コロナ禍中の飲食店の生き残り策に役立つ!店頭デジタルサイネージ広告

営業環境が激変するコロナ禍を生き残るため多くの飲食店が試行錯誤しています。
しかし何をするにしてもお客様に告知しなければ業績には結び付きません。

コストをかけずに素早く告知する方法をお探しではありませんか?

この記事ではコロナ禍で激変する営業環境の飲食店が
生き残りに役立つデジタルサイネージ広告の活用法を紹介しています。

記事を読んでいただければ、生き残り策とそれを実現するための広告方法がわかります。

スポンサーリンク

コロナ禍中の飲食店の生き残り策に役立つ!デジタルサイネージ広告

緊急事態宣言と解除、延長、まん延防止等重点措置の適応により飲食店の営業環境は激変します。
休業や再開、営業時間短縮、酒類の提供時間の短縮に対応しなければなりません。
さらにメニュー、営業方法、業態変更と様々な取り組みに迫られます。

 

コロナ対策が確定的でしたら費用をかけて様々な告知手段を利用すればいいです。

ところが
何時どうなるかもわからない、先の見通しも見えないのに広告費はかけられません。

 

環境激変のコロナ禍中での飲食店の生き残り策
デジタルサイネージ広告が役立つ3つの理由があります。

 

  • デジタルサイネージのスピード対応
  • デジタルサイネージはお金がかからない広告
  • デジタルサイネージは情報量が多く抜群の視認性

デジタルサイネージのスピード対応

営業時間など基本の営業時間さえも度々変わります。
営業時間の始まりを変えたところもあるでしょう。

テイクアウトやデリバリーを始めたり
夜の営業に昼の営業を追加したりしています。

メニューもテイクアウト用を試作し
集客用の新メニューも次々と追加されます。

 

 

様々な試行錯誤に、スピード対応するにはデジタルサイネージ広告が効果的です。
デジタルサイネージ広告のコンテンツは1時間もあれば作れます。

アナログ看板、紙ベースのチラシ、ポスターではこの激しい変化に対応は無理です。
ゆっくり業者と打ち合わせしている暇はありません。

住宅立地の中小店舗、個人店舗であれば対象商圏は半径700m~1㎞と考えられます。
それであれば店頭のデジタルサイネージ看板でとりあえずカバーすることができます。

オフィス街、繁華街の人通りがある場合も効果的です。
残念ながら観光地や人通りが減っているオフィス街、繁華街では
デジタルサイネージ広告でも効果は限られます。

 

営業状態が落ち着いて見通しがたった段階でアナログ看板や紙ベースの広告に移ります。
チラシ、ポスター、メニューのポスティングなどに効果を確信して広告費を使います。

デジタルサイネージはお金がかからない広告

経営が厳しくなって1円単位で経費を削っているのに無駄な広告費は使えません。
確実な成果を得たいのですが初めてのことも多く試行錯誤せざるを得ません。
不確実なところには経費をかける余裕はありません。

 

デジタルサイネージ広告は本来多くの費用がかかります。

ところが
デジタルサイネージ広告の自作とテレビの活用で全く費用がかかりません。

 

デジタルサイネージ広告の自作

デジタルサイネージ広告はパソコンで自作すれば費用がかかりません。

デジタルサイネージ広告は自作、編集が簡単にできます。
データとして保存できますので、以前のものを再利用するのもすぐにできます。

データの入れ替えに5分もかかりません。
スタッフの勤務時間もギリギリにしているのに広告の入れ替えに手間はかけられません。

 

デジタルサイネージ広告の自作についての参考記事はこちら
「デジタルサイネージの売れる広告コンテンツを自作する4つのポイント」

 

デジタルサイネージ広告は簡単に自作できますが
費用をかけて業者に作成依頼もできます。

デジタルサイネージコンテンツの作成依頼は優良業者紹介サービスを活用できます。

希望の条件のヒヤリングの後に無料で最適な業者を紹介してもらえます。
紹介された業者と必ず契約することも必要ないですし
無料なのが何より助かります。

優良業者紹介サービスはこちら
デジタルサイネージの業者を完全無料でご紹介します!【EMEAO!】

 

デジタルサイネージ広告のテレビ活用

デジタルサイネージ専用のディスプレイや機器を使わずに
自宅のテレビを使えば費用はかかりません。

ただし
デジタルサイネージ専用のディスプレイが高いのには理由があります。

  • 昼間でも視認性のある高い輝度
    専用のディスプレイは輝度が高く屋外や昼間でも視認性が高いです。
    テレビでは輝度の低さをカバーする必要があります。
  • 屋外での防水機能
    屋外用の専用のディスプレイは防水処置がされています。
    テレビは屋内であれば十分ですが、屋外では防水処置が必要です。
  • 長時間の映像再生の耐久性
    専用のディスプレイにはやはり長時間の映像再生の耐久性があります。
    なので
    軌道に乗った段階でテレビから専用のディスプレイの購入をおすすめします。
  • 縦長の形状や設置条件
    専用のディスプレイはタテ型もありますが、テレビはどうしても横型になります。
    専用のディスプレイは天吊、壁掛け設置できますがテレビは台の上に置くなどに限られます。
    またテレビは転倒しにくい設置場所という条件や処置も必要です。

専用のディスプレイだけは購入という場合も
優良業者紹介サービスを活用できます。

希望の条件のヒヤリングの後に無料で最適な業者を紹介してもらえます。
紹介された業者と必ず契約することも必要ないですし
無料なのが何より助かります。
優良業者紹介サービスはこちら
デジタルサイネージの業者を完全無料でご紹介します!【EMEAO!】

デジタルサイネージは情報量が多く抜群の視認性

営業環境の変化が多く、様々な対応でお客様に伝える情報量も多くなります。

  • 例えば
    店舗営業+テイクアウト+デリバリー
  • 昼営業+夜営業
  • ランチ営業+弁当販売+居酒屋
  • 店舗情報+ネット情報

情報範囲も感染対策、営業時間、集客や販促などに広がります。

 

デジタルサイネージ広告を使えば省スペースで多くの情報を最適な時間帯で効果的に伝えられます。
またデジタルサイネージ広告は画像や動画を使い視認性があり伝わりやすくなっています。

スポンサーリンク

デジタルサイネージ広告の自作と活用方法

飲食店の生き残りにデジタルサイネージ広告が効果的とおわかりいただけたかと思います。

デジタルサイネージ広告についての特徴を知りたい方にはこちらの記事がお役に立ちます。
「失敗なし!店舗視点のデジタルサイネージの仕組み、広告効果、業者選び」

デジタルサイネージ広告のコンテンツ自作や活用方法を簡単にまとめます。

コンテンツの作成
デジタルサイネージ広告のコンテンツを自作するのは簡単です。
多くのパソコンにインストールされているパワーポイントでコンテンツを作成します。
スライドショーで十分ですし、アニメーション機能を使えば動画のように集視効果もあります。

 

コンテンツの再生
デジタルサイネージ広告のコンテンツの再生にはパソコン、DVDプレーヤー、タブレットが使えます。

 

コンテンツの表示
デジタルサイネージ広告のコンテンツの表示にはテレビを使います。
大きめのサイズの方が効果が見込めます。

 

生き残り策別デジタルサイネージ広告の活用例

ここで考えられる飲食店の生き残り策について
デジタルサイネージ広告がどのように役立つか考えてみましょう。

生き残り策の考え方

コロナの当初の段階ではデリバリーやテイクアウトにこぞって参入しました。
1年以上が経過しその間の試行錯誤でノウハウの蓄積も進みました。

 

テイクアウトで上手く行ったところ
メニュー表のポスティングでデリバリーが上手く行ったところ
ネットで活路を見出したところ
ゴーストレストランで成功した例も出てきています。

 

ただ営業環境の変化が激しすぎるために
中小、個人の飲食店は未だに翻弄され続けています。

 

生き残り策の考え方をご紹介します。

外部環境が大きく変わっているのですから対応してお店も変わらなければなりません。
お店が変わるとはコンセプトが変わるということです。

 

それには5W1Hを変え、組み合わせてみてアイデアを出し売上を予測検証します。
何時のときでも、どんな状態でもお客様はニーズを持っています。
生き残り策の考え方であった5W1Hのどれかがお客様のニーズに合えば売上につながります。

 

試行錯誤は急ぎますが闇雲に盲動すれば
お金だけが減りますので冷静に考えます。

どのような生き残り策であっても
柔軟でスピードある対応ができ、情報が伝わり易い
デジタルサイネージ広告がお役に立ちます。

デジタルサイネージ広告の活用例

例として「焼肉店」の生き残り策を下図のように考えてみました。

色々な方策を考えることができますが自社の強み、持てる経営資源がポイントになります。
アイデアだけで進めずに必ず売上を予測検討するようにしてください。

 

例の「焼肉店」の生き残り策に従ってデジタルサイネージ広告の見本を以下に作ってみました。
参考にしてみてください。

デジタルサイネージの画面は左⇒右⇒下段左⇒下段右⇒下段左⇒下段右・・・・と進みます。

A:基本コンセプト編

WHO(誰に):近隣の会社従業員、近隣世帯
WHAT(何を):焼肉材料と場所
WHEN(いつ):夕方~深夜
WHY(目的):食事、飲酒、会話
WHERE(どこで):店舗
HOW(どのように):イートイン
まとめ:基本のコンセプト、勤務後の近隣従業員、近隣世帯が焼き肉の飲食で楽しい食事

  

 

  

 

B:唐揚げテイクアウト編

WHO(誰に):近隣世帯
WHAT(何を):専門店の唐揚げ
WHEN(いつ):昼食、夕食
WHY(目的):弁当、主菜、酒菜
WHERE(どこで):自宅
HOW(どのように):テイクアウト
まとめ:近隣世帯の昼食、夜食向けにこれまでの人気の唐揚げをグレードアップし
              メインの商材として弁当、夕食の主菜・酒菜を提供

 

 

 

 

 

 

C:焼肉丼編

WHO(誰に):近隣の会社従業員、大学生の一人客
WHAT(何を):味と量の焼肉丼、80食限定
WHEN(いつ):昼食
WHY(目的):専門店の美味しい焼肉丼
WHERE(どこで):店舗の個別席
HOW(どのように):イートイン、テイクアウト
まとめ:極力メニューを絞り込みコスト抑制し専門店の美味しい焼き肉丼を素早く、コスパ高く提供

  

  

  

 

D:日替わり賄弁当編

WHO(誰に):近隣の会社従業員
WHAT(何を):日替わり賄弁当
WHEN(いつ):昼食
WHY(目的):美味しくて安いお弁当
WHERE(どこで):会社
HOW(どのように):デリバリー(10食以上)、予約
まとめ:近隣の大きな事業所の従業員を対象に予約で日替わり賄い弁当を10食以上で届ける

  

  

  

 

E:[昼]カレー&[夜]焼肉編

WHO(誰に):[昼]近隣の会社従業員[夜]近隣世帯
WHAT(何を):[昼]カレー[夜]焼肉
WHEN(いつ):昼食、夕食
WHY(目的):専門店のおいしさと便利さ
WHERE(どこで):店舗
HOW(どのように):イートイン
まとめ:夜の通常営業に昼カレーをプラスカレーの臭いが付きにくい換気で喜ばれる夜は焼き肉店
    時間帯でデジタルサイネージのコンテンツを昼用と夜用に使い分けます

  

  

  

 

  

  

  

 

F:焼肉セット編

WHO(誰に):近隣世帯
WHAT(何を):美味しい焼肉[焼肉セット+貸出無煙ガスコンロ]
WHEN(いつ):夕食、昼食
WHY(目的):美味しい焼肉セットと美味しい焼き方と後片付け不要
WHERE(どこで):自宅庭、屋外
HOW(どのように):ネット予約
まとめ:焼き肉専門店がおいしいのは焼き方にもある、近隣世帯向けに
    美味しい焼肉セットを貸出無煙ガスコンロと一緒に提供し後始末不要で回収

  

  

  

  

  

 

G:ステーキ&ハンバーグ食べ放題編

WHO(誰に):男性、学生の一人客
WHAT(何を):立ち食いステーキ&ハンバーグ45分食べ放題
WHEN(いつ):夕食、昼食
WHY(目的):安い、お腹いっぱい
WHERE(どこで):店舗の個別席
HOW(どのように):予約券、ネット予約、時間帯別入れ替え制
まとめ:男性、学生の一人客を対象に安くて、お腹いっぱいになる
    立ち食いステーキ&ハンバーグを45分食べ放題で提供

  

  

  

 

H:専門店本格ハンバーガー編

WHO(誰に):近隣世帯、子供
WHAT(何を):専門店本格ハンバーガー
WHEN(いつ):昼食
WHY(目的):専門店の味
WHERE(どこで):自宅
HOW(どのように):テイクアウトまとめ:夏休みの子供向けランチとして
          ファーストフードとは違う専門店の本格的な美味しいハンバーガーを提供

  

    

  

  

 

スポンサーリンク

まとめ:
コロナ禍中の飲食店生き残りに役立つデジタルサイネージ広告

コロナ禍中の飲食店生き残りに役立つデジタルサイネージ広告

  • デジタルサイネージのスピード対応
  • デジタルサイネージはお金がかからない広告
  •  デジタルサイネージは情報量が多く抜群の視認性

デジタルサイネージ広告の自作と活用方法

  • パソコンにインストールされているパワーポイントでコンテンツの作成
  • パソコン、DVDプレーヤー、タブレットでコンテンツの再生
  • テレビによるコンテンツの表示

生き残り策の考え方は5W1Hの変更によるコンセプトの変更

スポンサーリンク
スポンサーリンク