初心者・新入社員だからこそバカ売れPOP・キャッチコピーが書ける3つの理由

スポンサーリンク

初めてPOPや、キャッチコピーを書くことになってどうすりゃいいのっていう方いますよね。
新入社員とか、初心者、新人アルバイトさんというような方たち。

 

POPは下手でもいいんです!ワタシも下手ですから。
だけど、売れたほうがいいよね!
そのためにはコツがあります。

ワタシ、そのコツを知っています(キッパリ!)

 

初心者・新入社員にはベテランにない強みがあります。
初心者・新入社員だからこそ売れるPOP・キャッチコピーが書ける!
思い切って作ってみよう!売れるPOP・キャッチコピー!!!!

スポンサーリンク



売れるPOP・キャッチコピーの作り方の3つのポイント

売れるPOP・キャッチコピーを作るときには3つのポイントがあります。

  • 心を込めよう
  • とことん調べよう
  • 価値を持たせよう

っていうことです。

それって初心者・新入社員にはスッゴク有利なんですよ。
ホントに~?・・・・ホントですよ!

それぞれ解説していきますよ。

スポンサーリンク

心を込めよう

POPもキャッチコピーも顧客への働きかけ、メッセージだから心こもってないとね。

商品にも売り場にもPOPやキャッチコピーにも売り手の心は現れます。

だから
一生懸命売ろう、お客様に喜んでもらおうとする初心者・新入社員は有利なんですね。

さて、それではPOPやキャッチコピーに心を込める方法は

思いやりの心を持とう

「心を込める方法」は「思いやりの心を持とう」ってどうすればいいの?

いいえ、あなたは素のままでいいんです。
いいえ、素であることが大切なんです。

 

初心者・新入社員は未だ売上を重く考えなくて良いでしょう。
だからお客様の喜びを第一に考えよう!
そう思ってると思う。

 

だから
その心であなたは素のままでいいんです。
素であることが大切なんです。

そうすると
お客様の質問、仕草、言葉にならない思いが見えてくる。
そういうものがすべてお客様の心に響く言葉を生み出すネタになります。

 

例えば
いつも聞かれる「これはどうやって食べればいいの?」
そういうときにはPOPに
「煮物に、麺類にそのまま使えます!私のおすすめは中華味のスープ!」
とキャッチコピーにしてあげるととても喜ばれます。

あるいは
いつもAかBかを迷うお客様がいれば
「Aは~がおすすめ!Bは~がおすすめです」
というコピーはとても親切で喜ばれます。

 

ベテランは売上のことばかり考えてるから、売れるPOP、キャッチコピーが書けないのよ。
お客様への関心が薄れてしまってるから、売れるPOP、キャッチコピーが書けないのよ。
ホントだよ、そうだったもん、ワタシ。

カッコいい従兄弟を思い浮かべよう

POP、キャッチコピーを作る時、あなたの大事な人を思い浮かべよう!

 

お客様が男性客で30代の方が中心だったとする。
それなら、カッコいい親戚のいとこを思い浮かべると思いやりの心持てませんか?
おすすめしたい商品に心こもりませんか?

 

そしたら
いいPOP、キャッチコピーきっと作れますって。

今を楽しもう

初心者・新入社員って失敗していい人たちなんです。
初心者・新入社員ってミスっていい時期なんです。

 

だから
何でも試してやれ!
初めてのことでもやってやれ!
無理なことでもやってやれ!

今を楽しめ!

とことん調べよう

パッケージのメーカーの売り文句をPOP、キャッチコピーに使っても売れないよ。
メーカーの売り文句を使うことで売れたら苦労しないよね。

どうして、そんなこと分かるかって?
やってみたもん、ワタシ。

 

初心者は未だ商品知識が少なかったりするでしょ。
それが強みなんですよ。

何でもわかったような気になってしまうと学びもしなくなるから売れなくなるんですよ。
そうなったもん、ワタシ。

  • 取引先に聞いてみて、幅広い商品知識を教えてくれるから
  • メーカーさんに聞いてみて、開発の苦労や想いが伝わってくるから
  • 生産者に聞いてみて、生産物への愛しさがわかるから
  • お客様に聞いてみて、生の声が聞けるから
  • ネットで調べてみて、予想もしないような情報に出会うから

それらはPOP、キャッチコピー作りの最高の材料なんです。
お客様に「あら~」「まぁ~」「へぇ~」「ホントにぃ~」「ウソッ~」と言わせる情報です。

価値を持たせよう

物が売れるってお客様が買うってことです。

売れた!買って頂いた!って感じ?
売った!買わせた!って感じじゃない。

きっと初心者は売れた!買って頂いた!って思うと思う。

そういう気持ちってとても大切で、初心者はお客様の視点、目線と近い感覚を持ってる。

そういう感覚が
商品の何が価値あることかを見極める。
お客様がどういう価値を求めているか教える。
お客様の潜在的なニーズに気づかせてくれる。

  • 新しいのがいいのか
  • 流行っているのがいいのか
  • 人気なのがいいのか
  • 有名人がすすめるのがいいのか
  • 保証があるのがいいのか
  • ナンバーワンだからいいのか
  • ベスト3に入ってるからいいのか
  • 便利だからいいのか
  • 手間がかからないからいいのか
  • いいことがたくさんあるからいいのか
  • 機能がたくさんあるからいいのか
  • 価格が安いからいいのか
  • お手頃価格だからいいのか
  • コスパがいいからいいのか
  • ピッタリ条件だからいいのか
  • 知ってびっくらポンだからいいのか
  • 感動があるからいいのか
  • 美しさに惚れ惚れするからいいのか
  • なんたって上手いからいいのか

それがわかるのが初心者の感覚なんです。

スポンサーリンク

まとめ

初心者・新入社員は
字が下手でもお客様が読めればいい
レイアウトが美しくなくてもお客様が見てくれればいい
かわいくなくても、オシャレでなくても売れればいいんです。

 

初心者だからこその強みを生かして売れるPOP・キャッチコピーを作ればいい。

そのポイントは

  • 心を込めよう
  • とことん調べよう
  • 価値を持たせよう

です。

それは今日、入社のあなたでもできること。
いいえ
今日入社のあなたが一番できること。

 

そういう人、いっぱい見てきた。
初心者ってスゴイ優秀な時期なんです。

スポンサーリンク