七草粥を食べる理由や由来を調べて価値づくり、キャッチコピー作り

スポンサーリンク

1月7日はお正月の最終日、8日には松が開けるといいます。

年末年始が終わったらすぐ七草粥、スーパーの青果売り場も大変です。
商品だけを準備してそれで終わりというのではあまりにもお客様不在。
七草粥の価値を知ってもらって楽しんでいただきましょう。

余裕を持って年内に販促計画を組んでおいて商品準備とPOPだけでアピールしましょう。
七草粥はそれで十分お客様に価値が伝わります。

この記事では
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「キャッチコピー例」
七草粥を食べる理由や由来を調べての価値づくり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という形式で書いています。

新年早々、お客様へのご提案にご利用いただければありがたいです。

スポンサーリンク



「は~るよ来い!七草で春を感じる!七草粥」

春の七草

唐の時代(618~907年)になると、人の日(1月7日)に七種菜羹(ななしゅさいのかん)
という7つの草や野菜を混ぜた汁物を食べる風習が始まりました。
体に良い食材をとることで、無病息災を願ったといいます。また、立身出世への願いも込められていたそうですよ。これは1月7日に昇進の取り決めを行っていたことに由来します。

1-2、日本への伝来

この風習は奈良時代に日本に伝わったといわれています。
当時、日本ではお正月に若菜を摘んで食べる「若菜摘み」という風習がありました。

光孝天皇(830~887年)はその風習を歌に詠んでいます。
「君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ」
現代語訳にすると、「あなたのために春の野原に出て若菜を摘んでいると、春だというのに着物の袖に雪が降ってきた」といったところでしょう。この歌は百人一首にも入っています。

また、1月15日には7種類の穀類をお粥にして食べる習慣もありました。穀類とは、米・粟・稗・黍・ミノ・胡麻・小豆です。
平安時代になると、中国の七種菜羹と若菜摘み、7つの穀類を食べる風習が結びつき、現代の「七草粥」の原型になったのです。

引用元:ちゃんと意味がある! 春の七草の由来と七草粥の効能をご紹介
    https://www.hanamonogatari.com/blog/1151/

「あなたに春の予感を感じさせたくて若菜を摘んでいた」という豊かな心は家族を思う母の心にもありますよね。

スポンサーリンク

「今年一年の健康を願って体に優しい七草粥をどうぞ!」

七草粥

唐の時代(618~907年)になると、人の日(1月7日)に七種菜羹(ななしゅさいのかん)
という7つの草や野菜を混ぜた汁物を食べる風習が始まりました。
体に良い食材をとることで、無病息災を願ったといいます。また、立身出世への願いも込められていたそうですよ。これは1月7日に昇進の取り決めを行っていたことに由来します。

引用元:ちゃんと意味がある! 春の七草の由来と七草粥の効能をご紹介
    https://www.hanamonogatari.com/blog/1151/

春の七草は体にもよく、体に優しいお粥でいただく。
無病息災を願うにふさわしいメニューです。

「受験生の合格を願って作る!体に優しい七草粥」

七草粥

唐の時代(618~907年)になると、人の日(1月7日)に七種菜羹(ななしゅさいのかん)
という7つの草や野菜を混ぜた汁物を食べる風習が始まりました。
体に良い食材をとることで、無病息災を願ったといいます。また、立身出世への願いも込められていたそうですよ。これは1月7日に昇進の取り決めを行っていたことに由来します。

引用元:ちゃんと意味がある! 春の七草の由来と七草粥の効能をご紹介
    https://www.hanamonogatari.com/blog/1151/

受験生にとっては人生の節目になる時、合格を願いたいものです。
インフルエンザなどにかからないようにビタミンの多い七草や体の温まるお粥で
大切な時期を健康で過ごしてほしい。

「ご馳走ばかり続いて弱った体に優しい七草粥でリフレッシュ」

七草粥

また、1月7日は「松の内」と呼ばれる期間の最終日にあたります。「松の内」とは1月1日~1月7日をさし、この間を一般的にお正月とします。
お正月はおいしいご馳走を食べる日が続きますよね。七草粥には疲れた胃を休ませる、という目的もあったのです。

引用元:ちゃんと意味がある! 春の七草の由来と七草粥の効能をご紹介
    https://www.hanamonogatari.com/blog/1151/

ご馳走っていうのはコレステロールが多かったり、塩分が多かったりします。
だから美味しいんですが体は弱っています。
七草粥はシンプルですが体に優しくてビタミンなどの栄養もたっぷり
体のリフレッシュにはピッタリです。
明日からの普段の生活に戻るためにはピッタリの食事ですね。

スポンサーリンク

「七草でなくとも新鮮な野菜でいただく七種粥、自然からの命に感謝!」

春の七草

七草粥は七種粥
七草粥は春の七草とは限りません。七草粥のルーツが「七種菜羹」や「七種粥」(前述参照)であるように、もともとは7種類のものであり、春の七草になったのは後世のこと。
春の七草に限らず、7種類の野菜を入れて作る地方や野菜以外の具やお餅を入れて7種類とするところもあります。
春の七草が手に入らなければ、冷蔵庫にあるネギ、ホウレンソウ、ミツバなど、お好きな野菜でOK。できるだけ新鮮な若菜を使うと、自然界から新しい生命力をいただくという本来のコンセプトにマッチします。
そう考えると、気が楽になりますね。せっかくですから、七草粥を楽しんでいただきましょう!

引用元:七草粥の由来と春の七草の意味や覚え方・七草の日はいつ?
    https://allabout.co.jp/gm/gc/220737/

七草を食べ慣れない方も多いでしょう。
苦手な方もいらっしゃるでしょう。
代わりにいつもの野菜を入れても立派な七草粥になります。
型にはまらずとも行事食の本質でマッチしていればいいですよね。

 

スポンサーリンク