お客、商品、店舗の断捨離効果で利益と運気をアップさせる断捨離経営

□ 業績が低迷しお店の経営に閉塞感がある
□ 将来のビジョンが持てずお店の雰囲気が悪い
□ 従業員に覇気が見られず離職が心配される
□ お店に活気がなく客数が伸び悩んでいる

というお店はありませんか?

 

そういうお店は断捨離することをおすすめします。

お客様、商品、店鋪を断捨離すれば
店鋪、商品、従業員、従業員がイキイキと輝きだします。
お店に活気が出てお客様が増え、売上が上がります。
売上が上がる一方でコストが下がり、利益がアップします。

この記事では閉塞感漂うお店がイキイキと輝きだす断捨離経営を解説しています。

お店の将来ビジョンの明るい展望にきっと役立ちます。

飲食店の生き残り策にはこちらの記事も参考になります。

「個人商店が新型コロナウィルスの危機に生き残るために必要な3つのこと」

スポンサーリンク

断捨離効果で利益と運気をアップさせる断捨離経営

断捨離はご存じでしょうか?
断捨離は店鋪の経営改善にとても役立ちます。

断捨離とは何か

「断捨離」の提唱者のやました ひでこさんの著書「人生を変える断捨離」には次のように書かれています。

——————————————————————————-
断捨離とは出す入れるを繰り返しながら物を空間を自分自身を洗練させ
今ここ私を生きるための新陳代謝の美学なのです。
断(妥協せず)×捨(固執せず)=離(最適化)モノを断ち、
ガラクタを捨てれば執着も離れていく。
断捨離は人生をブラッシュアップする仕組み。
——————————————————————————-

この記事では断捨離をどのように店鋪の経営改善に役立てるのかを解説しています。

断捨離経営とは何か

断捨離経営とは
あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わない人、モノ、金、情報を断ち
不要な人、モノ、金、情報を捨てれば執着を離れて
あなたの思い(経営理念やコンセプト)に基づく本来の経営になるということです。

 

断捨離とは人、モノ、金、情報の出すと入れるを繰り返しながら
それらの経営資源や、店鋪や会社を洗練させ
今(現在)ここ(会社、店鋪)で思い(経営理念)を実践するための
新陳代謝の手法です

 

あなたの思い(経営理念やコンセプト)が妥協することなく不要な人、モノ、金、情報を入れない。
あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わない人、モノ、金、情報に固執しない。
そうすることで最適な会社、店鋪、売り場を取り戻すことができます。

 

人、モノ、金、情報という経営資源は出るから入る、入ったら出すの繰り返しこそが肝心なのです。

 

私達、お店、会社は無駄にお金、労力、時間を消費したり、所有したりすることはできません。
人、モノ、金、情報という経営資源は社会の資源でもあります。
その資源を活かすことができないのならば欲や不安から固執せず手放すことです。
そうすることで自店、世の中、人が互いに輝くことができます。

 

断捨離経営で利益、運気が上がる

自分のお店のありたい姿とは経営理念、コンセプトにあります。

あなたの思い(経営理念やコンセプト)が目指す経営です。
あなたの思い(経営理念やコンセプト)に基づく経営が本来自身、自店があるがままでいられて自然な姿です。
あなたの思い(経営理念やコンセプト)に基づく経営こそが喜びの多い経営のはずです。

 

綺麗事と言われるかもしれませんが
綺麗事でなく、いま行っている経営で

  • 業績が低迷しお店の経営に閉塞感がある
  • 将来のビジョンが持てずお店の雰囲気が悪い
  • 従業員に覇気が見られず離職が心配される
  • お店に活気がなく客数が伸び悩んでいる

のではありませんか?

 

よくよく、自身に聴いてみてください。

  • どういう経営が目指したい経営なのか?
  • どういう経営が喜び多い経営なのか?
  • どういう経営が自身や従業員、お店が輝ける経営なのか?

お分かりの筈です。

 

  • 一番目指したい、喜び多い、輝ける経営方法は
    過去の失敗に悔やむことなく未来の不安に恐れることなく
    今を懸命に生きるあなたの思い(経営理念やコンセプト)にそった経営。
  • 世の変化に翻弄されるのではなく、競争相手に一喜一憂するのではなく
    あなたの思い(経営理念やコンセプト)に忠実な経営。
  • 業績に執着せず、与えられた経営資源に感謝して活かし
    従業員、お客様、世の中に役立つ経営です。
  • 一番目指したい、喜び多い、輝ける経営に寄与する
    人、モノ、金、情報という経営資源が
    利益と運気をもたらしてくれます。

 

その断捨離経営の方法と成果を
お客様、商品、店舗の3つの項目で解説します。

スポンサーリンク

お客を断捨離すると利益が上がる

 お客を断捨離するとはどういうことか

お客を断捨離する3ステップ

  •  全部のお客様を俯瞰する
  • お客様を違いで断舎離する
  • あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合ったお客様を選ぶ

全部のお客様を俯瞰する

全部のお客様、それこそ全世界のお客様を俯瞰してください。

お客様と言われる方には3種類あります。

  • 当店の対象とするお客様
  • 当店の対象としないお客様
  • 従業員というお客様

これらを全部ひっくるめてすべてのお客様を俯瞰します。
当店の対象としないお客様もたくさんいらっしゃることがわかります。

 

お客様を違いで断舎離する

従業員というお客様は最も会社、お店に近いお客様です。

全部のお客様を次の違いで断捨離します。

  • 地理的特性[国籍?住所?]
  • 人口統計的特性[従業員?年齢?性別?職業?立場?所得?学歴?]
  • 社会学的特性[世帯人数?家族構成?など]
  • 心理学的特性[思考傾向?家庭重視?~に不満?~にこだわる?など]
  • 行動特性[ライフスタイル?よく飲む?など]

この5つの特性で当店の対象とするお客様と当店の対象としないお客様に断捨離します。

 

例を上げてみましょう。
あなたのお店が町の小さな居酒屋で利益が出ていなくて売上がもう1割欲しいのだとします。

  • あなたのお店のお客様の国籍は?住所は?・・・日本人、この町の方ですね。
    隣町に大きなショッピングモールができて沢山お客様が集まってきている。
    そこからの流れのお客様はあなたのお店のお客様ではありません。
    断捨離しましょう。
  • 従業員ですか?年齢は?性別は?職業は?立場は?所得はどれくらい?学歴は?
    ・・・従業員は一人、近所の40代の奥さん
    ・・・多いのは近所の50代の男性、個人事業の方と課長クラスのサラリーマンで年収400万くらいの中流かな
    高給取りの出世欲バリバリの人や企業の社長さんは断捨離ですね。
  • 世帯人数は?家族構成は?
    ・・・家族は5人位、夫婦と子供、親、時々夫婦で来店する
    若い世代のファミリーや学生、若者、女性グループは断捨離ですね。
  • 思考傾向は?家庭重視は?~に不満とか?~にこだわるとか?
    ・・・ノンビリしてるかな、出世にはあまり関心なさそう、世間話が好きです
    わいわい騒ぐグループや味や酒の銘柄にこだわる人は断捨離ですね。
  • ライフスタイルは?よく飲みにおいでますか?
    ・・・休みの前の金曜日に来る人、週1回が多いかなぁ、家に居づらいのかなぁ、2~3品注文してちびちび飲んで1時間位で帰っちゃうかな~
    毎日飲みたい人やたくさん飲みたい人は断捨離ですね。

 

具体的に
あなたのお店が対象とするお客様と対象としないお客様の違いが判りましたか?

 

そして
あなたのお店が断捨離するお客様が判りましたか?

あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合ったお客様を選ぶ

売上が必要といっても、お客様にたくさん来ていただきたいといっても
あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わないお客様を選んではいけません。
あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わないお客様を選ぶと
お店の特徴がなくなります。
メインのお客様にも不満を抱かせてしまいます。

 

あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合ったお客様を選ぶと
お店の特徴、得意でお客様に対するのでお店が輝きます。
お客様像として設定したお客様にとても喜ばれます。

 

これがお客様の断捨離です。

 

あなたのお店のお客様は「誰か」はっきりわかりましたか?

当店が喜ばせられないお客様は他のお店に任せましょう。
いらない競争は互いに利益になりません。

 

前項の例では
あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合ったお客様とは
近所の50代男性で事業主や中流サラリーマンで会社や家の憂さから解放されて
週1回休みの前の日の1人飲みをノンビリと楽しむ方です。

 お客を断捨離するとお客様が増える

お客様の断捨離とはあなたの思い(経営理念やコンセプト)に合ったお客様を選ぶこと。

お店の特徴、得意でお客様に対するのでお店が輝きます。
お客様像として設定したお客様にとても喜ばれます。
お客様にも喜ばれるのでお客様が増えます。

お客様が増えないっていうのは

  • あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わないお客様に対応しているのではないですか?
  • お客様像として設定したお客様を喜ばせていないんじゃないですか?
  • お店の特徴、得意を活かしてお客様を喜ばせていないんじゃないですか?
  • お客様像として設定したお客様を放っといて忘れられているんじゃないですか?
  • お客様像として設定したお客様があなたのお店に飽きたんじゃないですか?
  • お客様像として設定したお客様があなたのお店の成長より早いんじゃないでしょうか?

 

先の例で言うと
あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合ったお客様とは
近所の50代男性で事業主や中流サラリーマンで会社や家の憂さから解放されて
週1回休みの前の日の1人飲みをノンビリと楽しむ方です。

 

そのお客様に喜ばれることをして差し上げれば
そういうお客様が寄っていらっしゃいます。

 

  • 寛げるような話題を提供するメニューを毎日1品出してはいかがですか?
  • 2~3品しか注文しないのでしたら同じ価格帯のメニューを増やしてはいかがですか?
  • お酒も同じ価格帯で種類を増やしてあげてはいかがですか?
  • 月1回奥様同伴でのクーポンを差し上げてはいかがですか?
  • マイグラスやマイおちょこをプレゼントしてはいかがですか?
  • 好物メニュー、旬メニュー、故郷メニュー、家庭で出にくいメニューを増やしてはいかがですか?

近所の方でしたら店頭ブラックボード看板でアピールするだけで客数が増えるようになります。

商品を断捨離すると利益が上がる

 商品を断捨離するとはどういうことか

お店にはたくさんのメニュー、商品があります。

いくらでもメニューは増やせますし、多くの新商品が入荷します。

 

商品を断捨離するとはすべてのメニュー、商品を俯瞰し

  • 今のあなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わないメニュー、商品は入れない(断)
  • 今のあなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わないメニュー、商品は外す(捨)
  • 今のあなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わないメニュー、商品は欲張らない(離)

ということです。

 

今のあなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わないメニュー、商品は外します。
今のあなたの思い(経営理念やコンセプト)に合う新しいメニューをつくったり、新商品を入れたりします。

 

出したら入れる、入れたら出すという新陳代謝を繰り返して
今のあなたの思い(経営理念やコンセプト)のメニューや品揃えを洗練させていきます。
削除し、改善し、追加していつもベストなお店を目指します。

商品を断捨離すると利益が上がる

商品を断捨離すると利益が上がります。

商品は無駄が少ないほどコストがかかりません。

商品は無駄が少ないほどロスが出にくくなります。

商品は新しいほど売れ易く、ロスになりにくいです。

新陳代謝するメニュー、商品は常に新鮮です。

店舗を断捨離すると利益が上がる

店舗を断捨離するとはどういうことか

店舗全体を俯瞰し
カテゴリー、コーナー、ディスプレイ、POP、商品、什器、設備を点検します。

 

今のあなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わないものが滞留していませんか?

 

それらが

  • 業績が低迷しお店の経営に閉塞感を生み出します
  • 将来のビジョンが持てずお店の雰囲気を悪くしています
  • 従業員覇気を奪い離職が心配されます
  • お店の活気を失わせ客数が伸び悩みの原因になります

 

今のあなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わない
カテゴリー、コーナー、ディスプレイ、POP、商品、什器、設備は
入れない(断)、外す(捨)、欲張らない(離)ようにします。

 

簡単に言えば5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)を行うことです。

  • 整理:あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わないものを処分すること
  • 整頓:必要なものを定位置管理すること
  • 清掃:身の回りのものや職場をきれいに掃除をして、いつでも使えるようにすること
  • 清潔:整理・整頓・清掃を維持し、誰が見てもきれいでわかりやすい状態に保ち、その状態を保とうとする気持ちにさせること
  • 躾:職場のルールや規律を守り、習慣づけること

これだけで売上は3%上がります。

スポンサーリンク

 

店舗を断捨離すると利益が上がる

  • 店舗を断捨離すると提供がはやくなりお客様に喜ばれます
  • 店舗を断捨離すると作業がはかどり従業員がイキイキしてきます
  • 店舗を断捨離すると作業がはかどり生産性が高まりコストダウンになります
  • 店舗を断捨離すると危険が減り事故が少なくなります
  • 店舗を断捨離すると無駄なものがなくなりコストが嵩みません
  • 店舗を断捨離するとお客様は落ち着いた食事、買い物ができ売上が上がります
  • 店舗を断捨離すると売り場の強みが前面に出てきます
  • 店舗を断捨離するとお店のメーッセージがはっきりとして伝わりやすくなります
  • 店舗を断捨離するとメニュー、商品、接客のレベルが上がります

 

スポンサーリンク

まとめ:お客、商品、店舗の断捨離効果で利益と運気をアップさせる断捨離経営

  • 断捨離経営とは
    あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わない人、モノ、金、情報を断ち
    不要な人、モノ、金、情報を捨てれば執着を離れて
    あなたの思い(経営理念やコンセプト)に基づく本来の経営になるということです
  • あなたの思い(経営理念やコンセプト)に基づく経営が本来自身、自店があるがままで
    いられて自然な姿で喜びの多い経営のはずです。
  • 一番目指したい、喜び多い、輝ける経営方法は
    過去の失敗に悔やむことなく未来の不安に恐れることなく
    今を懸命に生きるあなたの思い(経営理念やコンセプト)にそった経営
  • 世の変化に翻弄されるのではなく、競争相手に一喜一憂するのではなく
    あなたの思い(経営理念やコンセプト)に忠実な経営
  • 業績に執着せず、与えられた経営資源に感謝して活かし
    従業員、お客様、世の中に役立つ経営
  • 全部のお客様を俯瞰し、お客様を違いで断舎離し、
    あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合ったお客様を選ぶ
  • あなたの思い(経営理念やコンセプト)に合ったお客様を選ぶと
    お店の特徴、得意でお客様に対するのでお店が輝きます
    お客様像として設定したお客様にとても喜ばれます
  • 出したら入れる、入れたら出すという新陳代謝を繰り返して
    今のあなたの思い(経営理念やコンセプト)のメニューや品揃えを洗練させていきます
  • 5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)を行い
    今のあなたの思い(経営理念やコンセプト)に合わないものを断捨離する
スポンサーリンク