思わず読んで入店する!集客ブラックボード看板は価値作りシートで創り出せ!

スポンサーリンク

店頭ブラックボード看板で集客を図りたいというお店はたくさんあります。
実際に来店客が増えて売上がアップした、リピーターが増えたというお店があります。

 

一方で
店頭ブラックボードを書いていてもなかなか集客できないお店も中にはあります。

 

店頭ブラックボード看板で集客を図れたお店、上手く行かないお店。
その違いは集客ブラックボード看板にどうしても必要な価値作りができているかどうかです。

 

 

店頭ブラックボード看板は単にメディアです。
チラシやテレビ CM やラジオ CM や雑誌の広告、それらと同じです。
お客様が来店せざるを得ない価値がなければ、どのようなメディアを使っても集客できません。

 

店頭ブラックボード看板で集客を図りたいお店に価値作りの方法をお伝えします。

 

わかりやすいように店頭ブラックボード看板の書き方も例を出してみたいと思います。

 

是非、店頭ブラックボード看板でお客様が集まるお店になっていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク



店頭ブラックボード看板はコストをかけずにお客様が集まる

店頭ブラックボード看板のメリットについて確認してみましょう。
店頭ブラックボード看板にはいくつかのメリットがあります。

店前通行客を次々と入店客に変える店頭ブラックボード看板

店頭ブラックボード看板は見てくれた店前通行客に働きかけて来店を促します。
お客様の注目を引き、関心を持ち、入りたいと思う店頭ブラックボード看板を書くと
来店客をどんどん増やすことができます。
店頭ブラックボード看板はお客様の来店を増やすようになっているんです。

たった1万円未満で年間集客できる店頭ブラックボード看板

店頭ブラックボード看板は1万円もかからずに準備することができます。
ブラックボードは高さ90 CM 幅60 CM くらいのものでも1万円かかりません。
ブラックボードに手書きするボードマーカーは2~3千円もあれば揃えることができます。

ブラックボード看板を書くボードマーカーについての参考記事はこちらをご覧ください。

[ブラックボード看板におすすめのボード、ペン・マーカー、消し方]

1万円くらいで準備したブラックボード看板は1年以上も使うことができます。
店頭ブラックボード看板はほとんどコストのかからない集客方法です。

いつでも色々なお客様に働きかけて来店を促す店頭ブラックボード看板

店頭ブラックボード看板は店前通行客に働きかけて来店を促します。
たとえ定休日でも表示があれば次回の来店をアピールします。
営業時間外であっても営業時間の表示があれば営業時間中の来店を働きかけてくれます。

 

まさに店頭ブラックボード看板は24時間365日働きかけてくれます。
そんな働き者みたことないでしょ!

 

また
店頭ブラックボード看板は簡単に書き換えることができます。

 

出勤前の時間帯のお客様にはそのお客様向けのメッセージを
お昼の時間帯のお客様には昼食を召し上がるお客様向けのメッセージを
夕方以降の時間帯のお客様には夕食やアルコールを召し上がるお客様向けのメッセージを
伝えることができます。

 

対象のお客様に合わせてアピールする店頭ブラックボード看板。
こんなに臨機応変に対応できる集客方法は他にはありません。

 

 

さて
こんなにコストもかからず
店前通行客に24時間365日働きかけ
色々なお客様に合わせて来店を促す店頭ブラックボード看板。

その店頭ブラックボード看板に効果がみられないのはこれが足りないのです。

あなたのお店の価値作り=提供価値=来店する理由です。

店頭ブラックボード看板に効果がないお店はこれを確認してみてほしいと思います。

スポンサーリンク

店頭ブラックボード看板での集客にどうしても必要な価値作り

価値作りが無ければ、どんな集客方法も効果がない

店頭ブラックボード看板は
コストもかからず、店前通行客に24時間365日働きかけ、色々なお客様に合わせて
来店を促すスグレモノです。

 

でも
店頭ブラックボード看板は単にお店からお客様へのメッセージを伝えるメディアです。
それはお客様の求める商品・サービス・価値があるから来店してねというメッセージです。
その商品・サービス・価値に魅力がなければお客様は来店することはありません。

 

その商品・サービス・価値に魅力がなければ
チラシを利用しようが
テレビCMを利用しようが
ラジオCMを利用しようが
雑誌広告を利用しようが
新聞広告を利用しようが
SNSを利用しようが
ホームページを利用しようが
お客様は集まることはありません。

 

なので
店頭ブラックボード看板で集客する時には必ずお店の価値作りが必要なのです。

あなたのお店の提供価値はなんですか?

それでは
あなたのお店のお客様が求める利益・価値は何でしょう?
あなたのお店はお客様の求める利益・価値を提供していますでしょうか?
そしてもう一つ
あなたのお店が提供する価値はライバルより優れたものですか?

 

これがうちのお店が提供する価値で、お客様が求める利益で、他のお店に負けないものです。

はっきりとそう言えるものがなければ、あなたのお店の価値を今一度確認してみましょう。

そのために「簡単!利益・価値作りシート」というものを用意しました。
例を挙げてその「簡単!利益・価値作りシート」の使い方を説明していきたいと思います

「簡単!利益・価値作りシート」を使って利益・価値作り

「簡単!利益・価値作りシート」というのは次のような表になります。
簡単!利益・価値作りシート

縦軸は4つに分かれていてお客様にとって利益(ベネフィット)と思うことです。

  • お客様にとっての価値
    入手した商品・サービスから得られるベネフィット
  • 顧客コスト
    お客様が入手するための費用、手間、時間が少ない
  • 顧客利便性
    お客様が入手しやすい方法、場所、時間など
  • お客様とのコミュニケーション
    お客様に対して有益な情報発信やお客様の声の吸い上げ

横軸はどのような価値の種類かということです。

  • 一番
    ナンバーワン、ファーストワン、オンリーワン
  • 新鮮
    新しい、鮮度が良い、出来たて、最新流行
  • 希少
    人の限定、場所の限定、期間の限定、数量の限定、目的の限定、方法の限定
  • 保証
    時間の保証、品質の保証、人の保証、伝統の保証、産地の保証、原料の保証、製法の保証、手作りの保証、本音の保証、個人名の保証、店長・スタッフの保証、実体験の保証、お客様の保証
  • 権威
    ランキング、人の権威、メディアの権威、第三者の権威
  • 感動
    初めての情報、プロの情報、製作物語、秘話、古人の情報
  • 美味
    美味しい
  • 特定
    特定時間のニーズ、特定場所のニーズ、特定の人のニーズ
  • 美容
    美しさ
  • お得
    お値段以上、リーズナブル、多機能、多価値

 

縦軸と横軸の交わる部分で
あなたのお店が提供する、お客様が魅力あると思う利益で、他のお店に負けないものを
確認していきます。

 

全てのマスを埋める気持ちで考えてみてください。
あらゆる可能性を考えることが思わぬ発見につながります。

 

すべてのマスから、次の三つの観点で選び出します。

  • お客様が最も求めること
  • あなたのお店が最も得意としていること
  • 他のお店が足元に及ばないこと

たった、これだけのこと、簡単ですが何日も考え続けることをお勧めします。

 

なぜなら

  • お客様のニーズを探る
  • 自分のお店の棚卸しをする
  • ライバルの状態を知ることに

つながります。

そして選びだしたものをお店の提供価値としてください。

そうしてできたものを店頭ブラックボード看板に書くとお客様がたくさん来店されます。

思わず足を止め読んで入店する集客ブラックボード看板を作る

それでは例を上げて店頭ブラックボード看板を書いてみましょう。

店頭ブラックボード看板を書く3ステップ

店頭ブラックボード看板を書く3ステップというものがあります。

  • 記入項目を書き出す
  • レイアウトする
  • メリハリをつけて書く

この3ステップに沿って書くといいメリットが多いです。

  • 記入項目を書き出す
    記入項目をリストアップすると漏れがなくなります(書き直ししたくありませんものね)
    全部書き出すと優先順、重要順が見えてきます
  • レイアウトする
    記入項目リストを3分割でラフの下書きをします。
    このラフを完成写真と保存しておくと誰もが店頭ブラックボード看板を書けるようになります。
    また
    「当たった原稿」、「イマイチだった原稿」と反省メモを書いておくと成功率が高まります。

    3分割というのは、横書きならば、上中下段に分けて次のように書きます。
    上段=注目・関心集める=キャッチコピー、アイキャッチ画像・イラスト
    中段=価値を伝えて、来店を促す=サブコピー
    下段=お客様の行動に必要な情報=店名、何屋か、営業時間、定休日、場所案内、対象客、商品・サービス・メニュー、決済方法、追加のサービスなどの基本情報

  • メリハリをつけて書く
    あとはメリハリをつけてブラックボードに書いていくだけです。
    どういう順で見て読んでほしいかその順に強い⇒弱いになります。
    心に留めてほしい重要順で強い⇒弱いになります。
    強いというのは大きい、太い、濃い、刺激色ということです。

 

ここではあまり上手だというのは考える必要がありません。
書いていれば上手くなっていきます。

お客様の求める価値にマッチした、他のお店が提供できない、あなたのお店だけの提供価値がある。
ブラックボード看板の書き方の基本に従って書けば来店するお客様が確実に増えます。

価値作りとブラックボード看板の書き方の例

では
各項目に従って確認していきながら、ブラックボード看板を作り上げていきましょう。

お店の例を以下のように設定しました。

  • 店頭ブラックボード看板で集客を図りたい。
  • できればリピーターも増やしたい。
  • お店は商店街の中にあり人通りは多い。
  • 平日限定の小さなカフェ、近くにコンビニ、目の前に別のカフェ&レストランがある。
  • メニューは健康志向のドリンクが中心、手作りクッキーも販売。

価値作りシート

まず価値作りシートを作りました。
【小さなカフェの価値作りシート】

お客様の求める価値の設定は想像でやりました。
コンビニやカフェ&レストランのライバルが強いので
独自の価値、レベルの高い価値を作り出さないといけません。

選んだ価値はこれ!

  • マイレシピ野菜スムージー
  • テイクアウトカウンターを用意しているのは当店だけ
  • 朝いつもの時間に朝カツスムージーをご用意してます!
  • 朝カツ!ドリンクチケット

記入項目を書き出す

店頭ブラックボード看板の記入項目を書き出します。

レイアウトする

レイアウトは下図のようにしました。

メリハリをつけて書く

ラフレイアウトにしたがってメリハリをつけて店頭ブラックボード看板を仕上げました!
仕上がりは下図のようになりました。

スポンサーリンク

まとめ

店頭ブラックボード看板はコストをかけずにお客様が集まる

店前通行客を次々と入店客に変える店頭ブラックボード看板

たった1万円未満で年間集客できる店頭ブラックボード看板

いつでも色々なお客様に働きかけて来店を促す店頭ブラックボード看板

店頭ブラックボード看板での集客にどうしても必要な価値作り

価値作りが無ければ、どんな集客方法も効果がない

あなたのお店の提供価値はなんですか?

「簡単!利益・価値作りシート」を使って利益・価値作り

思わず足を止め読んで入店する集客ブラックボード看板を作る

店頭ブラックボード看板を書く3ステップ

  • 記入項目を書き出す
  • レイアウトする
  • メリハリをつけて書く

価値作りとブラックボード看板の書き方の例

スポンサーリンク