現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:行動目標

スポンサーリンク

King`s you are
今から20年近く前に野村総研が
「イン・サーチ・オブ・エクセレンス」という書籍でまとめた

「アメリカ高収益企業の戦略8項目」
アメリカ高収益企業の1ドルの投資も伴わない共通戦略

という資料があります。

その内容は

  • 実行重視(行動力重視、試行錯誤による改善)
  • 簡素な組織と少数スタッフ(大企業であるが「小さい事は美しい」という考え方で組織が創られる)
  • 顧客との密着(マーケット志向で顧客との絶え間ない接触がある。顧客ニーズを重要視)
  • 従業員にやる気を出させる。(QC活動、生産性目標の現場での設定など)
  • 権限委託(管理者が企業家の様な行動を可能にする仕組み)
  • 経営理念の明確な提示(会社のカルチャー「社風」を創ることにより愛社精神や一体感などを創りだす)
  • 最も得意な分野への集中(本業を外れたことをせず、経営資源の無い新規事業には手を出さない)
  • 緩急自在なコントロール(少数の項目だけは厳しくコントロール、他は各部門に任せて柔軟性を持たせる)

今も色褪せない真理を語っているように思います。

ここでも行動や試行錯誤の重視が謳われています。

成果が望ましいものかそうでないかは別として成果は行動からしか生まれません。
望ましい成果を得るには3つのポイントがあります。

 

私が教えていただいたのは次の3つです。

  • シンプル
    単純明快が良い複雑怪奇は続かない
  • パワフル
    力強く熱意を持ってやる
  • キーピング
    何事も続けなくては意味がない

 

現場で実行し、私なりに学び、次のような行動目標に変更しました。

物事を進め、求める成果を得るための行動目標の3Sは

  • シンプル
  • スピード
  • シツコイ

です。

スポンサーリンク

活用目的

どんなに良い計画も実行されなければ絵に描いた餅にしかなりません。

 

得られた成果が求めるものか、そうでないかは別として成果は行動からしか生まれません。
望ましい成果は成功といい、望ましくない成果は学びといいます。

 

行動目標の3Sは求める成果を得るための仕組みです。

スポンサーリンク

期待効果

成果は得られればいいというものではありません。
やはり期待された成果の最大を望みますし、インプットが最少であることを望みます。

 

行動の期待される効果は最少コストで最短で最大効果です。
それを行動目標の3Sが実現します。

 

活用方法

行動目標の3S

シンプル

スピード

シツコイ

の活用方法を解説します。

シンプル

  • シツコイとは計画・実行・検証の計画をシンプルにということです
  • シンプルとはわかり易いこと
  • シンプルとは取り組み易いこと
  • シンプルとは継続し易いこと
  • シンプルとはチームワークが取り易いこと
  • シンプルとは人、要素のベクトルが合い易いこと
  • シンプルとは人、要素のタイミングが合い易いこと
  • シンプルとは成果に結び付き易いこと
  • シンプルとは結果の検証がやり易いこと
  • シンプルとは3項目ということ
  • シンプルとは3ステップということ
  • シンプルとは2次元(縦横の2軸、マトリックス)ということ
  • シンプルとはA41枚ということ

スピード

  • スピードとは計画・実行・検証の実行の早期着手ということです
  • スピードには取り掛かりの早さと動きの2つの速さがあります
  • 取り掛かりの早さは誰にでもできる優れた方法です
  • 力の弱い者、中小零細は取り掛かりの早さで勝負します
  • 「鉄は熱いうちに打て」スタートの勢いを実行完遂の力に変えます
  • 急な坂こそ初速の勢いで上ります
  • 取り掛かりが早ければやり直しの時間もとれます
  • 目利きがあればどれだけでも早く取りかかれます

シツコイ

  • シツコイとは計画・実行・検証の検証です
  • シツコイには継続と再試行の2種類あります
  • シツコイは最後に頼れる最強の方法です
  • シツコイとは成果を諦めないことです
  • シツコイが最強なのは成果を諦めないから、だから成果に繋がります
  • 継続とは毎回、毎日の再試行の連続のことです
  • シツコイとはこれで良しとするか、またするか、まだするかの確認です
  • シツコイがなければシンプル、スピードだけでは求める成果は得られません

まとめ:
現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:行動目標

  • 行動目標の3Sはシンプル、スピード、シツコイ
  • 成果は行動からしか生まれません
  • 望ましい成果は成功といい、望ましくない成果は学びといいます
  • 行動の期待される効果は最少コストで最短で最大効果です
  • シンプルとは3項目、3ステップ、2次元(縦横の2軸、マトリックス)、A41枚ということ
  • 取り掛かりの早さは力の弱い者、中小零細、誰にでもできる優れた方法です

 

おすすめの関連記事

「現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:経営理念を明文化する」

「現場で学んだ!成長する中小店鋪のすごい仕組み:ストアコンセプトを明文化する」

スポンサーリンク
スポンサーリンク