現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:組織図をつくる

 

King`s you are

スポンサーリンク

入社した会社で組織図のない会社が4社あり、組織図を提示された会社が2社あります。

 

組織図を提示された1社は毎年、組織図が変わりました。
もう一方の組織図を提示された1社は以後、変わることはありませんでした。

 

事業も、人材も、業務の仕方も時と共に、環境と共に変化していきます。
常に一目で分かりやすい組織図があると業務を最適に遂行できるようです。

 

スポンサーリンク

活用目的

組織図の活用目的は次の3点です。

  • 業務に対しての組織の取り組む構造を明らかにする
  • メンバーの分業体制の役割分担を明らかにする
  • 組織の指揮命令系統を明らかにする
スポンサーリンク

期待効果

  • 組織図は責任の所在を明確にします
  • 組織図は部門間の連携を容易にします
  • 組織図は効率的な業務の運営に繋がります
  • 組織の取り組み構造(フォーメーション)が一目で分かります
  • 指揮命令系統を分かりやすくし報告・連絡・相談をスムーズにします
  • 組織図によって新人は会社・チームの仕組みがすぐに分かります
  • 組織図によって新人は会社・チーム内での自分のポジションが分かり連帯感を感じます
  • 組織図によって経営者・店長の経営権の執行機能(会社・チームをPDCAサイクルで動かす仕事)がスムーズになります
  • 組織図を描けるかどうかで組織の課題が見えてきます
  • 経営者・店長は組織図によってチームメンバーに業務に取り組む構造を示すことができます

 

活用方法

  • 組織図は大きく分けて職能部門組織、事業部制組織、マトリックス組織、ネットワーク組織と4種類あります
  • 組織図は現場に合ったものを採用し、チームの組成変更に従って変えると良いです
  • 混乱を生じる組織図は組織に改善する必要があります
  • 組織図は経営者・店長の経営権の組成機能(経営資源の[ヒト、モノ、カネ、情報]のあり方、仕組みの構造を決める仕事)です
  • 環境、業務、経営資源(特に人)が変われば組織図は変わります
  • 生きた組織図は変化します、組織図が変わらないのは組織が進化していないということです
  • 組織図は短すぎない長すぎない3階層が基本です
  • 組織の原則を重要視すると良い組織(組織図)になります
    組織の原則:三面等価の原則とは権限、責任、義務は同じ大きさということ
    組織の原則:指令系統統一の原則とは部下は常に一人の上司から指示を受けるということ
    組織の原則:統制の範囲の原則とは部下の人数には限界があるということ
    組織の原則:専門化の原則とは同質的な職務割り当てをすると生産性が高まるということ
    組織の原則:権限委譲の原則とは定型的業務は部下に権限と責任を委譲し上司は意思決定業務に専念すると生産性が高まるということ

まとめ:
現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:組織図をつくる

組織図の活用目的は次の3点です。

  • 業務に対しての組織の取り組む構造を明らかにする
  • メンバーの分業体制の役割分担を明らかにする
  • 組織の指揮命令系統を明らかにする

 

おすすめの関連記事

「現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:経営理念を明文化する」

「現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:ストアコンセプトを明文化する」

「現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:行動目標」

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク