免疫力をアップさせる食材のおすすめ企画とキャッチコピー5例

和食

スポンサーリンク

コロナ禍の巣ごもり需要で多くの食品店、食品スーパー、ドラッグストアは業績が好調です。

 

売上が2桁増なんてザラにあるのはそれで良いのですが。

冷静に現実を見る人は売上の良いことについて、疑問を感じている方もいます。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
「これでいいのかな~」

数字だけに満足せず、こういう時でも、お店の役割を果たしたい。

 

多くの食品店、食品スーパー、ドラッづストアが業績好調で販売に追われる中
こういう時にもお客様にお役に立てることは何か?
そう考えるお店があります。

 

この記事では
「コロナ禍の今だからこそお客様に喜ばれる企画を考える」
そういう食品店、食品スーパー、ドラッグストアに
「免疫力アップの食材」をテーマに
役立つ企画、キャッチコピー例を紹介しています。

 

売上が良かろうと悪かろうとお客様の役に立つお店を目指す。
そういうお店の参考になればありがたいです。

スポンサーリンク



免疫力ってなに?

「新型コロナウィルス対策で免疫力をアップさせよう!」ってよく聞きます。
でも意外と「免疫力」って何かって聞かれて答えられる人は少ないのでは。
なんとなく「ウィルスをやっつける力でしょ」ってくらいしか思っていません。
かく言うワタシも・・・

 

「免疫力をアップさせる食材のおすすめ企画」を考える前に免疫とは何かを確認しておきましょう。

知っているのと知らないのとでは伝える力が全然違います。
知っているのと知らないのとでは売れる数が全然違います。

 免疫とは何?

免疫とは体内に侵入しよう、あるいは侵入した異物を排除、攻撃するための生体防御のしくみです。

 

免疫には「自然免疫」「獲得免疫」の2種類があります。

  • 自然免疫=生まれながらに備わった生体防御のしくみ
    役割:ウイルスや細菌や花粉などの異物から身体を守るためのバリア機能
    獲得免疫細胞にウイルスや細菌の情報を伝え、獲得免疫細胞の働きを活性化させる情報伝達
    活躍するもの:皮膚、唾液や耳あか、涙やくしゃみ、腸内細菌
    血液中の白血球の中にある免疫細胞(マクロファージや好中球、ナチュラルキラー細胞など)
    活躍する場所:目、鼻、口、腸管などの粘膜
  • 獲得免疫:過去の感染の経験やワクチンの接種により後天的に獲得された生体防御のしくみ
    役割:一度感染したことのあるウイルスに対して抗体をつくることにより再度の感染や重症化を防ぐ
    活躍するもの:T細胞やB細胞といったリンパ球
    活躍する場所:体内

 

私達が免疫力をアップさせることができるのは「自然免疫」です。

免疫力をアップさせる2つの方法

私達が免疫力をアップさせることができるのは「自然免疫」です。
免疫力をアップさせる方法は「生活習慣の見直し」「食生活の見直し」の2つがあります。

 

生活習慣の見直し

生活習慣の見直しの狙いは「体温を上げる」こと。
免疫力は体温を1℃上げると最大5~6倍アップするともいわれています。
体温を上げて免疫力を高めるために、日常の生活習慣で心がけたいことを紹介します。

  • 適度な運動
    体を温め、免疫力を高めるために欠かせないのが運動。
    無理をしないでマイペースの適度な運動を生活の中に取り入れます。
  • 質の高い睡眠
    心とカラダが昼間のストレスから解放されてリラックスするのが睡眠です。
    睡眠中は免疫細胞の働きが活発になり免疫力が高まります。
    質の高い睡眠はとても大切。
  • 入浴や温かい飲み物
    少し低めの温度のお湯にゆっくり入浴し身体を芯から温め
    全身をリラックスさせ免疫力を高めます。
    温かい飲み物で体を温めゆったりと寛ぎます。
  • 笑いとストレスの解消
    落語などで笑うと免疫細胞が活性化するという研究データがあります。
    笑えば血行が良くなり、ストレスの解消にもなります。

 

食生活の見直し

和食

毎日の食事に免疫力を高める食材を上手に摂り入れます。

日本の伝統的な発酵食品、お味噌汁、玄米や野菜中心の食生活=和食
が免疫力を高めます。

後ほど詳しく解説します。

 免疫力アップと腸活

食生活の見直しが免疫力のアップに大きな効果があるのは
免疫細胞の約6割が腸にいるからです。

腸内の免疫細胞を活性化させると免疫力がアップします。
腸内の免疫細胞を活性化させるには、腸内細菌の善玉菌を増やして腸内環境を整えます。
腸内環境が整うというのは悪玉菌より善玉菌が多くて元気ということ。
腸内細菌の善玉菌を増やして元気にするには善玉菌と善玉菌のえさになる食材を摂ります。

なので
免疫力をアップさせるには腸内環境を整える=腸活する
といいのです。

スポンサーリンク

免疫力をアップさせる食材

もう一度整理しますね。

免疫力をアップさせる
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
腸内の免疫細胞を活性化させる
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
腸内環境を整える=腸活する
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
腸内の善玉菌を悪玉菌より多くて元気にする
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
善玉菌を補給する食材と善玉菌のエサになる食材を摂る

ということは
免疫力をアップさせる食材
⇒善玉菌を増やす食材
⇒善玉菌を補給する食材と善玉菌のエサになる食材
ということです。

腸内細菌の善玉菌と悪玉菌とは?

腸内細菌の善玉菌と悪玉菌が度々出てきましたがそれは次のようなものです。

  • 善玉菌
    私たちの体に有益な腸内細菌のこと。
    悪玉菌の増殖・定着を防いで感染予防、有害物質の体外排出の手助けをしています。
    乳酸菌、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェーカリス菌、酵母菌、麹菌など
  • 悪玉菌
    私たちの体に害を与える腸内細菌のこと。
    腐敗物質の生成や老化に関わっています。
    ウェルシュ菌、病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌など。

善玉菌と悪玉菌は常に腸の中で戦っています。

善玉菌が多くて元気にするためには
善玉菌を補給する食材と善玉菌のエサになる食材を摂ることです。

免疫力をアップさせる食材

免疫力をアップさせる食材
⇒善玉菌を増やす食材
⇒善玉菌を補給する食材と善玉菌のエサになる食材
ということでした。

 

善玉菌を補給する食材

発酵食品(乳酸菌、酵母菌、麹菌、酢酸菌、枯草菌、ブルガリア菌などを含みます)
味噌、醤油、お酢、ぬか漬け、キムチ、納豆、チーズ、ヨーグルト

 

善玉菌のエサになる食材

オリゴ糖を多く含む食材(オリゴ糖はビフィズス菌のエサになる)
大豆やゴボウ、アスパラガス、タマネギ、トウモロコシ、ネギ、にんにく、バナナなど

食物繊維を多く含む食材(食物繊維は善玉菌のエサになり悪玉菌と腸内の有害物質を減らす)
食物繊維には

  • 不溶性食物繊維(便の量を増やして腸を動かす)
  • 水溶性食物繊維(便をやわらかくする、善玉菌のエサになる)

があります。

水溶性食物繊維を多く含む食材
野菜類(ごぼう、にんじん、芽キャベツ、オクラ、ブロッコリー、ほうれん草)
豆類(納豆)、いも類(さといも、長芋、こんにゃく)、海藻、きのこ類、果物

免疫力アップ最強の食べ方

「免疫力アップ最強の食べ方」があります。
それは[善玉菌を補給する食材]と[善玉菌のエサになる食材]を一緒に食べること。

善玉菌を補給する食材(プロバイオティクス)、善玉菌のエサになる食材(プレバイオティクス)を一緒に食べることをシンバイオティクスといいます。
これが免疫力アップ最強の食べ方です。

ワタシがやっている免疫力アップ最強の食べ方(シンバイオティクス)です。
ワタシの朝食と昼食は
[キャベツ千切り+生卵+納豆+めかぶ+豆腐+ポン酢]を食べています。

見栄えはイマイチですが腸活、腸内環境は最高です。ダイエットにもなっています。

免疫力を下げない食べ方

免疫力をアップさせる食材
⇒善玉菌を増やす食材
⇒善玉菌を補給する食材と善玉菌のエサになる食材
ということはわかりました。

ところが
いつも善玉菌を含む食材、善玉菌の餌になる食材ばかり食べていることはできません。
免疫力を下げる食材の悪玉菌を増やす食材や体温を下げる食材を食べるときもあります。

悪玉菌を増やす食材

赤身肉などの動物性たんぱく質やインスタント食品、酸化した油、トランス脂肪酸を含む食材など。

体温を下げる食材

穀類ではそば、小麦、果物ではバナナ、マンゴー、パイナップル、梨、柿など
カニ、牡蠣、しじみ、馬肉、こんにゃく、豆腐、バターなど
飲み物では牛乳、緑茶、コーヒーなど

 

悪玉菌を増やす食材や体温を下げる食材を食べる時は
以下のように免疫力を下げない食べ方をします。

  • 加熱調理をする
    ざるそばではなく汁そばにする、ホットミルクにする
  • 体を温める食材と一緒に摂る
    豆腐には生姜やネギなどの薬味を入れる、赤身肉にはにんにくを効かせる
  • 香辛料や香味野菜を添える
    そばには七味をかける、バターを使う料理は香味野菜を添える
  • たっぷりの野菜と一緒に食べる
    インスタント食品にサラダを合わせる、油の多いものには野菜を付け合わせる
  • 体を動かす前に食べる
    果物は夜食べずに朝食べる

こうしてみるとなんとなく以前からやってるねっていう感じがします。
先人の知恵は素晴らしいですね。

 

ここまで免疫力、免疫力を高める2つの方法、免疫力をアップさせる食材と
食べ方を細かく調べてきました。

 

なぜなら、これらの中に
「コロナ禍の今だからこそお客様に喜ばれる企画」のヒントがあるからです。
お客様の健康におすすめする食材や食べ方のヒントがたくさんあるからです。

それでは、そのヒントの中から
「免疫力アップ食材のキャッチコピー例」を考えてみます。

免疫力アップ食材のキャッチコピー5例

免疫力、免疫力を高める2つの方法、免疫力をアップさせる食材と
食べ方を細かく調べてきたことから
「免疫力アップ食材のキャッチコピー例」を
5つ紹介します。

この例を参考に
「コロナ禍の今だからこそお客様に喜ばれる企画」を
考えていただければと思います。

伝統的食材は免疫力アップ食材の宝庫です

味噌、醤油、お酢、ぬか漬け、キムチ、納豆などの伝統的食材には
乳酸菌などの善玉菌がいっぱい!
腸内善玉菌は免疫細胞を元気にします!

 

発酵食品は日本人の体に合った美味しい免疫力アップ食材

 
日本人の口に合う味噌、醤油、お酢、ぬか漬け、納豆などの発酵食品は
腸内善玉菌がいっぱい!
腸内善玉菌は免疫細胞を元気にし免疫力アップさせます。

 

なるほど!免疫力アップの食べ方は発酵食品+食物繊維

発酵食品&食物繊維POP

「免疫力アップ最強の食べ方」は[善玉菌を補給する食材]と[善玉菌のエサになる食材]を一緒に食べる
納豆+オクラ、パン+ヨーグルト、お酒(日本酒、ビール、焼酎、ワイン)+オクラとわかめの酢の物、キムチ+長芋、鰹節+ほうれん草の酢の物、チーズ+芽キャベツ

 

腸活食材は免疫力アップ食材です!

腸活食材=免疫UP食材POP

腸内細菌の善玉菌を増やすと免疫力がアップ!
腸活食材は味噌、醤油、酢、納豆、漬物の発酵食品と野菜、芋、海藻、きのこの食物繊維。

 

元気に!美しくなる!免疫力アップ食材

発酵食品POP

免疫力を高めると元気になって、肌がイキイキします。
味噌、醤油、酢、納豆、漬物の発酵食品と野菜、芋、海藻、きのこの食物繊維は健康と美容に効きます!

---------------------------
コロナ禍でも、どんな時でも、お客様にはニーズがあります。

書いて伝える力POPでお客様を創り出す
書いて伝える力POPでお店を作り変える
書いて伝える力POPで従業員を輝かせる

お客様は創ることができるから
いいお店を作りましょう!
---------------------------

まとめ

免疫力ってなに?

免疫とは何?

免疫とは体内に侵入しよう、あるいは侵入した異物を排除、攻撃するための生体防御のしくみ
免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類があり、私達が免疫力をアップさせることができるのは「自然免疫」

 免疫力を高める2つの方法

生活習慣の見直し
適度な運動、質の高い睡眠、入浴や温かい飲み物、笑いとストレスの解消
食生活の見直し
日本の伝統的な発酵食品、お味噌汁、玄米や野菜中心の食生活=和食
が免疫力を高めます。

免疫力アップと腸活

免疫細胞の約6割が腸にいるから腸内環境を整える=腸活すると免疫力をアップする。

免疫力をアップさせる食材

免疫力をアップさせる食材
⇒善玉菌を増やす食材
⇒善玉菌を補給する食材と善玉菌のエサになる食材

腸内細菌の善玉菌と悪玉菌とは?

免疫力をアップさせる食材

免疫力アップ最強の食べ方

免疫力を下げない食べ方

スポンサーリンク

免疫力アップ食材のキャッチコピー5例

スポンサーリンク