内向型人間には断捨離が運気、人間関係、恋愛、結婚に効果がある

スポンサーリンク

今のワタシはちょっと自由、ちょっとハレバレした内向型人間です。
それは長い間苦しんできた内向型人間の誤解を取り去ったから。

 

今のワタシは内向型であることを自然に話すことができます。
そして負い目みたいなものも感じていません。
むしろどうやって内向的なジブンを活かそうかと思うくらいです。

 

内向型人間がイキイキと生きるために効果的なことのひとつが断捨離です。

内向型人間にとって断捨離が運気や人間関係、恋愛、結婚にどのように効果があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク



断捨離が内向型人間の運気を高める

運気が高まるということはどういう状態だと思いますか?

  • 思いや願いが叶う
  • 苦しみから逃れられる
  • 今の状態が一番いいと思う

今のワタシはそうだと言えます。

ここ1ヶ月でとてもいいことが起こっています。

  • とてもいい先生に巡り会えた
  • ある本を読んで長い間苦しんできた誤解を取り去れたから
  • 次に読んだ本がまたいい本で、2冊続けていい本に巡り会えるなんて
  • 今の自分でいいんだと思えるようになった

 

で、何を断捨離したんですか?

それは「思い込み」です。

  • 世の中は積極人間でないとダメだよ
  • 外向型人間が魅力的だね
  • 友達は多いほうがいいよね
  • 話題が豊富で話し上手、明朗快活が一番!

そういう思い込みを捨てました。

それだけで運気が高まりました。

では断ったのは何ですか?

それは他人からの評価でしょうか。

  • 根暗ですね
  • もの静かな人ですね
  • 話題が少ないね
  • 話しづらい
  • 話してて楽しくない
  • 無趣味なんですね

(たくさん出てくるな~、未だ捨てきれてないかな~?)

まあ、そういうことは気にしないことにしました。

 

何から離れたんですか?

他人軸、他人の価値感でしょうか?

 

他人の評価を断り(止めてくれと言うことではなく受け入れないこと)
ジブンの思い込みを捨て
他人軸、他人の価値感から離れてジブン軸、自分の価値観で生きる。

そうすると生き生きしてくる、重荷がなく自由な、ハレバレした感覚が味わえる。

これを運気が高まるっていうんじゃないかな。

断捨離が内向型人間の運気を高めるのに効果があります。

スポンサーリンク

断捨離で内向型人間は人間関係を楽しむ

毎月、60人くらいの異業種交流会みたいなものに出ていました。

参加する方は立派な方ばかりで、魅力的で、才能や能力が高く惚れ惚れする方ばかり。
一方で落ち込むワタシがいました。
(あの人達のようなプラス面がワタシにはない)

毎回、講演があり学ぶことができました。
本当に為になることばかりで学ばせていただきました。
その後の懇親会が苦痛でした。
初対面の方と話せない、話題が少ない、提供できる情報がない
(ワタシにはどういう価値があるんだろう、人を楽しませるにはどうしたらいいのだろう)

 

また別3人~5人くらいの少人数の会合が毎月ありました。
2時間ほどの会合なんですが1冊の本についていろいろな意見を言ったり、学んだり。

全然苦じゃなかったし、むしろ楽しいという感じ。

ジブンの意見も積極的と思えるくらいはっきりと言える。

先の異業種交流会と何が違うんでしょう?

それは人数と関係性、話題でしょう。

多人数で初対面の方が多く、当たり障りのない雑談は内向型人間には苦手なのです。

内向型人間は自我の関心が内的世界に向いているので内的なものでエネルギーをたくさん使っているのです。

なので
外的刺激:多人数、初対面の人、自分の関心事以外の雑談は心的エネルギーを奪うので内的人間は苦手なんです。

逆に少人数や1対1、気心知れた人、ジブンの関心ある話題には内向的人間は積極的でイキイキと振る舞うことができます。

さて
内向型人間は何を断捨離すると人間関係を楽しめるかというと
人数、関係性、話題の種類を断捨離してください。

具体的には

  • 多人数の会合の誘いは断って、少人数、1対1の会合を選ぶとうまく生きます
  • 初対面の人とは慣れるまでに時間がかかります。初対面でも1対1は気が楽です
  • ジブンの関心の持てる話題で相手とコミュニケーション取れるものを用意しておく
  • コミュニケーションは聞く側でいると気楽です
  • 愛想笑いや社交辞令、リップサービスは全く不得意だから相手にバレバレで気まずくなる
  • そうしたい気持ちを断ち、余計な気遣いを捨て、ありのままではないジブンから離れます
  • 「話題が少ないし、話下手で」と内向的を先に言っておいてもいいんです

断捨離で内向型人間は思いやりのある恋愛ができる

内向型人間は恋愛は不向きということは全く無いようです。

ワタシ自身、過去を振り返るとそう思いますし、モテる人にはモテましたから。

こういう話題は結論が早いです。

  • 内向型人間の恋愛での断捨離は
  • 多人数の合コンは断る、引き立て役になるだけです
    でも1対1のお話タイムは気楽に自分を出せるでしょう。
  • 心のエネルギーを奪う積極的なアプローチは捨て去ろう
  • 受け身であることを受け入れ、無理なアプローチをしようとするジブンから離れよう
  • 気になる人には出たとこ勝負の話題などより共通の関心事を準備、用意しよう
  • 恋愛は1対1の過ごし方が気が楽ですが相手を縛ってはいけません。
    相手の気持を察する感度も高い内向型ですからジブンの思いとのバランスも取ります。
  • 時にジブンの内の気持ちが高まったら、思いつめたら積極的にもいいと思います。
    自分の気持ちに素直になることも大切です。

断捨離で内向型人間はごきげんな結婚を営める

ワタシは内向型人間ですが妻は外向型人間です。
正反対って言ってもいいくらいです。

じゃあ内向型と外向型はうまく行かないということはなさそうです。
なんとなく、ワタシはうまく行ってそうだから。
(独りよがりで、さらに思い違いかもしれませんが)

結婚で断つこと

  • 不必要なシングルという偏見などの世間の目、配偶者がいてまともという社会の価値観
  • 結婚で捨てること
    不適切な愛のない未練、嫉妬などの相手への思い、価値観の押しつけ、経済的・心理的依存
  • 結婚で離れること
    自分を押し殺すジブン、ジブンらしくないジブン、依存しようとするジブン、現状に甘んじるジブン

それぞれが
不要・不敵な何かを捨てて
それでも大切な何かを守り
ダイヤがダイヤを互いに磨くように
成長して輝く関係がごきげんな結婚ではないかと思います。

まとめ

内向型人間は自我の関心が内的世界に向いているので内的なものにたくさんエネルギーを使っているのです。

なので
外的世界との関わりには多くのエネルギーを割くことができないのです。

そういう内向型人間の外的世界との関わり方(エネルギーの使い方)は「選択と集中」です。

選択と集中は断舎離するということです。

ジブンにとって負担以上の刺激を断つこと
ジブンにとって無駄な刺激を捨てること
そうすることで
今、ここにいるジブンに合ったものが見えてくるということです。

刺激とは
目に見えるモノに始まり
耳から入る音
鼻で感じる匂い
触れる感触
味という食べ物の他にも
ヒト、意見、評判、思い出、不安、関係性、考え方、価値観といったものがあります。

スポンサーリンク

そういう刺激を
いま、ここにいる、ワタシという基準で
不要・不適・不快な刺激を捨て
必要・適当・快適な刺激を選び出し
成長し続ける。

これが内向型人間の断捨離です。

ワタシが自身を内向型人間でいいのだと思わせてくれた本の紹介記事はこちらです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「内向型人間だからうまくいく:超要約!3ポイント読書法」
https://urupop.com/2020/04/03/naikougataningendakaraumakuiku/

スポンサーリンク