使えるビジネスフレームワーク「5フォース分析」で的確にセルフ経営改善

スポンサーリンク

いま優れた個人商店の経営者は自ら学んでセルフ経営改善に取り組んでいます。
経営者は経営コンサルタントから論理的思考、マネジメント理論、フレームワークを
提供してもらい成果をあげることができます。
自らを客観視し論理的思考ができる経営者はフレームワークを学び経営改善ができます。

それはマネジメント理論やフレームワークが簡単に学べるようになったからです。

この記事ではフレームワークの解説よりも実践的な考え方、活用の手順を説明しています。

セルフ経営改善の一情報としてこの記事を役立てていただければありがたいと思います。

スポンサーリンク



現状を分析把握するビジネスフレームワーク「5フォース分析」

5フォース分析はマーケティングにおけるミクロ環境分析をおこなうビジネスフレームワークです。

5フォース分析では業界には5つの競争要因があるとしています。
その5つの要因について分析し業界の収益性や魅力度をあきらかにしようとするものです。

その5つの競争要因とは

  • 新規参入の脅威
  • 同業他社との競合
  • 代替品の脅威
  • 売り手の交渉力
  • 買い手の交渉力

です。

新規参入の脅威は業界への参入障壁の高さを表します。
参入障壁とは規模の経済性の有無、既存ブランドの強さ、法規制などがあります。
参入障壁が低ければ新規参入が多くなり競争激化、収益性の低下に繋がります。

同業他社との競合は同業他社との敵対関係の強さを表します。
敵対関係が強ければ競争は激化し収益性が低下します。
敵対関係の強さは競合相手の数や規模、業界内の規制などによって決まります。

代替品の脅威は既存の商品に対して
よりコストパフォーマンスの高い商品の出現によって
既存商品から代替品への切り替えが起きます。
既存商品を扱う企業は売上の減少、収益の悪化が起こります。

売り手の交渉力は原材料のコストアップ要因となり
収益性の低下に繋がります。
売り手の交渉力は自社の重要度や供給先の切り替え難易度
供給品の独自性などによって決まります。

買い手の交渉力は価格引き下げ要因となり
収益性の低下に繋がります。
買い手の交渉力は買上量のシェア、販売先の切り替え難易度
供給先のブランド力等によって決まります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスフレームワーク「5フォース分析」の活用方法

3C分析表1

3C分析表

5フォース分析がどのようなものかは前章でおわかりいただけたかと思います。

この章では5フォース分析の活用方法について解説します。

「5フォース分析」の活用には「3C分析」の確認項目の中に入れて業界の外部環境を把握していきます。

 

ビジネスフレームワークに「3C分析」というのがあります。
簡単に「3C分析」を説明します。
「3C分析」では市場にあるものをCustomer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」の3つの要素としています。
「3C分析」は3つの頭文字を取ったもので、マーケティング環境を抜けも漏れもなく把握するためのビジネスフレームワークです。

「3C分析」の市場・顧客、競合、自社の3要素それぞれについて
「5フォース分析」の新規参入の脅威、同業他社との競合、代替品の脅威、売り手の交渉力、買い手の交渉力
の面からどのような環境にあるかを書き出していきます。

スポンサーリンク