュニケーション
    各店舗内や店鋪間での水平コミュニケーションというコミュニケーション・ループです。

  • 経営者としての執行機能を維持しトップの想いを伝える
    「店長確認事項」という紙1枚でトップは全従業員に指示命令することができていました。
    「店長確認事項」の指示命令はトップの想いの発露であり、経営理念の具体的な執行です。

    余程のことがない限り電話などはありませんでした。
    「店長確認事項」の指示を遂行していれば後は自主的に経営理念にそって行動します。
    経営理念は顧客第一主義でしたから顧客満足に専念します。

    経営理念を徹底する仕組みは次のようになっていました。
    各店の店長は新入社員(中途採用、パートタイマーも含む)の新人研修に同席します。
    社長の経営理念や行動目標、顧客・商品・仲間5つのサービスについての説明を聴き確認します。
    各店の店長には経営理念が移植されているのです。
    アルバイトさんの新人研修は社長の説明の代わりを店長が行います。

 

活用方法

  • 「店長確認事項」はほぼ毎朝FAXを通じて本社、各店舗に配信されます
  • 「店長確認事項」はトップが全従業員に向けて直接発信するものです
  • 「店長確認事項」は店長が受けますが内容は全従業員を対象としています
    必要であれば店鋪全員にメッセージノート(連絡帳)のファイリングで開示されます。
  • 「店長確認事項」はトップの唯一ともいえる指示ルートです
    その指示を遂行していれば後は自主的に行動します
  • 「店長確認事項」は最優先対応と判断されたものですからスピード対応が基本です
  • 「店長確認事項」はZチャート(全社の年間、月間、週間の基本計画)、DAILY PLAN(従業員
    各自の今日の行動予定)に優先します
  • 「店長確認事項」は鉛筆の手書きFAXでトップの想いを伝えます
    メールでも良いと思うかもしれませんが鉛筆の手書きFAXだから想いが伝わります。

    星野リゾートの星野佳路社長がコロナ禍での経営の考え方を従業員に伝える時に
    パソコンでの手書き風メッセージを使っていたのが印象的です。

    ビデオメッセージを活用する経営者もいらっしゃいますが想いが伝わることが大前提です。

    デジタルトランスフォーメーションから程遠く生産性が低いと言われそうですが
    鉛筆の手書きFAXはシンプルでスピード感もあります。

 

スポンサーリンク

おすすめの関連記事はこちらです

「現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:経営理念を明文化する」

スポンサーリンク

「現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:ストアコンセプトを明文化する」

「現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:行動目標」

「現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:組織図をつくる」

 

 

 

 

スポンサーリンク