内向型人間だからうまくいく:超要約!3ポイント読書法

スポンサーリンク

ワタシ 内向型人間です。

これまでなんとなく
それは良くないことだと思ってました。

でも
この本を読んでそう思わなくてもいいと考えるようになりました。

ちょっと晴れ晴れした感じ!  ちょっと自由になれたって感じ!

あなたが内向型人間だったら読んでみるといい。

きっと
それがわかる。

この記事を読めばポイントはつかめます。

でも
きっと読みたくなる!

だって
あなたも 内向型人間だから。

 

 

超要約3P読書法は

  • 先に本に求める課題を決める
  • 気になるキーワード・フレーズをピックアップする
  • 3つのポイントにまとめ課題の答えをだす

という読書法。

 

取り上げる書籍は

内向型人間だからうまくいく/カミノユウキ【1000円以上送料無料】

価格:924円
(2020/4/3 11:54時点)

書名:内向型人間だからうまくいく

著者:カミノユウキ

出版社:祥伝社

価格:840円+税

まずは巻頭の「内向型診断テスト」 やってみてはいかが?

ワタシ バリバリの内向型でした。

 

大まかに章立ての紹介です。

  • 第1章内向型の性格は直さなくていい
  • 第2章内向型を知る
  • 第3章内向型人間が働きやすくなる方法
  • 第4章人間関係をスムーズにする方法
  • 第5章内向型を強みにする仕事編人間関係編
  • 第6章自分を知り自分を受け入れるために
スポンサーリンク



【この本に求める課題設定と答え】

内向型人間がうまくやるにはどうしたらいい?

スポンサーリンク

【この本の課題設定の答え】

内向型人間は内向型を受け入れる、内向型の特徴を知る、内向型のやり方で活きる。

スポンサーリンク

【課題の答え3つの要点】

内向型人間は内向型を受け入れるとうまくいく

ひらめく動作

内向型人間は内向型のままでいいと思うことがうまくいく方法です。

内向型と外向型の違いは長距離ランナーと短距離ランナーの違い

サッカーに人気があったってラグビーに向いてる人はラグビーするほうが楽しい。
外向型の人が世の中のひとがいいといっても内向型の人は内向型でいるほうが幸せ。

内向型人間は3人に1人

内向型人間は日本で4千万人、たくさんいるじゃん!
少なくとも1人じゃない。
内向型人間は自分が内向型であることから逃げず向き合おう。

イチローや長谷部誠、羽生結弦選手も内向型人間、マハトマ・ガンジーやウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツ、アル・ゴア、マーク・ザッカーバーグも内向型人間である

内向型人間ってスゴすぎるじゃん。
ワタシもすごいかも?
内向的だからって言い訳できなよね。
むしろ内向的ってプレッシャーのかかる才能かも?

内向型人間は内向型の特徴を知るとうまくいく

内向型人間はエネルギーが減りやすい
内向型人間は友人・知人の基準が厳しいので少ない、少人数、1人、孤独を好む。
内向型人間は無口なのではなく初対面の相手との会話や関心のない形式的な雑談が苦手。
内向型人間は電話よりEメールの方が気が楽、マルチタスクは苦手。

内向型人間はなぜエネルギーを消耗しやすいかって考えてみた。
きっと外から見て大人しいように見えて、実は内面ですごいエネルギーを使っているんだと思う。
気疲れっていうのかな。
だから外に向かうエネルギーが少ない(大人しい)ように見えるんだと思う。

内向型人間は脳の神経回路が複雑で長い

内向型人間は集中するまでに時間がかかる、思考の切り替えに時間がかかる。
内向型人間は思考が遅いのではなく考えることが多い、じっくり考えてから話す、慎重に行動する。

とっさの判断というのは本当に苦手です。
頭の中が真っ白になる。
あれこれ考えて、迷って、迷って、優柔不断だと思います。

 

でもどう対応するかが事前に整理できていると驚くほど冷静に即応できるのは不思議。

 

こういう事がありました。
スズメバチに刺されたお客様がいてパニックになり対応できずオロオロしたことがある。
その後ワタシが対応マニュアルを作成した。
そうすると
次の時には同じ人間とは思えないくらい冷静にテキパキと対応指示できた。

その時思った。

ジブンという人間がよくわからん。

内向型人間はドーパミン感受性が高く、副交感神経が優位

内向型人間は刺激を求めなくても満足できる。
外向型は10の経験から10個の感動を得るが内向型は1つの経験から10個の感動を得る
内向型人間は根暗でネガティブな人ではなく、小さな幸福をたっぷりと味わえる。
内向型人間は副交感神経が優位なので冷静。

ワタシの場合
妻と一緒にキッチンに立って料理をして子どもたちの話してる時間。

会社を出たらすごく綺麗な夕焼け、ありふれた夕方の街の喧騒。
こういう時に、しみじみと幸福感を味わうということでしょうか。

大騒ぎ、楽しい飲み会っていうのは苦手だな~。

内向型のやり方でやるとうまくいく、内向型人間が活きる

内向型人間のエネルギーの源泉は内にある

内向型人間は自分の興味、希望、欲求、価値観を大切にしないとやる気が出ない。
内向型人間が相手を理解する能力が高いとはいえ自分の価値観を裏切ってはいけない。
内向型人間に大切なのは自分が今何を求めているのか、何をしたいのかを見極める。
愛想笑い、社交辞令を止め、深い質問、WHATよりWHYの質問で共通の熱いテーマを求める

内向的なジブンの過去を振り返ると心当たりがあります。

このままこの会社に在籍していれば経済的な将来は安心だし、仕事は楽だし
なのに、なぜ辞めた?
自分の価値観に合わなかったから、生きてる感じのしない仕事だったから。

内向型人間はエネルギーを大切に使う

内向型人間はエネルギーの消耗を防ぐために7つの刺激に注意する。
1 音、2 予定、3 人付き合い、4 思考、5 食、6 選択、7 光り(視界)
愛想笑い、社交辞令はエネルギーの無駄遣い
仕事は時間的余裕のある計画性を持つ、服装や食事はルーチン化、余計な思考を排除するために書き出す。
内向型人間は刺激に疲れやすいが1人でいるとエネルギーが回復する。
瞑想や軽いストレッチ、入浴が有効。
何もしないという予定を入れておきエネルギー補充する

近頃のワタシは自然に快適な環境に自分を置こうとしてるみたい。

クラシックを聞きながら仕事していて、とても気分がいい。
朝食、昼食は考えるのが面倒でルーチン化してしまう。だけど飽きる時もある。
着る服も全くルーチン化してる。
考えなくていいから楽です。

内向型人間は自分にとってプラスになるものを選択し絞る

内向型人間は疲れやすいので選択と集中をした方が良い。
パレートの法則(成果の8割は2割の人やモノによって生み出されている)を活用する。

選択するものは

仕事

関心のある自分にとって価値ある仕事しかしない
ウォーミングアップ短縮化のために仕事は細分化
ウォーミングアップ不要の雑用でウォーミングアップして本来の仕事に取り組む

時間

ウォーミングアップに時間がかかる内向型人間は時間を細かく設定しない。
加速するには時間がかかるけれどトップスピードは誰にも負けない。
重要な仕事は朝方の刺激の少ないエネルギーの残っている時間帯にこなす。

予定

何でも引き受けない
何もしないという予定を入れておきエネルギー補充する
内向型人間の予定の入れ方のポイント
・その予定は楽しいものか
・自分にとって自分にとってメリット価値はあるか
・予定をこなすエネルギーは残っているか

分野

マルチタイプではなく分野を絞ったプロフェッショナルを目指す。
好きな分野への選択と集中をする。
自分の望みを整理して一点集中させる。
内向型人間は選択と集中によって本当に大切なものが理解できる。

人間関係

多人数 ⇒ 少人数 ⇒ 1対1
少数の気の合う友人とだけ付き合う。
興味のある分野のサークル・コミニティーに入り1対1の人間関係を築く。
人間関係は量より質、友人・知人の数は少なくとも深い関係が築かれていれば問題ない。
興味がない相手とは付き合う必要はない、友人が少ないからといって不安なることはない。

ワタシにとって、この言葉で一番、気持ちが楽になりました。
無理に逆のことをしなければとジブンを追い詰めていたのですから。 

コミュニケーション

コミュニケーションは投資:得になると思えばやればいい、思わなければやらない。
聞くコミュニケーションに力を入れる。
社交辞令は不要、質問はWHATでなくてWHY、価値観や考え方を探る深い質問を楽しむ。
コミュニケーションの量を絞ってコミュニケーションの質を高める。
周囲に合わせる振りをしない、愛想笑いをしないで素直に表情に出す。

内向型人間は選択したものに集中する

内内向型人間はスピードも仕事の質も非常に高いがそのためには自分の望むペースとやり方で進める。
最も大事なことは集中できる環境を作ること。
空間:静かで雑然としていなくて人のじゃまが入らない
時間:ゆったりしたまとまった時間配分
準備:計画、アウトプット、インプットに十分な時間をかけ周到なものにしておく
段取り:パレートの法則で優先順位を押さえておく

以前セミナーで大失敗したことがあります。
そのセミナーは何度かやってきていて、そのときは少しやり方を改善しようとしていました。
いつもは話す内容の一言一句のセミナーの原稿を作ります。

その時は時間がなくて過去の原稿のパッチワークで1回だけの事前練習でした。
数回セミナーをやっているのでそれで大丈夫かと思っていたのです。
ところが時間が余りすぎて、新しい試みもうまく行かず大失敗でした。

 

内向型人間はアドリブ、本番ぶっつけ、これはできません。
やはり周到な準備が必要です。

スポンサーリンク