POPの集客力、買上力を高める価値創りと6つのヒント【売れるPOPの書き方講座】

POP

スポンサーリンク

POPを書いているけれどお客様が寄ってこない。
POPを書いてもお客様のお買い上げが増えない。
POPには販促の効果があまりないのでは?

とお悩みのお店は意外と多いものです。

 

「価値創りシート」と「価値まとめシート」を使えば簡単に
POPの集客力、買上力を高めることができます。

 

POP広告クリエイターのワタシがやっている方法で多くのPOPが2倍以上の売れ行きになりました。

 

この記事ではPOPの集客力、買上力を高める価値創りと6つのヒントについて書いています。

 

この方法を実践していただければPOPの集客力、買上力が2倍以上になります。

スポンサーリンク



集客力、買上力のあるPOP3つのポイント

分かる・伝わる・感じるPOP

集客力、買上力のあるPOPって何でしょう?
お客様が集まるPOPじゃないの?
売れるPOPじゃないの?

 

集客力、買上力のあるPOPには次の3つのポイントがあります。

  • メッセージのあるPOP
  • お客様に分かる・伝わる・感じるPOP
  • お客様に行動を起こさせるPOP

この3つのポイントがはっきりすると集客力、買上力のあるPOPになります。

メッセージのあるPOP

お店、販売員のメッセージが入っているPOPがメッセージのあるPOP。

 

「ぜひこの商品をたべてみてほしい、ほんとに美味しいんだから!」
「他のお店にはない商品をわかってほしい、美味しい、歯ざわりがいい、粘りがある」
「こちらの商品を買ってほしい、ちょっと高いけれど品質がぜんぜん違う」

 

メッセージとはお店、販売員の思いや目的、意図です。

 

お客様に分かる・伝わる・感じるPOP

お客様に分かる・伝わる・感じるPOPとは

  • お店、販売員のメッセージが入っていると「分かる」POP
  • お店、販売員のメッセージがどういうことかと「伝わる」POP
  • お店、販売員のメッセージに共感する「感じる」POP

です。

お客様に行動を起こさせるPOP

POPのメッセージがお客様に分かり・伝わり・感じてもらい目指すのはお客様の行動です。

 

お客様がお店に集まる、コーナーに集まる、商品の前に集まる
商品を手に取る、商品を比較する、商品やサービスを買う
という行動です。

 

最終的に集客力、買上力のあるPOPはお客様に行動を起こさせるPOPです。

スポンサーリンク

「価値創りシート」と「価値まとめシート」

集客力、買上力のあるPOPを作るのは簡単です。

 

POPのメッセージがお客様に分かり・伝わり・感じてもらい
「行動する価値あり」
と思ってもらえばいいんです。

 

それは「価値創りシート」と「価値まとめシート」を使えば簡単にできます。

たったこれだけ「価値創りシート」「価値まとめシート」

これが「価値創りシート」
ただのタテ4列、ヨコ4の16マスのシートです。

最上段の4マスには基本情報4つを書き入れます。
基本情報とは品名やサービス名、メーカー名や産地名、販売単位、価格などです。

 

残りの3段12マスには1マスに1個、価値を書き入れます。
価値とはその商品やサービスがお客様にもたらすベネフィット(利益)です。

 

簡単に12マスが埋められたらマスをもう1段か2段増やしてください。
よくよく考えないと埋められないのが「価値創りシート」のいいところです。

 

なかなか埋められない時には次項の価値創りの6つのヒントが役に立ちます。

 

全部のマスを埋めることができたら12マスのベネフィットを似たものでグルーピングしていきます。
4グループくらいがいいと思います。

 

その中から「価値まとめシート」にまとめていきます。
「価値まとめシート」は4段になっています。


各段には次のようなキーワードやフレーズを書き込みます。

  • 最上段:アイキャッチ
    最も注目・関心を呼ぶ短いキーワードをアイキャッチにします。
  • 2段目:キャッチコピー
    最もお客様の心に突き刺さるコピーをキャッチコピーにします。
  • 3段目:サブコピー
    いくつかのベネフィットをまとめてキャッチコピーを補完強化するサブコピーにします。
  • 最下段:基本情報
    品名やサービス名、メーカー名や産地名、販売単位、価格など。

「価値創りシート」をなかなか埋められない時の6つのヒントを次項で解説します。

価値創りの6つのヒント

「価値創りシート」をなかなか埋められない時に探す6つのヒントがあります。

 

  • お客様から言われた一言を思い出す
    味についての質問や独り言、家族や友人との会話など。
  • お客様の動きなどで気づいたことを思い巡らせる
    必ず商品のある一部を見る、多くの人に一緒に買うものがあるなど。
  • ネットで口コミを確認する
    ネットの口コミはわざわざ書き込むので情報量も多く信憑性がある。
  • 自分以外の人に聞いて回る
    お客様と接点の多い方に聞いたり、自分なりの使い方、食べ方を聞いたりする。
  • メーカーや取引先、産地の方から聞く
    メーカーや生産者ならではの情報、苦労話、秘話は感じる情報になる。
  • ネットで調べる
    情報量はネットが一番豊富で未知のことが多い。

以上の情報源から価値を調べれば「価値創りシート」を簡単に埋められます。
また力のある情報が得られます。

お店、販売員、お客様が育つ仕組み

「価値創りシート」をなかなか埋められない時の6つのヒントを示しました。

 

なかなか埋められない「価値創りシート」を埋める作業がとても大切なんです。

 

「価値創りシート」を埋める作業が私達の
お客様目線、お客様期待価値、お客様ニーズに
気づく、近づくことに役立ちます。

 

販売員が
お客様を観るようになり
お客様に関心を持つようになり
お客様の気持ちが分かるようになり
販売員が育ちます。

 

販売員が育ち
メッセージがあり、分かり・伝わり・感じるPOPがあるお店は
優しいお店に育ちます。

 

私達も知らないメーカーや取引先、産地の方の情報、ネットの道の情報は
私達だけではなく、POPを通じてお客様も育てます。

「価値創りシート」と「価値まとめシート」使用例

石川県には金沢市五郎島地区でとれる「五郎島金時というさつまいも」があります。
その「五郎島金時というさつまいも」の価値創りシート、価値まとめシート、POPを例にしてみます。

「価値創りシート」

五郎島金時の「価値創りシート」では以下の図のようにしました。

五郎島金時「価値創りシート」でのグルーピングは以下の図のようにしました。

「価値創りシート」から「価値まとめシート」に
アイキャッチ、キャッチコピー、サブコピー、基本情報を
まとめていきます。

「価値まとめシート」

五郎島金時のアイキャッチ、キャッチコピー、サブコピー、基本情報を以下の具のように
まとめていきます。

買上力のあるPOP例

五郎島金時の「価値まとめシート」にそってPOPを作成してみました。

POP

いかがですか?
五郎島金時の売り場に近づきたいPOPになったでしょうか?
五郎島金時を買ってみたいPOPになったでしょうか?

 

あなたも「価値創りシート」と「価値まとめシート」を使って簡単に
集客力、買上力のあるPOPを作ってみてください。

 

価値創りシート、価値まとめシートを使った価値創りPOPでお客様は創り出すことができます。

だから
いい販売員、いいお客様が育つ、いいお店を創りましょう。

スポンサーリンク

まとめ:
POPの集客力、買上力を高める価値創りと6つのヒント

集客力、買上力のあるPOP

・メッセージのあるPOP
・お客様に分かる・伝わる・感じるPOP
・お客様に行動を起こさせるPOP

「価値創りシート」と「価値まとめシート」

・たったこれだけ「価値創りシート」「価値まとめシート」
・価値創りの6つのヒント
・お店、販売員、お客様が育つ仕組み

「価値創りシート」と「価値まとめシート」使用例

スポンサーリンク