コンビニの便利なイートインスペースは街の価値あるシェアスペース

スポンサーリンク

コンビニのイートインスペースが地方都市でも充実してきました。
特にファミリーマートさんは街なかの店舗でも10席以上を用意しているところもあります。
コンビニには便利サービスが多彩にあります。
多くの人にとってもイートインスペース利用には魅力があります。

 

販売と便利サービス、飲食のハイブリッドな店舗としてコンビニの新しい取り組みです。
なので
コンビニのイートインスペースの利用の仕方には戸惑いや課題が見られます。
もう街のインフラとも言えるコンビニ、その便利なイートインスペースの価値づくり提案です。

スポンサーリンク



コンビニの便利なイートインスペースを街のシェアスペース
として価値づくり

コンビニのイートインスペースが一時的な飲食空間からカフェのようになっています。
テーブルや椅子、照明に至るまで落ち着いて過ごせる空間になっています。
電源コンセントも用意されているところもあり、中にはちょっと迷惑な長居をする方も。

 

一人席では敷居がされプライバシーも少し考慮されているところもあります。
4人席のテーブルでは複数人数で飲食しながらのお喋りも楽しめます。
販売スペースとイートインスペースを仕切って、落ち着いて飲食できるところもあります。

 

この販売と便利サービス、飲食のハイブリッドな店舗としてコンビニの新しい取り組み。
目新しいからかイートインスペースの利用の仕方には戸惑いや課題が見られます。

 

街のインフラとも言えるコンビニ。
そのイートインスペースを街のシェアスペースと考えて価値づくりしたいものです。

コンビニは街のインフラ、イートインスペースは街のシェアスペース

商業施設でありながらコンビニのイートインスペースは公共的なシェアスペースと考えて価値ある利用をしたいものです。

街のシェアスペースですが利用料がかかります。
利用料はコンビニさんに「飲食物の購入」という形で支払います。
イートインスペースにも地代もかかりますし、メンテナンスに費用もかかりますからね。

 

価値ある利用とは具体的にはどういうことでしょう。

イートインスペースの利用目的、利用時間、マナー

イートインスペースですから飲食が目的です。

コンビニにはWi-Fi、コピー、FAX、プリント、スキャン、ATM、切手販売、宅配受付などの便利なサービスがあります。
学習やビジネスでの利用はもちろんOKです。
ですが
利用料金内(飲食する時間内)での利用をお願いいたします。

30分~1時間くらいではどうでしょう。
コーヒー1杯での1時間の学習や、ビジネスでの利用は利用料金を超えているのではないでしょうか。

 

ご近所での会合や町内会の打ち合わせに利用するのもいいですがコンビニの飲み物を購入してほしいものです。
持ち込みは利用料を払わないことになります。

 

全くお買い上げなしの学習やビジネスでの利用も利用料を払わないことになります。

 

昼食時の時間帯はたくさんの利用希望者がいます。
シェアスペースですから譲り合いの気持ちが欲しいものです。

 

飲食をするとテーブルや床を汚したりしますが全くの飲食店ではありません。
シェアスペースとして次の人が気持ちよく利用できるようにきれいにしたいものです。

 

飲食物ですから匂いもありますが店内に立ち込める飲食物の匂いには気をかけたいですよね。

 

一人での利用は一人席で、4人席のテーブルは複数人数の利用者に空けておきたいですね。
だってシェアスペースですから。

 

「コンビニは街のインフラ、イートインスペースは街のシェアスペース」
という考え方があれば価値ある使い方ができるのではないでしょうか。

街のインフラとしてのコンビニ、街のシェアスペースとしてのイートインスペース
とはどのようなものか確認してみましょう。

スポンサーリンク

コンビニは街のインフラ

今では営業時間の見直しが議論され24時間営業でなくなる店舗も出始めています。
でも
従業員の確保も難しいのに、まだまだ多くのお店は24時間年中無休で営業しています。

あまりに見慣れた光景ですがコンビニはもう街のインフラとしての存在になっています。
道路や公共交通機関、電気、上下水道、通信設備、公共施設といったものがインフラというものです。
考えてみるとコンビニは街のインフラそのものです。

  • 水、飲料、食料を提供します
  • Wi-Fiのネット環境もあります
  • 郵便局の一部代わりもしています
  • 深夜のお店の照明は安心です
  • 様々なサービスの拠点にもなっています
  • トイレが有るのもありがたいし一時的な避難場所でもある

インフラというのは災害で水や電気がなくなって初めてそのありがたさに気づきます。
多くの店舗の営業時間の短縮や一斉休業でコンビニのありがたさに気づくのでしょうか?

コンビニの立地はありがたい

コンビニの商圏は店舗から大体半径500m以内の徒歩圏がと言われています。
半径500mというと徒歩10分弱、歩数で1000歩ほどです。往復で2000歩。
街なかであれば10分も歩けばいくつかのコンビニに行けるということです。
ちょうどよい運動になりますし身近なお店です。

 

街の冷蔵庫といってもいいくらいです。
少子高齢化で街なかの人口も減少し、高齢者ばかりになっていてスーパーもない地域は多いです。
いわゆる買い物難民です。
コンビニ1軒あればとりあえずの食品や日用品はコンビニでまかなえます。
ありがたいです。

過疎地域の村では徒歩でとはいかないでしょうが、村に1軒あれば本当に助かります。
北海道No1コンビニのセイコーマートは全体で収益という考えで採算の厳しい地域にも出店しています
本当にありがたい。

コンビニの商品、サービスは便利です

コンビニの商品、サービスは利用者が思っている以上に多彩です。
わずか30~40坪ほどの店舗に多種多様な商品、サービスが集積しています。

商品については
経済産業省の商業動態統計の商品分類表(コンビニエンスストア)によれば以下のようになっています。

引用元:https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syoudou/result-4.html

コンビニ本部の推奨品目数は4800品目,店舗での品揃えは2800品目、毎週100品目の新商品が入荷し、1年の間に70%が入れ替わるといわれています。

すごいの一言、コンビニは新製品のテスト販売の場でもあります。

 

サービスについてファミリーマートさんの例をみれば以下のようなものがあります。

ファミリーマートギフト ネット申込サービス
チケット・くじ
コンサート、演劇/お笑い、ライブビューイングチケット、スポーツ、映画、イベント
レジャー/アート/ミュージアム、チケットよしもと、キッザニア東京・キッザニア甲子園
東京ディズニーリゾート®、高速バス、toto/BIG、数字選択式宝くじ
宅配便・郵便(切手・はがき)・配送・店頭受取
POSAカード・プリペイド
各種カード取扱い、テレホンカード・クオカードなど
各種代金お支払い・ATM・送金・両替
公共料金やネットショッピング代金など
金融サービス
カードローンとクレジットのお支払、国税の納付、コンビニATM、国際送金サービス
Famiポート募金、自動外貨両替機
クーポン発行
マルチコピー機・証明写真
その他
免税店 TAX-FREE SHOP、クリーニング、シェアサイクル、カーシェアリング
スマホ充電バッテリーレンタル
電気自動車(EV・PHEV)用急速充電器
通信講座・予備校・検定料の各種お申込みやお支払い
申込・保険などの各種お申込みや請求
家事代行サービス
コインランドリー
カギ預かりサービス(鍵Box)
JALのマイル
Fit&GO
自治体ゴミ処理券
ファミリーマートのWi-Fi無料インターネット接続

引用元:https://www.family.co.jp/services.html

コンビニが便利なわけです。

コンビニの高効率な運営

コンビニは商品、情報、物流のシステムが高度に発達していて高効率な運営をしています。
イートインスペースも商品をおいた方がいいのか便利な街のシェアスペースとしたほうがいいのか。
これも実験かもしれません。

それでも
人手不足、競争が厳しい環境で多い利益ではないなか効率的に店舗を運営しています。

だから
お店のスタッフにイートインスペースのメンテナンスでコストを掛けてもらうと高効率な運営ができににくくなります。

「飲食物の購入」というイートインスペースの利用料の支払いと金額内での利用を行いたいものです。

街のインフラとしてのコンビニ、街のシェアスペースとしてのイートインスペース
として活用するためにも価値ある使い方をしたいものです。

スポンサーリンク

街のシェアスペースとしてコンビニの便利なイートインスペースの価値ある使い方

コンビニは街のインフラ

少子高齢化、過疎化の社会にあって、コンビニは街の貴重なインフラです。
高齢者、買い物難民が多い街なかにあってコンビニはありがたい存在です。
便利な街のインフラとして価値ある利用をしましょう。

コンビニのイートインスペースは街のシェアスペース

「飲食物の購入」という利用料は必要ですがコンビニのイートインスペースは便利な街のシェアスペースです。
学習でもビジネスでも地域コミュニティー活動でも大いに利用しましょう。
シェアスペースですので一緒に使う方、周りの方、次に使う方への思いやりや譲り合いで気持ちよく利用しましょう。
「飲食物の購入」という利用料は支払い、その金額内で大いに利用しましょう。

スポンサーリンク