金沢北陸のマイナー観光地の価値創りコピー:金沢港大野からくり記念館

スポンサーリンク

金沢、北陸の観光地といえば
日本三大庭園の兼六園、金沢駅のもてなしドーム・鼓門(つづみもん)
ひがし茶屋街、金沢城公園・玉泉院丸庭園、金沢21世紀美術館
長町武家屋敷跡界隈、近江町市場
有名な観光スポットでしょうか。

その他にも金沢の街なかにもたくさんのマイナーな観光スポットがあります。
また金沢郊外、金沢周辺、北陸には魅力的な観光地がいっぱい!

ーーー金沢・北陸の観光は車で行くと便利さも魅力も数倍アップーーー

滞在2~3日やリピーターの方のために
書いて伝える力、価値創りで創客マーケティングする西村が
金沢、北陸のマイナー観光スポットを有名観光地に押し上げる価値創りを
キャッチコピーで紹介します。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

石川県金沢港大野からくり記念館

石川県金沢港大野からくり記念館のホームページでは以下のように紹介されています。

触って遊べる からくり体験ミュージアム 
石川県金沢港大野からくり記念館

 金沢港の先端に位置し、日本海に突き出すように建つ大野からくり記念館は、金沢市大野町に住み活躍した幕末の科学技術者・からくり師 大野弁吉の業績を紹介するとともに、近代技術のあけぼのを代表する「からくり」の世界を様々に展示しています。実際に触って遊び、「からくり」を体感してください。また、北前船をイメージした内井昭蔵氏設計の建物も是非ご覧ください。

引用元:http://ohno-karakuri.jp/index.html

石川県金沢港大野からくり記念館の
住所、電話番号、開館時間、休館日、入館料金

〒920-0331 石川県金沢市大野町4丁目甲2番29
TEL:076-266-1311 FAX:076-266-1911
E-mail:info@ohno-karakuri.jp
開館時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日: 毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
      (年末・年始12月29日~1月3日)
料金: 大人300円、小中高校生200円
(団体[20人以上]:50円引き)
(障がい者割引:100円引き)

引用元:http://ohno-karakuri.jp/index.html

「目の前を豪華客船やタンカーが通る
      金沢の海の玄関口にある博物館」

引用元:http://ohno-karakuri.jp/news/detail.cgi?id=1551755920

 

金沢港大野からくり記念館は金沢港の先端に位置していますので道路の向かいは港です。
目の前で釣りをする人もいて、こんなに海の近い博物館ていうのも珍しい。

金沢港には年間50~60隻の豪華客船が入港するので間近に豪華客船を見ることができます。
夏場には毎週のように入港してくるので見る機会があるかもしれません。


私も見学に行った時にちょうど大きなフェリーが通っていきました。
こんなに間近に見れてちょっと感激でした。

「北前船をイメージした記念館は
    からくりの中にいるような不思議な空間」

金沢は建築の街と言われています。

金沢21世紀美術館鈴木大拙館などの国内外から高い評価を得た現代建築があります。
城下町として発達した街なかには、歴史的な街並みや建物も数多く存在しています。

この石川県金沢港大野からくり記念館内井昭蔵氏北前船をイメージして設計したものです。

本館の外周は格子状の柱や梁で枠組みされガラス面になっています。
大きな鳥かごの中に入ったような、からくりの内部に入ったような不思議な感覚がします。
上の方が広がるホッパー型空間というらしいです。

エントランスから本館につながる廊下展示といい
曲線の多い子供からくり体験館といい変わった構造の建物は
博物館らしい感じがします。

建物にも興味を持って見ていただけたら、楽しんでもらえると思います。

「誰もが期待を裏切られて
    夢中になる楽しい体験型ミュージアム」

 

誰もが建物の小ささから多くの期待を持たずに入館して裏切られます。

からくりの実演に感心して、木製のからくり(パズルみたいなもの)にハマってしまいます。
子供からくり体験館もあって小学生の子供さんには学びが多い博物館ですが大人も夢中になります。

いえいえ、木製のからくりパズルは大人向けのパズルかも、だって難しいんです!
家族で行ってもハマるのは大概、お父さん。

「パパ!早く行くよ!」
「チョッ、チョッと待って、もう少しだから」
「もう時間ないんだから!パパ!早く行くよ!」

バスの時間や出発時間も忘れてしまうほど楽しめます。

「からくり人形や写真機を作った博学の発明家
          大野弁吉は金沢の誇りです」

 


大野弁吉は京都の生まれの方ですが妻の故郷の金沢市大野町に永住しました。
長崎で理化学、医学、天文学、鉱山学、写真術、航海術を学び、朝鮮にも渡ったと言われています。
からくり人形、写真機、望遠鏡、発火器などを作ったと伝えられています。

展示を見てみると本当に多種多様の才能を持った発明家だったことがわかります。

天才的で学者のような大野は富や名声には全く興味がなかったようで生活は苦しかった。
それでも博識を買われた加賀藩の召し抱えも断り発明に没頭したらしい。
隣町・金石の海の豪商と言われる銭屋五兵衛に経済的な支援をもらっていたようです。

こんなにすごい天才のような人が金沢に住んでいたとは驚きです。

エレキテルで有名な平賀源内は誰でも知っていますが大野弁吉も負けず劣らないといいます。
誇りにさえ思います。

「釣り、学んで遊べる博物館、新鮮魚市場、醤油の蔵、公園
                                                             金沢大野は港パークだ」

 

引用元:http://ohno-karakuri.jp/map/index.html

 

  • 金沢港大野からくり記念館は目の前が海。
    道路の反対側は金沢港で釣りをしている人が数人見られました。
    足場もしっかりしていて、近くの大野お台場公園にはトイレも有り
    女性も子供も気軽に釣りが楽しめます。
  • 子供さんには学んで楽しめる金沢港大野からくり記念館では大人がハマってしまいそうです。

 

  • 金沢港大野からくり記念館から1kmのところには金沢港いきいき魚市もあります。
    ここの魚は市内にある有名な近江町市場よりも新鮮という人もいます。

 

  • その近くの船乗りさん向けの厚生食堂では新鮮な魚料理がとても安く食べられます。
    海鮮丼は1100円でした。
    観光客いっぱいの近江町市場でしたら倍以上します。

 

  • もっと高級なお寿司をと思えば、全国的に有名な「宝生寿し」さんも
    金沢港大野からくり記念館から1kmのところにあります。

 

  • 天気が良ければ海を見ながら、お台場公園でお弁当っていうのも楽しいですよ。

 

  • 大野は醤油の町、金沢の醤油の6割を作っているとも言われています。
    「もろみ蔵」という醤油の醸造蔵を利用したギャラリーや喫茶、特産品売店があります。
    地元ならではの特産品販売や「醤油ソフトクリーム」はほんとに美味しい。
    ここの周辺の街並みも古い建物があって味わいがあるんです。

 

金沢港大野からくり記念館は金沢駅から車で15分くらい。
バスはちょっと不便かな。
金沢港大野では家族でも、カップルでも1日楽しめますよ。
金沢の有名観光地の2日目に、金沢のリピーターにおすすめしたいマイナー?観光スポットです。

スポンサーリンク