秋といえば新米の季節!無洗米の炊き方、水加減、栄養で価値創り販促

稲穂

スポンサーリンク

秋といえば新米の季節ですが「無洗米」ってご存知ですか?

 

無洗米の炊き方どころかお米の炊き方もよく知らないという人はいませんか?
無洗米ってどうやって作っているかも知らないで販売している人はいませんか?
無洗米が環境に優しいって知らないで販売している人はいませんか?

 

実は「無洗米」思っているより結構売れてます。

「無洗米」はこれからの商品、価値創りで独自の販売促進ができる商品です。

 

この記事では無洗米を調べて販売の価値創り販促を提案しています。
この記事を参考にすれば
まだ他のお店もやっていない「無洗米」の価値創り販促に取り組めます。

スポンサーリンク



無洗米の価値を調べる

秋といえば新米の季節!ホントに新米ってどうして美味しいのでしょう?
炭水化物ダイエット中の私もその誘惑には勝てない。

 

お米を研ぐのに10~15分ほどかかります。
その時間がもったいない!
米研ぎを忘れると家内の視線が冷ややかに感じるのは気のせい?

 

「無洗米」があるじゃないか!

 

でも「無洗米」のイメージは

  • 美味しくなさそう
  • 栄養が少なさそう
  • 体によくなさそう
  • 高いんじゃないの

ホントか?・・・私の価値創り・お客様創りの販促ムシが騒ぎ出した。

思い込みや、世の常識っていうのがある・・・それがひっくり返るのは痛快!

そこに
販促企画、価値創り、お客様創りのヒントと売上倍増のチャンスがあります。

 

調べてみると「無洗米」には価値創り・お客様創りするネタがいっぱい。
「無洗米」・・・価値創り販促できます!(キッパリ!)

食品スーパーさん、お米屋さんボ~ッとしてたら販促できませんよ!

結論から言うと

「無洗米」は普通米と同じく美味しい、むしろ美味しいと感じる方が多いかも
「無洗米」は普通米と栄養は変わらない
「無洗米」の製造過程には全く害になるものはなく安全・安心
「無洗米」は簡単に高いとは言えない

食品スーパーさん、お米屋さん!

「無洗米」・・・これは力を入れて販売しなければなりません。
「無洗米」・・・これはおすすめできる商品です。
「無洗米」・・・これは日本を救う商品です。
「無洗米」・・・誰もまだ販促していない独自化商品です。
「無洗米」・・・これは価値ある商品です。
『無洗米」・・・これはお客様をたくさん創り出す商品です。

そもそも「無洗米」ってどういうモノか「無洗米」の価値を調べてみました。

 無洗米とは

「無洗米」っていうのは「洗米=お米の研ぎ洗い」のいらないお米のことです。
水を加えるだけで炊くことができるお米です。
なぜ「研ぎ洗い」がいらないかというと
「研ぎ洗い」で洗い流す「肌ヌカ」が無いから~

 

ここで誤解している人がかなりいます。

お米の研ぎ洗いせずに水を加えるだけで炊くことができるお米=無洗米です。

無洗米に水を加えてすぐ炊くことができると誤解している人がたくさんいます。
無洗米も普通米と同じく夏場で30分~、冬場で1時間~の吸水が必要です!
簡単、便利だからといって手を抜いちゃいけません。
吸水がないと無洗米もふっくらしません。

普通米の10kgは10kg無くて、無洗米は正味10kg

お米って10kg、5kg、2kg、1kgという単位で販売しています。
10kgが一番多いでしょうか。

普通米の10kgはお米が10kg入っていません。
[お米9.6~9.7kg]+[研ぎ洗いで洗い流す肌ヌカ0.4~0.3kg]で10kgとなっています。

無洗米の10kgは丸々お米が10kg入っています。
なので
無洗米は3~4%普通米よりお得なんですね。

安全で安心な無洗米の精米方法

無洗米ってどうやって精米しているのか心配な人はいませんか?

 

無洗米には研ぎ洗いで洗い流す「肌ヌカ」が無い。
だから研がずに炊けると言いました。

 

「肌ヌカ」を取る方法が「無洗米」の作り方です。

  • BG精米製法
    肌ヌカの粘着力を利用して取る方法。「無洗米」の7割位がこの方法です。
  • 水洗い乾燥法・湿式法
    水洗いで肌ヌカを取り去り乾燥する方法。
  • NTWP加工法
    今話題のタピオカに肌ヌカをひっつけて取り除く方法。
  • 乾式法
    研米機やブラシ、不織布などで肌ヌカを取り除く方法。

    タピオカ以外、化学薬品などは何も使っていません。
    機械的に肌ヌカを払い落としたり、何かにひっつけたり
    洗い流したりして取り除きます。

だから無洗米は安全・安心です。

米研ぎの難しい普通米と水を足すだけの無洗米

普通米は研ぎが弱いとヌカ臭くなったり、ネバネバした食感になったりします。
普通米に少し残る肌ヌカはネバ・モッチリ感が残り、それが好きっていう方も。
普通米をよ~く研ぐとヌカ臭くなりませんがネバ・モッチリ感はなくなります。
無洗米に近いサッパリ食感になります。

 

なので
サッパリ食感がお好きな方は「無洗米」の方が美味しいと感じるかもしれませんね。

普通米の研ぎ方っていうのは熟練が必要で難しいんですよ。

無洗米はサッと水で汚れをとって水を足し吸水させて炊くだけで安定した味になります。

なので
外食産業では節水、時間短縮、品質安定の面から無洗米の割合が多くなっています。
あるアンケートによれば6~7割が無洗米ということもあるようです。

無洗米の栄養と美味しさ

普通米と無洗米の栄養は比較しにくいです。

というのは
普通米の研ぎによる肌ヌカの残りでわずかに違うからです。

 

肌ヌカというのは水溶性ビタミンの栄養があり多くが水に溶けだしてしまいます。
研ぎすぎるとお米を傷めデンプンが流れ出ることもあります。

 

さらに
お米の表面には「うまみ層」っていうのがあります。
研ぎ洗いすると肌ヌカがきれいに取れないのに「うまみ層」はなくなりがちです。

 

普通米は研ぎ方によって栄養や美味しさが大きく左右されます。
普通米と無洗米の栄養、美味しさ比較は難しいですね。

 

無洗米の方が水溶性ビタミンやナイアシンが多いという結果もあります。
栄養については普通米も無洗米もほとんど変わりないということにしときましょうか。

無洗米の炊き方は水加減がポイント

無洗米は普通米に比べて炊くときのお水は15~25%増しにします。
これで美味しく召し上がれます。

 

ちょっと説明します。

お米を計量する時はカップを使います。
もちろん、研ぐ前のお米を量ります。

 

炊飯器についてきたカップだと1カップ1合180gです。
普通米は1カップ1合180gでも研ぎ洗いして除く肌ヌカがあります。

無洗米は丸々1カップ1合180gですので研ぎ洗い後は普通米よりお米が3~4%多くなります。
炊く前の水の計量では無洗米は量が多い分、普通米より水を多めにします。

 

また
普通米は研いでいるうちに吸水しますが、無洗米は水を計量するときから吸水になります。
なので、無洗米は普通米のように吸水していない分、より水を多めにします。

 

この2つの理由で
無洗米は普通米に比べて炊くときのお水は15~25%増しにします。

 

近頃は無洗米計量カップが出ています。
そのカップでは無洗米は少し軽量になります。
その場合は炊飯器のメモリは白米と同じでOKです。

無洗米のデメリット

無洗米のメリットをまとめてみます。

  • 洗う手間や時間の節約になる
  • 節水や生活排水を少なくできる
    お米3カップ研ぐのに水は4.5リットル必要です。
  • シンク、排水管の汚れが溜まらない
  • 美味しさ・栄養は変わらない
    サッパリ食感派には好きな味です。
  • 水加減と吸水一定で味ムラがなくなる
  • 米研ぎで炊飯器の釜を傷めない
    米研ぎOKの釜も出てますが米研ぎは釜を痛めます。
  • 簡単で便利、お子様でも一定の品質で炊けます
  • 環境に優しい
    生活排水が出ず、工場で出た肌ヌカは有機肥料や家畜飼料になります。

こんなにメリットの多い無洗米ですが、デメリットもあります。

少しだけ値段が高い

無洗米は普通米に比べると3~4%多く丸々10kg入っていても5%ほど割高です。
でも15分の米研ぎ時間や節水効果を考えると一概に高いとは言えないのでは無いでしょうか?

 

お仕事で疲れて帰った奥様が、まず15分の米研ぎをして調理に取り掛かるって大変です。
それに冬の米研ぎは水が冷たいんですよ。
お湯で研ぐわけに行かないでしょ。

 

お米の特売も無いです。
食品スーパーさん、お米屋さん!
無洗米のメリットと美味しい炊き方を啓蒙して普通米並の価格にしてください。
そうすればきっと買ってみようっていうお客様が現れるんじゃないですか?

ノンブランド品は品質が不安

無洗米の便利さを価値として品質の悪いお米を「無洗米」にすることがあるらしい。
「無洗米」は「こしひかり」などのようなブランド米の「無洗米」を買ったほうがいいようです。

スポンサーリンク

無洗米の価値創り販促

ここまで見てきましたが無洗米のメリットに驚いていませんか?

無洗米は未来を開く商品です。
その価値を、創り出されるお客様を無駄にしてはいけません。
価格のことがなければ明日から無洗米にするという方が沢山いらっしゃる気がします。

無洗米は今後どんどん増えていきます。
それはIH炊飯器には「無洗米」モードというのがもう備わったものがあるそうです。

さらに
家庭用無洗米機というのが3万円前後で出ているそうです。

これはもう無洗米市場ができつつあるということです。

独自の販促ポイント

無洗米の価値創り販促はまだどのお店も行っていません。

無洗米市場は拡大します。
今から無洗米のメリットと美味しい炊き方を啓蒙して独自の販促に取り掛かってみてください。

価格訴求はしない

無洗米のメリットはたくさんありました。
これだけ、いい商品を薄利多売商品にして農家を苦しめてはいけません。

 

これだけ手軽に便利に美味しく食べられるならお米にしようって人が増えます。
お米は小麦より体にいいという人もいますからね。
やっぱり風土に根ざした作物が一番ですよ。

 

米飯が増えれば日本が、農家が助かります。

POPだけで価値創り販促

無洗米を薄利多売商品する必要はありません。
無洗米のメリットや美味しさ、環境への優しさをPOPで知らせて定番商品として販売します。

 

POPをつけるだけで販売数が倍になるかも知れません。
無洗米市場は放っておいても拡大します。
そのスピードをPOPで早めます。

無洗米のPOPだけの価値創り販促にリスクは全くありません。

無洗米のPOPだけの価値創り販促の例として
「無洗米」の価値創りキャッチコピー例を以下に提案します。
お試しください!

「無洗米」の価値創りキャッチコピー例

無洗米で時短、節水できます

無洗米POP

お仕事後、夕方の調理前の15分が節約できます
お米3合の研ぎ洗いの4.5リットルの水は無洗米には不要です

お米の性質を利用した安全で安心な無洗米

無洗米POP

無洗米の7割がお米の肌ヌカ自身の粘着力を利用しています。
その他、肌ヌカ取りに使うのは水、タピオカブラシ、不織布などです。
だから、無洗米は安全で安心です。

無洗米の美味しい炊き方は15~20%増しの水加減

無洗米POP

炊き方の違いはお水を15~20%増しにするだけ!
それだけでふっくら美味しいお米が炊きあがります。

さっぱり感が美味しい無洗米

無洗米POP

無洗米はネバ・モッチリ感はなくなりますがヌカ臭くなりません。
サッパリ食感が美味しいのが特徴です。

環境に優しくて、災害に強い無洗米

無洗米POP

お米3合の研ぎ洗いの4.5リットルの生活排水が出ません。
工場で出た肌ヌカは有機肥料や家畜飼料に活用されます。
使える水の少ない災害時にも最少の水で炊けます。

スポンサーリンク

まとめ

無洗米の価値を調べる

無洗米とは
普通米の10kgは10kg無くて、無洗米は正味10kg
安全で安心な無洗米の精米方法
米研ぎの難しい普通米と水を足すだけの無洗米
無洗米の栄養と美味しさ
無洗米の炊き方は水加減がポイント
無洗米のデメリット

無洗米の価値創り販促

独自の販促ポイント
価格訴求はしない
POPだけで価値創り販促

「無洗米」の価値創りキャッチコピー例

スポンサーリンク