朝礼・スピーチネタ探しは店長の仕事そのものだから困らない

スポンサーリンク

朝礼・スピーチネタ探しに困っている店長さんはいませんか?

朝礼・スピーチネタ探しは店長の仕事そのものですから困らなくていいんですよ。

毎日、仕事がないって困っていないでしょ!

仕事なんていっぱいありますから。

同じように朝礼・スピーチネタなんていっぱいありますから。

 

スポンサーリンク



朝礼ネタなんて仕事と一緒!ルーチンなんだから毎日同じでいいんです

朝礼ネタなんて仕事と一緒なので毎日同じテーマでいいんですよ。

 

だいたい仕事っていうのはその月のテーマはこういうことでって3つぐらいでしょ。

今月の方針は10個あってなんていうことはないですし、10個ある方がおかしい。

その3つを朝礼ネタにすれば全く困らないんです。

 

朝礼なんて今月の目標を達成するためにするのですから、朝礼では今月のテーマについて話す。

最も当たり前のことじゃないですか?

むしろ

今月のテーマについて朝礼では一言も触れずに他のネタ探しするほうがおかしくない?

 

言わなくてもいいことを探さなければならないから困るんです。

言わなければならないことを言っていれば困らないしためになるんです。

今月のテーマ3つについて話すってなったら全然困らないんです。

 

スポンサーリンク

朝礼ネタなんて仕事と一緒!毎日、同じだったら成長が無いので変えます

朝礼ネタは仕事と一緒なので毎日同じテーマでいいんですよと最初に話しました。

多くてもせいぜい3つのテーマでいいんですよ話しました。

 

ところが

毎日同じこと言っていたら部下の人は「また同じ話か」っていうことになります。

 

だから

同じテーマで話すけれども言っていることは毎回違うということが大事なんです。

毎回同じことを言っていると思われたらダメなんです。

最後まで聞いて、これはやっぱりいつも言っているように大事なんだなと思ってもらう。

ここがポイントなんです。

 

なので

朝礼はひとつあるいは3つのテーマを違う表現で話すというのが朝礼のやり方です。

だいたい今月のテーマなんてものは1回話したくらいで腑に落ちるはずが無いんです。

そんな簡単なテーマに取り組むはず無いんです。

 

今月のテーマっていうのは何回も言うべきことなんです。

 

例えば

「今月は客単価を上げて売上を伸ばしましょう」というテーマがあったら

  • 客単価を上げるのは何故か?
  • 客単価を上げるとどういう効果があるか?
  • 客単価を上げる方法には買上個数を増やす方法がある
  • 客単価を上げる方法には平均単価を上げる方法がある
  • 客単価を上げるために買上個数を増やすにはどうしたらよいか
  • 客単価を上げるために平均単価を上げるにはどうしたらよいか
  • 客単価を上げるために気を注意しなければならないことは何?
  • 客単価を上げるとは何を意味するのか?
  • 客単価を上げてお客様が高いと思わないか?買い控えしないか?
  • 客単価を挙げて成功した過去の事例

はい朝礼ネタ10個出ました。

スポンサーリンク

朝礼ネタなんて仕事と一緒!店長は毎日、ちがう歌を歌わなければならない

私が店長だった頃よく言われたことがあります。

「店長は毎日違う歌を歌わねばならない」

それはどういうことかと言うと

「毎日違うやり方新しい方法で仕事に取り組まなければならない」

ということなんです。

 

それを朝礼でいうとどういうことかと言うと

「毎日、朝礼で違う話をしなければならない」

ということなんです。

 

店長だったら仕事で一つ事にあの手この手で考えますよね。

仕事がなくって困る事ってないでしょ。

あの手この手が尽きるって事あるかもしれないけど。

 

その時は店長を辞めるときですよね。

 

あの手この手が出なくなったら辞め時です。

店長が毎日違う歌を歌えなくなったら辞め時です。

店長が朝礼のネタに困ったら辞め時です。

 

そうしたら

朝礼で話さなくてもよくなるから困らなくなります。

 

 

スポンサーリンク