カンブリア宮殿の動画に学ぶ!サンキュードラッグ社長の気になる言葉

スポンサーリンク

経済番組のカンブリア宮殿に学ぶことが多く動画を録画してメモをしながら見ています。
現在は成功して順風満帆の出演の経営者の言葉には学びや感動があります。
それは過去の失敗、葛藤、対立、苦難、忍耐といった逆境を受け入れてきているからです。

出演の経営者のお話の中で気になった言葉をまとめてみました。

その言葉に励まされ、勇気をもらい、知恵を学んでいただけたらありがたいと思います。
目指す道をゆく、あなたの元気やヒントになりますように!

スポンサーリンク



地域の健康を守る!異色のドラッグストア
サンキュードラッグ 社長平野 健二(ひらの けんじ)

2019年6月20日 放送の「地域の健康を守る!異色のドラッグストア」
サンキュードラッグ 社長平野 健二(ひらの けんじ)氏の気になる言葉について考えてみたいと思います。

テレビ東京の番組バックナンバーホームページから概要を紹介します。

2019年6月20日 放送
地域の健康を守る!異色のドラッグストア
サンキュードラッグ 社長平野 健二(ひらの けんじ)

今、コンビニを猛追するドラッグストア。その市場規模は7兆円を超えるとまで言われる。
そんな中、業界が注目する”異色のドラッグストアチェーン”がある。その名は「サンキュードラッグ」。
スーパー並みの食品の品ぞろえは当たり前、杖や手押しカート、グラウンドゴルフのグッズまで高齢者の必需品も並ぶ。目指すのは”地域のかかりつけ薬局”。半径500mごとの超高密度出店、管理栄養士が客の食事や運動をサポート、さらに敷地内にクリニックなども誘致する。地域を元気にする、その人気の秘密に迫る。

引用元:https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2019/0620/

スポンサーリンク

サンキュードラッグの特徴を表すキーワード

サンキュードラッグは北九州市、下関市で73店舗、230億のドラッグストア。
サンキュードラッグの特徴を表すキーワードを挙げ解説したいと思います。

「超地域密着店」

ステッキ、グランドゴルフ、シルバーカーなど高齢者に必要なものを品揃えする。
多くのドラッグストア同様、地域のかかりつけ薬局として調剤薬局を併設する。

「超」がつくと特徴になります。
独自性に繋がります。
ただし簡単ではありません。
在庫が増え投下資本利益率、坪当たり売上高などの効率が悪くなりロスも生まれやすくなります。
独自性を高めることは一方で効率を下げることがあります。
それを解決するためサンキュードラッグは様々な収益化を行っています。

「地域の健康を守るドラッグストア」

管理栄養士を起きスマイルクラブで地域の健康を介護保険でサポートしている。

人口減少、高齢化で人口密度は低くなり、商圏人口が少なくなります。
店舗の存在には厳しい環境になります。
その地域で生き残っていくためには売上や利益を確保しなければなりません。
その方法が商圏内の消費金額シェアを拡大することです。
ドラッグでの消費金額に食品スーパーでの消費金額、介護消費金額をプラスしていけば店舗として存続できる可能性が出てきます。

「医療モール」

ドラッグストアの敷地内にクリニックや高齢者住宅を誘致する。

医療モールという考え方も人口減少、高齢化に対応し店舗としての生き残り策です。
人口減少、高齢化で店舗、クニックが存続できなくなると住民の流失が加速します。

医療モールはドラッグストア、薬局、食品スーパー、クニック、健康増進クラブが集積です。
ワン・ソトップで集積すれば高齢者にも便利で街の魅力も高まり地域社会が存続できます。
店舗もクニックも健康増進クラブ企業として利益を上げやすくなり存続できます。

そして
高齢者住宅も誘致し集積してくれれば医療モールの存続も盤石なものになります。
これは人口減少、高齢化で地方が消滅していく日本社会の課題解決のヒントになります。

「高密度出店」

都市部の高齢者は生活の80%が半径400 M 内で解決する。
高齢者が歩いて来店できる店として1 km圏内に高密度出店している。

「生活の80%が半径400m内で解決する」ということは生活消費金額の80%を半径400m内で消費するということです。

生活消費金額の80%の市場規模で店舗が存続できれば半径400m内で高齢者が80%生活できるということです。

半径500mに生活の80%を解決する店舗があるというのは高齢者にとってはありがたい環境です。
1 km圏内に高密度出店といえば都市部のコンビニの商圏です。
歩いて10分弱、50cm歩幅で1000歩、往復2000歩の歩きは高齢者にとっても健康に良い距離です。

またこれだけの高密度出店では競合店が入り込むことはできません。
競合がすべて消費者のためになるわけではありません。
競合が起きてどちらの店舗も存在できずになくなるより生活を支える店舗が1店あればいい。
そのほうが消費者、高齢者にとってはあリガたいのです。

「6時から9時の高齢者バイト」

6時から9時の高齢者バイトを時給880円で採用しています。
それで高齢者ユーザーの声が社内に取り込める」

高齢者に雇用環境を提供することは高齢者が豊かに、健康に生きることにも繋がります。
サンキュードラッグさんもまた最も身近なメインとする顧客のニーズを取り込むことができます。
サンキュードラッグ 社長平野 健二がすごいのは何か一つすることが2つ以上の効果をもたらすということです。

高齢者に雇用環境を提供するということに

  • 高齢者が豊かに、健康に生きる
  • 会社は良質な労働力を比較的安価で確保できる
  • 顧客のニーズを取り込める

という3つのメリットがあります。
社会的にこれほど効率の良いことはありません。

医療モールにしてもそうです。

  • 高齢者に便利な医療、生活環境の提供
  • 店舗、クリニックの経営の安定化
  • 良質な社会資本の維持

というメリットがあります。

「人口減少、高齢化だから急成長できた」

人口減少✕高齢化=サンキュードラッグの急成長

経済番組に出演する経営者には特徴があります。

  • 若い
    実年齢よりも若い方が多いです。70代80代の方がバリバリでやっています。
  • マイナスに活路を見出す
    マイナスとマイナスを掛け合わせて掛け算にして大きな成果をあげています。

「ご相談ポイントカード」

販売員に相談すると5ポイントもらえて5円の金券になる。

顧客のニーズを吸い上げるのには優れた方法です。
顧客にニーズを活かすには3つの段階があります。

  • 顧客のニーズを収集する
  • 顧客のニーズを共有する
  • 顧客のニーズを活用する

「ご相談ポイントカード」は顧客ニーズを活かす3段階の「収集する」に大いに役立っています。

「潜在需要発掘研究会」

全国30社1942店舗が参加する商品の新たな価値を発掘する勉強会。
サンキュードラッグが毎月主催し145回にも及ぶ。
例として歯にひっつきにくいガムを入れ歯洗浄剤コーナーに持って行って販売数を伸ばした。

中小に顕在需要というのはありません。
顕在需要があったとしても、大手や同業他社との取り合いになり中小は負ける。
潜在需要を発掘するところにこそ中小、地方の活路がある。
中小、地方はそこに知恵を絞り生き残り続けねばなりません。

スポンサーリンク

サンキュードラッグ 社長平野 健二の気になる言葉

「会社の目的は利益を出すことではなく、地域の役に立ち続けること」

地域の役に立ち続けることは大義です。
大義には人は思いもかけない力を発揮できます。
大義は他人を共感させることができます。
大義は人々をチームにして大きな有益なことを実現します。
地域の役に立ち続けるために利益も必要になってきます。

「自分ならこうできるを諦めずに繰り返し、役に立ち続けて存続すること
地域に商品、サービスを提供し従業員に安心を提供する」

地域、顧客、従業員を大切にすることを使命として自分なりのやり方で諦めずにやる。
シンプルですが王道です。
難しいことを考えずにシンプルにやればいいのだと教えられました。

「都心はお客がたくさんいて 大手は売れるもの欲しいものを分かりやすく見つけやすくする。
お客と商品を引き合わせるマッチングさせるのが私たちの仕事。
小さい店はお客様に「どうですかこれ便利ですよ」と言ってあげないといけない。
我々はお客が気づいていないものを見つけてたくさん売れるものをどれだけわかりやすく並べるかが勝負。」

大手は売れるもの欲しいものという顕在需要の商品を分かりやすく見つけやすくする。
小さい店は顧客さえも気づかない潜在需要を探り出し「どうですかこれ便利ですよ」と提案する。
それをできなければ生き残れない。

「小売業は何をする仕事なんだろうというと相手の困っていることを解決してあげること。
お客は商品に関しては素人、自分の欲しいものはわかっていないことも多い。
プロとして「あなたにはこんなものがあったらいい」と気づいて買ってもらって「あって良かった」と思ってもらえること。」

顧客の気づかない困ったを探り出し、解決してあげることが小売業の存在意義であり喜び。

「全国チェーンは自分の得意なモデルから始まってそれに合うお客に提供する。
私たちは地域に特化するためによそに出さない。
一つの地域にしかないのはそこにしか店が出せないからと言われる。

駅前、住宅地、オフィス街、バスターミナル、病院の前にもある。
私たち中小のローカルチェーンは一つの地域で生活圏を網羅して店舗展開をする。そこが根本的に違うところ。」

全国チェーンは自分の都合(利益を求めて)で出店する。
地域社会が人口減少、過疎化、高齢化で自分のビジネスモデルが合わなくなると撤退する。
そこには地域社会を支える意志はない。

中小のローカルチェーンは地域に根ざし地域を支えるために生活圏を網羅して店舗展開をする。
地域社会を支えることが前提となりビジネスモデルを開発し磨き上げる。
どちらが小売業のあるべき姿なのだろう。

GMS(総合小売業)が不振と言われてから久しい。
小売業のビジネスモデルとか業態とかと言うより先に中心をどこに置くかの考え方がまだ変わっていないからきびしいのではないか。

そう思わせる「サンキュードラッグ 社長平野 健二の気になる言葉」です。

スポンサーリンク