脳トレ不要の認知症予防になる「早歩き」が店と仕事と体を活性化させる!

スポンサーリンク

最近なんとなく物忘れがひどくて仕事に影響してきた。
これという理由がないのに仕事が何だかスムーズに進まない。
店の雰囲気がイマイチどんよりしていて活気がない。
これといった原因もなく売上が伸びない、お客様が増えない。

 

なんとなく、イマイチ、なんだか停滞、萎縮という方

一発解決する簡単な方法があります。
それは・・・・「早歩き」

体、店、売上、仕事の停滞、萎縮は
脳、店長(店の脳)、計画(企画の脳)、行動(実現化脳)の不活性化です。

認知症予防になる「早歩き」が体、店、売上、仕事を活性化させます。
認知症を予防するには1日20分の「早歩き」が効果的という研究が発表されました。

 

この記事では認知症予防になる「早歩き」が体、店、売上、仕事を活性化させる仕組みを紹介します。

きっと、あなたは今日から早歩きを始めます。

 

スポンサーリンク



「早歩き」が認知症予防に効果的とされる2つの研究

認知症を予防するには1日20分の「早歩き」が効果的

認知症件数が平均の5分の1という群馬県中之条町での20年にわたる研究があります。
「早歩き」を一定時間している人ほど認知症など様々な病気にかかりにくいことがわかりました。

そのポイントは

  • 一日20分の「早歩き」で認知症をはじめ、さまざまな病気になりにくい
  • 5分ずつのこま切れでもOKで一日に合計20分早歩きすればいい
  • スピードはいつもの2割増し

「一日20分の早歩き」・・・たったこれだけです!

脳が若返るというアメリカでの驚きの研究

ピッツバーグ大学のカーク・エリクソン教授の研究です。
「早歩き」をすると脳の中で記憶をつかさどる「海馬」の体積がわずか半年で2%大きくなったとのことです。

 

高齢者の海馬の体積は一年で1~2%ずつ縮小していくそうです。
ところが逆に2%増加するというのはありえないことだそうです。

 

「早歩き」の運動量の増加と早歩きによる周囲の人や物を避けるための状況判断による脳へ酸素や栄養を運ぶ血流が増加するので神経細胞の数やつながりが増加するので海馬が大きくなるらしいです。

「早歩き」で脳が若返る。

スポンサーリンク

28年前の新人研修で教えて頂いた「早歩き」の効用

28年前に複合書店の新人研修で同じようなことを教えていただきました。

フジカワ式早明法(ハヤアカ法)

28年前に複合書店の新人研修で「フジカワ式早明法」というものを教えていただきました。

フジカワ式早明法というのは

  1. 足を早く動かすと手が早く動く
  2. 手が早く動くと口が早く動く
  3. 口が早く動くと頭が早くフル回転する

というものです。

実体験から出たノウハウで科学的根拠はなかったと思いますが
先の研究で科学的に効果が証明されましたね。

 

フジカワ式早明法をもう少し詳しく説明すると

  1. まず足を早く動かす=早く歩く、現場へ早く臨む
  2. すると手が早く動く=手作業が早くなる
  3. すると口が早く動く=分かりやすく早くしゃべる
  4. 結果アタマは早くフル回転する=良い仕事ができる、健康になる

ということです。

その「フジカワ式早明法」は私の入社前からですから今から40年以上も前の知恵ですね。

40年後の科学的証明を知っていたかのようで驚きです。

「フジカワ式早明法」の実践方法

「フジカワ式早明法」は実際の店で作られたノウハウです。

その実践方法を紹介します。

足を早く動かす

早く歩くには大きく手を振リます。
そうすると元気よくイキイキと見えます。
体と心は連動していることはもう常識ですが体がイキイキとすると心も張り切ります。
現場に早く臨むことは場を仕切る、リーダーシップを執るうえで重要なポイントです。
また現状認識が余裕を持って行うことで対策を急ぐことも出来ます。

手が早く動く

人間の体は連動していて「足を早く動かす」と「手が早く動き」ます。
早歩きをして手をゆっくり動かすのって難しいです。
足を早く動かすと手が早く動き手作業が早く進むことになります。

口が早く動く

「手を早く動く」と連動して「口が早く動き」ます。
足を早く動かすことで張り切る気持ちが出てきます。
張り切っていると人は早口になります。
早く歩く、現場に早く臨むには早い移動が必要です。
要点を捉えた分かりやすい話が必要になってきます。
伝えたいことをまとめる頭の働きが必要になります。
目や顔の表情が豊かになり顔にもイキイキ感が出て笑顔が出てきます。

アタマが早く動き、フル回転する

「足を早く動かす」ことで「手が早く動き」さらに「口が早く動き」
その結果「アタマが早く動きフル回転」し脳が活性化します。
仕事脳の活性化も認知症予防の脳の活性化も同じことなのでしょうね。

 

解決策は早歩き=早く歩くこと

✅最近なんとなく物忘れがひどくて仕事に影響してきた。
✅これという理由がないのに仕事が何だかスムーズに進まない。
✅店の雰囲気がイマイチどんよりしていて活気がない。
✅これといった原因もなく売上が伸びない、お客様が増えない。

 

原因もよくわからない、うまくいかないメカニズムもわからないことってあります。
みんなしっかりやっているんだけれどうまく行かない、活気がない。
なんとなく、これという理由が、イマイチ、何だか・・・・

 

私達の周りには解決の方法がわからないってことがあります。
問題の核心がわからないってことがあります。
どういう働きかけがよいかわからないってことがあります。

 

そんなときは「早歩き」する・・・とにかく早く歩く。

  • 早く歩けばイキイキと元気良さそうに見てもらえて周りを明るくできます
  • 早く歩けば忙しそうに見えて、店に活気が出てきます
  • 早く歩けば売れているように見えてお客様もその気になって買いだします
  • 早く歩けば何だか心もイキイキとして物事を前向きに捉えられます
  • 早く歩けば現場到着が早まり現状認識も早く出来て解決が早まります
  • 早く歩けば周りをよく見るようになり状況をよく把握でき良い判断が出来ます
  • 早く歩けば手作業が早く進んで脳が活性化して良いアイデアが出てきます
  • 早く歩けば早口になり話の内容の整理が出来て問題の整理が進みます
  • 早く歩けば脳が活性化して物忘れが少なくなります
  • 早く歩けば仕事に早く着手して早く結果が出ます、失敗してもやり直せます
  • 早く歩けば脳が衰退しないで大きくなって認知症になりにくいです

ぶつかり事故に気をつければ早く歩けば良いことが多そうです。
良さそうなことは早くやることも大事。

善は早歩きじゃなくて急げ!
今日から早歩き!

スポンサーリンク

まとめ:
脳トレ不要!認知症予防になる「早歩き」が店と仕事と体を活性化させる

「早歩き」が認知症予防に効果的とされる2つの研究

  • 認知症を予防するには1日20分の「早歩き」が効果的
  • 脳が若返るというアメリカでの驚きの研究

28年前の新人研修で教えて頂いた「早歩き」の効用

フジカワ式早明法(ハヤアカ法)

  1. まず足を早く動かす=早く歩く、現場へ早く臨む
  2. すると手が早く動く=手作業が早くなる
  3. すると口が早く動く=分かりやすく早くしゃべる
  4. 結果アタマは早くフル回転する=良い仕事ができる、健康になる

 

なんとなく、これという理由が、イマイチ、何だか・・・・の解決策は「早歩き」する

スポンサーリンク