売上アップの方法は書店で課題の本を3冊買って読書で脱出する

書店

スポンサーリンク

売上が厳しいことは数字を見れば分かります。
本当に苦しいのは実は解決策が見えないことではありませんか?

 

書店で本を3冊買って読書をすると、その日の内に苦しさから離れて解決策と希望が見えます。

 

私は売上が伸びなくて苦しい時よく書店に行ってビジネス書を興味に任せて立ち読みしました。
書店を出る頃には「よ~し、明日はこれをやってみるか」なんて少しウキウキします。

 

この記事では売上アップの方法として読書のすすめをお伝えします。

 

読書で得られるものには2つのものがあります。
一つはヒントとなるノウハウ、もう一つは自分とは違う視点。
それらが希望になります。

 

この記事を読んだあなたは明日、きっと書店に寄りウキウキとしてきたく帰宅るのでは。

スポンサーリンク



売上アップの方法がない思いつかない

売上が厳しいと思う時はどういう時かというと数字が厳しいということがもちろんあります。
解決策があればこうしようと前向きに考えることができます。
ところが売上低迷を打開する解決策が思いつかないというのが一番苦しいわけです。

 

そういう時って誰にだってあります。

 

よく考えてみてください。
そういう時、きっとあなたはその問題に集中していると思います。
もしかしたら、それだからこそ身動きが取れなくなっているのかもしれません。

スポンサーリンク

困っている自分から距離を置いてくれる読書

まず売上アップの方法が思いつかないのはその問題の中に閉じこもっている事が多いです。
そういう時には一度問題から距離を置いてみると簡単に解決策を見出せることがあります。
例えばどう見ても一本の棒にしか見えないものが横から見ると三角形の板だという場合があります。

 

ところが問題から距離を置く、視点を変えてみるのは簡単そうでなかなか難しいものです。

そういう時には

  • 他人の目で見る
    男性が女性の視点に、親の視点に、子の視点に、友達の視点になってみる
  • お客様の目で見る
    自分で買い物してみる、奥さんの買い物に同行する、通販で買ってみる
  • 新しい自分の目で見る
    セミナーを受講してみる、上司のアドバイスを聞く、本を読む

といいですよ。

自分以外の目になって見ると問題の捉え方が変わってきて解決策が見えてきます。

色々やってみて私にとって一番簡単で手軽だったのが本を読むことですね。
売上が伸びなくて苦しい時、部下と対立して思い悩む時すぐに帰宅できずよく書店に行きました。
ビジネス書を興味に任せて立ち読みして解決のヒントを得たり、自分を反省したりして心が晴れて帰宅したものです。

本を読むと自分とは違った視点のものの考え方ができます。
視点が変わると思いもかけない解決策が見えてくるということになります。

本の中には解決策がいっぱいある

売上があがらない、その打開策が自分にはない、落ち込みます。

すぐ家に帰るのも気が重いので、そういう時いつも書店に立ち寄っていました。
興味に任せてといいますがやはり抱えている問題に関するようなビジネス書を読んでしまいます。
タイトルを見て、目次を見て、ペラペラと中身を見て、少しずつ自分の考え、視点から離れていきます。

ありがたいことに本の世界には自分と似た問題に直面し解決した人がたくさん本を書いています。「あ~そういう考え方があるんだ」「そういう方法もあるなぁ」「ああやっぱり自分の考えがいいみたいだ」と色々な気付きがあります。
解決策となるヒントはいくらでも見つかります。
立ち読みから3冊選んで購入し帰りましょう。

その頃には気分は少し明るくなっています。
3冊の本を買って帰って読めば視点が変わり気分転換になります。
本から解決策のヒントも得られるので前向きな考えに変わります。
そして翌日には解決策と希望を持って問題に取り組むことができます。

 

本についてよく言われることがあります。

「本の通りにやってまく行くようだったら世の中に失敗はない」

私の場合は懲りずにバカ正直にやってみるほうです。
だって自分には解決策な思いつかないのだから。

 

当然うまくいかないことが多いですが必ず何らかの変化がありました。
今までとは違う視点、解決策から事態を打開できたということもありました。

 

よく尊敬する社長から言われた言葉があります。

「とにかくやってみろ!やってみたら1合目には見えなかった景色が2合目で見えるから」

本を読むという山登り、おすすめします。

必ず良い結果が出ます。

スポンサーリンク

まとめ

売上が厳しいことよりも本当に苦しいのは実は解決策が見えないこと。
書店で本を3冊買って読書をすると、その日の内に苦しさから離れて解決策と希望が見えます。
読書で得られるものにはヒントと自分とは違う視点の2つのものがあります。

売上アップの方法がない思いつかない

あなたはその問題に集中しているから身動きが取れなくなっているのかもしれません。

困っている自分から距離を置いてくれる読書

本を読むと自分とは違った視点のものの考え方ができ思いもかけない解決策が見えてくる。

本の中には解決策がいっぱいある

3冊の本を買って帰って読めば視点が変わり気分転換になります。
本から解決策のヒントも得られるので前向きな考えに変わります。
そして翌日には解決策と希望を持って問題に取り組むことができます。

 

「とにかくやってみろ!やってみたら1合目には見えなかった景色が2合目で見えるから」
                               尊敬する社長の言葉

スポンサーリンク