個人商店は使えるビジネスフレームワークで的確にセルフ経営改善

スポンサーリンク

いま優れた個人商店の経営者は自ら学んでセルフ経営改善に取り組んでいます。
経営者が経営コンサルタントに求めるのは「考え方」「ツール」「プロセス」の3つだけです。
ビジネスフレームワークを学ぶことでそれらを手に入れることができます。

 

 

自らを客観視し論理的思考ができる経営者はコンサルタントに頼らず経営改善ができます。
別の言い方をすれば
自らを客観視し論理的思考ができない経営者はコンサルントに頼っても経営改善はできません。

 

 

この記事ではマーケティングにおけるビジネスフレームワークのプロセスについて解説します。
それぞれのビジネスフレームワークについては別記事でさらに詳しく解説します。
実際に活用するためのノウハウも加味してお伝えします。
難しく考えると経営改善はできません。

なので
経営改善に難しいことは何一つありません。

ビジネスフレームワークを活用することで経営課題を簡潔に把握することができます。
そして最適な解決策が導かれます。
個人商店がセルフ経営改善される一情報として役立てていただければありがたいと思います。

スポンサーリンク



ビジネスフレームワークがなぜ効果的なのか?

ビジネスフレームワークで経営課題を簡潔に把握でき、最適な解決策が導かれると書きました。
ビジネスフレームワークがなぜ効果的なのかを説明します。

 

経営改善で必要なことが2つあります。

  • 経営者が物事を客観視する
    今までのやり方、考え方にとらわれない、自身を第3者の目で見ることができることです。
    自分自身と自社を客観視できなければコンサルタントなどの外部の人に頼るしかありません。
  • 経営者が物事をシンプルかつ論理的に考える
    シンプルで論理的な思考は効率的に最適な答えを得ることに役立ちます。
  •  

ビジネスフレームワークというのはそれ自体がシンプルで論理的な考え方の枠組みです。

ビジネスフレームワークがなぜ効果的というと
ビジネスフレームワークはシンプルで論理的な考え方を基に作られたツールだからです。

また
ビジネスフレームワークはモレもダブりもないMISIの考え方を基本にしているからです。

 

ですから
ビジネスフレームワークというツールを使うこと自体がシンプルで論理的な考え方になります。

スポンサーリンク

経営改善のプロセスとはツール(フレームワーク)の使い方

ビジネスフレームワークというのは考え方の枠組みで分析の方法というツール(道具)です。
経営改善のプロセスとはそのツール(道具)の使い方です。
ツール(道具)の使い方がわかれば経営改善ができます。

 

 

経営者自身で行う経営改善のプロセスは次のように進めていきます。

  1. 現状把握分析:現状を正確に把握して分析する
  2. 改善方針決定:どのように改善すればよいかを決定する
  3. 実行計画策定:数字につながる実行計画を策定する
  4. 成果改善定着:成果をさらに高め成長軌道に乗せる

このプロセスにビジネスフレームワークを当てはめていきます。

経営改善のプロセスとビジネスフレームワーク

経営改善のプロセスはビジネスフレームワークと連携し以下のような流れで行われます。

① 現状把握分析

⇓❏PEST分析
⇓❏5フォース分析
⇓❏ポジショニングマップ分析
⇓❏マーケティング・ミックス4P・4C
⇓❏3C分析
⇓❏SWOT分析

②改善方針決定

⇓❏クロス3C分析
⇓❏クロスSWOT分析
⇓❏STP分析
⇓❏マーケティング・ミックス4P・4C
⇓❏VRIO分析
⇓❏3つの基本戦略

③実行計画策定

⇓❏5W2H

④成果改善定着

⇓❏PDCAサイクル

それぞれのビジネスフレームワークの簡単な解説は次章で行います。

スポンサーリンク

経営改善のビジネスフレームワーク

それぞれのビジネスフレームワークの詳しい説明はリンクする別記事で解説します。

① 現状把握分析

❏PEST分析

企業の外部環境を統制不能なマクロの視点で環境分析を行うビジネスフレームワークです。Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の4つの要因について分析します。

関連詳細記事はこちら⇓
「使えるビジネスフレームワーク『PEST分析』で的確にセルフ経営改善」

❏5フォース分析

企業の外部環境で準統制可能な業界の構造を分析するビジネスフレームワークです。企業、業界の収益性に影響する5つの競争要因について分析します。

関連詳細記事はこちら⇓
「使えるビジネスフレームワーク『5フォース分析』で的確にセルフ経営改善」

❏ポジショニングマップ分析

ポジショニングはターゲットとする市場において自社、自社の提供する商品とサービスがどのような立ち位置にあるかを確認し、どのような独自の立ち位置を築くかを検討するビジネスフレームワークです。

関連詳細記事はこちら⇓
「使えるビジネスフレームワーク「ポジショニング」でセルフ経営改善」

❏マーケティング・ミックス4P・4C

企業が商品、サービスを提供する4つのマーケティング要素を確認、再構築するビジネスフレームワークです。「何を」「いくらで」「何処で」「どのように」という4つのマーケティング要素は企業側視点から検討する(4P)と顧客側視点から検討する(4C)になります。
現状把握分析における「何を」「いくらで」「何処で」「どのように」というマーケティング・ミックス4P・4Cは確認を行うために使います。

関連詳細記事はこちら⇓
「使えるビジネスフレームワーク『マーケティング・ミックス4P・4C』」

❏3C分析

市場における自社、競合、顧客・市場の3つの視点から置かれた環境を分析するビジネスフレームワークです。
私が使用するフォームは3C分析、クロス3C分析、SWOT分析、クロスSWOT分析がリンクしています。

関連詳細記事はこちら⇓
「ビジネスフレームワークでセルフ経営改善『3C クロスSWOT分析』」

❏SWOT分析

自社の内部環境(手の内にある要素)の強み、弱みと自社を取り巻く外部環境(手の内にない要素)の機会、脅威を分析するビジネスフレームワークです。
私が使用するフォームは3C分析、クロス3C分析、SWOT分析、クロスSWOT分析がリンクしています。

関連詳細記事はこちら⇓
「ビジネスフレームワークでセルフ経営改善『3C クロスSWOT分析』」

② 改善方針決定

❏クロス3C分析

市場における自社、競合、顧客・市場の3つの視点から分析した3C分析から3者の相互の関係を確認し増す。さらに経営やマーケティングの成功の鍵(KFS)を探し出しシナリオを作るビジネスフレームワークです。
私が使用するフォームは3C分析、クロス3C分析、SWOT分析、クロスSWOT分析がリンクしています。

関連詳細記事はこちら⇓
「ビジネスフレームワークでセルフ経営改善『3C クロスSWOT分析』」

❏クロスSWOT分析

自社の内部環境の強み、弱みと外部環境の機会、脅威を分析したSWOT分析から
外部環境の機会、脅威にどのように自社の内部環境の強み、弱みを対応させて
最適な解決策とするかを検討するビジネスフレームワークです。

関連詳細記事はこちら⇓
「ビジネスフレームワークでセルフ経営改善『3C クロスSWOT分析』」

❏STP分析

STP分析はセグメンテーションにより市場の全体を把握し、ターゲティングによりその中から狙うべき市場を決定し、ポジショニングにより競合他社との立ち位置関係を決めるビジネスフレームワークです。

関連詳細記事はこちら⇓
個人商店は使えるビジネスフレームワーク「STP分析」でセルフ業績改善

❏マーケティング・ミックス4P・4C

企業が商品、サービスを提供する4つのマーケティング要素を確認、再構築するビジネスフレームワークです。
「何を」「いくらで」「何処で」「どのように」という4つのマーケティング要素は
企業側視点から検討する(4P)と顧客側視点から検討する(4C)になります。

改善方針決定における「何を」「いくらで」「何処で」「どのように」というマーケティング・ミックス4P・4Cは再構築を行うために使います。

関連詳細記事はこちら⇓
「使えるビジネスフレームワーク『マーケティング・ミックス4P・4C』」

❏VRIO分析

顧客にとって価値があるか?何処もやってないか?直ぐ真似されないか?組織に根付いているか?という視点で自社の強みを検証するビジネスフレームワークです。

❏3つの基本シナリオ(ポーターの3つの基本戦略)

戦略とは長期的・全体的展望に立った闘争の準備・計画・運用の方法。

(三省堂 大辞林 第三版より引用)

戦略という元軍事用語が好きではないので「ポーターの3つの基本戦略」を「3つの基本シナリオ」と言っています。
企業には3つの基本シナリオがあります。自社の優位を保てるマーケティング・シナリオを検討するビジネスフレームワークです。

③ 実行計画策定

❏5W2H

改善方針決定された経営改善シナリオは実行されなくては何の意味もありません。経営改善シナリオが確実に成果をもたらすためのビジネスフレームワークです。

④ 成果改善定着

❏PDCAサイクル

PDCAサイクルは改善方針決定された経営改善シナリオが確実に実行され成果をもたらし、さらに永続的に成果を高めるためのビジネスフレームワークです。

関連詳細記事はこちら⇓
「使えるビジネスフレームワーク『PDCAサイクル』でセルフ経営改善」

スポンサーリンク