5S活動の進め方で中小店舗の売上と利益に簡単・即効で効果を出す

スポンサーリンク

5S活動は製造業・サービス業などの職場環境の維持改善活動です。
今では建設、物流、小売流通、サービス、事務、営業、病院、介護など多くの業種が
取り組んでいます。

小売業において売上と利益が簡単・即効で上がリ出す5S活動の進め方について
私の経験を基にヒントを差し上げたいと思います。

スポンサーリンク



5S活動について簡単に確認しましょう

5Sというのはご存知と思いますが整理、整頓、清掃、清潔、躾のことです。

もっと簡単にすると

  • 整理:捨てる
  • 整頓:決めて戻す
  • 清掃:掃除する
  • 清潔:保つ
  • 躾:守る

ということです。

スポンサーリンク

5S活動の進め方:セットアップ

5Sができていない状態から5Sができている状態にする最初のステップです。
初めて店長として着任したお店で5Sをスタートさせるというような場合です。
私が5Sの効果と重要性に気づいたのはまさにそういうときでした。

 

何でもがそうですが

改善活動を始めるときには抵抗は必ずあるものです
その改善活動の前後のレベル差が大きいほど抵抗も大きくなります。
ただ、5Sについては改善後は誰しも恩恵を受けるのでやっっちゃえでも行けます。

 

5S活動の進め方:セットアップでは

最初に行う活動(後にリセットもありえますが)

整理:捨てる整頓:決めて戻すを行います。

整理:捨てる

不要品が多いのでどんどん捨てます

 

不要だなと思っていてやらなかった部下は反対もなく協力してくれます。
一緒にやれば間違って必要なものを捨てることはないです。

 

新任店長はこれまでの柵がないのでどんどん捨てることができます。
現状に甘んじていた部下にはできないので店長率先でやります。

整頓:決めて戻す

定位置を決め戻すということです。

これも実行してしまうと恩恵が大きいのでやっちゃえで進めていきます。

 

ただし

最も抵抗のあるのが定位置を決めるということ

この定位置では都合が悪いという声が後から出やすい。

 

そこで定位置決めは部下の判断に従って行います。

 

そのほうが戻すことを守ってもらいやすいからです。

「あなたの言ったとおりに定位置を決めたのだからきちんと戻しなさい」って言えます。

 

5S活動の進め方:キーピング

5S活動の進め方:セットアップでは

「整理:捨てる」で不要なものはなくなりました。

「整頓:決めて(戻す)」でどうするべきかが決まりました。

大切なのはキーピングですが自然にキーピングされます。

 

それは

一度「整理:捨てる」すると不要品が不要品として見えるようになるからです。

 

また

一度「整頓:決めて(戻す)」すると戻さざるを得なくなるからです。

万一「整頓:決めて(戻す)」がうまく行かない場合はリセットが必要なときです。

 

残りの「清掃:掃除する」「清潔:保つ」「躾:守る」についてお話します。

清掃:掃除する

掃除することについては余り問題ないかもしれませんね。
掃除もしないような部下にはかなり厳しい評価をしなければなりません。

 

なので

掃除をするのは時間を掛けて改善することができます。

 

大切なのは

掃除をする範囲を拡大し、レベルを高めること。

そういう気運を作ること。

それは店長の率先垂範しかないですね

 

掃除ってキリがないですから、どこまでやるかっていうのがポイント。

 

それは

掃除をする範囲を拡大し、レベルを高めること。

どこまで

お客様満足をする範囲を拡大し、お客様満足のレベルを高めること。

 

お客様満足が得られる範囲・レベルまでということです。

お客様満足が変わらない範囲やレベルまですることはありません。

清潔:保つ

「清潔:保つ」というのは整理・整頓・清掃を維持するということです。

何もしなくていいですね。

 

 

「整理:捨てる」はほぼ1回きりか、年に1回大掃除をするくらいでいいですし

「整頓:決めて戻す」、「清掃:掃除する」は毎日ですし

やるかやらないかだけですから。

顔をきれいに保つにはなんて 毎朝、顔を洗うと同じですからね。

躾:守る

これは簡単に言えばキープするということなんです。

もう少し言うと

当たり前になるということです。

 

 

  • 整理:捨てる ⇒ 不要品がないのが当たり前になる
  • 整頓:決めて戻す ⇒ 定位置に戻すのが当たり前になる
  • 清掃:掃除する ⇒ 毎日、掃除するのが当たり前になる

            ⇒ 汚れていれば掃除するのが当たり前になる

  • 清潔:保つ ⇒ きれいな状態が当たり前になる
  • 躾:守る ⇒ 当たり前のことをするのが当たり前になる

 

ということなんですね。

 

きれいなこと、美しいことが当たり前になるから
「身」が「美しい」と書いて「躾」といいます。

 

躾というのは心の有り様でもあります。
きれいであること、美しいもことが当たり前にそう思えることが躾です。

そういうセンス(感覚)を持っていることです。
そういうセンス(感覚)は行動を自発させます。

5S活動の進め方:リセット

どのようなことにも失敗、やり直しがあります。

どのようなことにも改善の継続は必要です。

それも5Sという活動の5Sかもしれません。

 

5S活動は実施後すぐに効果が出ますが継続で効果を維持します。

 

 

「整理:捨てる」では

  • 必要なものを捨ててしまったのかもしれなければ買い揃えましょう。
  • 必要だと思ったものが不要になれば捨てましょう。

「整頓:決めて戻す」では

  • 定位置がやってみて不都合ならば変更しましょう。
  • 定位置が2箇所あれば効率良ければ2箇所にしましょう。
  • 戻すのが不効率ならば戻さない方法もあるかもしれません。

「清掃:掃除する」では

  • 毎日すべきなのか場所によっては1週間に一度でも良ければ毎日する場所を増やせます。
  • 汚れない方法を見い出せば「清掃:掃除する」も不要になります。

「清潔:保つ」では

  • 保つべきレベルを上げていく必要に迫られるかもしれません。
  • 保つべきレベルが行き過ぎることも注意が必要です。

「躾:守る」では

  • 守るルールやレベルもどんどん変化して行くので合わせなければなりません。
  • 美しさを一言で言えないようにあるべき姿も変わります。

 

5S活動も常にリセットが必要です。

5S活動の効果を事例でみる

事例1「ゴミ庫の整理、清掃でお店から誰もがしたくない作業がなくなった」 

私が新任の店長で着任したお店でのこと。

 

区分けはあるのですがダンボールや燃えるゴミ、生ゴミも一つのゴミ庫に入れていました。

そのゴミ庫はとても汚くて入り口の戸を開けて外からゴミを放り込むようにしていました。
ゴミの袋が破れてゴミ庫の中でゴミが堆積して足の踏み場もなく中に入れません。

 

ダンボールは一番奥なのでブロックを渡り石のようにおいてゴミ庫の奥に置きます。
ゴミの臭いもひどく店内のゴミを回収してゴミ庫に入れるのは誰もやりたがらない仕事です。

 

ゴミ回収業者の方はきっとこのお店はゴミに無頓着なお店だと感じていたでしょう。
ゴミの管理について無頓着な従業員だと思っていたでしょう。

 

私は着任して訳も分からない状態だったので仕事がなくゴミ庫の掃除に取り掛かりました。
あまりにひどい状況で新任店長がやっているので部下も手伝わざるを得ませんでした。
スコップで堆積ゴミを掘り起こし袋に入れ床を水洗いしました。
もちろんネズミなどの害獣やゴキなどの害虫も沢山いました。

 

綺麗になった後は中に入るのにも普通の革靴で十分ですし不快臭もなくなりました。
きっとゴミ収集の方にも良い印象を持っていただいたと思います。
ゴミはルール通り奥はダンボール、手前右は生ゴミ、左は燃えるゴミを置くようになりました。

 

店内のゴミを回収してゴミ庫に入れるという仕事は嫌な仕事ではなくなりました。
誰でも気軽にできる仕事になりました。

 

お店の中に誰もがしたくない仕事を作るのは店長の力不足です。
誰もがしたくないような仕事をなくしていくのが店長の仕事です。

 

自分もしたくないような仕事を部下にさせてはいけません。

事例2「 バックヤードの整理整頓で生産性、売上、接客が格段に向上した」

この事例も私が新任店長でとして着任したお店の事例です。

 

そのお店のバックヤードは15坪でしたが色々なものが置かれ5坪しか稼働していません。

朝、荷物が入荷し荷解きしてワゴンに商品を載せ店内に品出しします。

 

狭いのでハサミを使った荷解き作業が思い切ってできずなかなか作業が進みません。
商品を乗せるワゴンは荷解き台の近くに置けないので時間がかかります。
また一つのワゴンが終わってから次のワゴンに乗せるという荷解き商品の待ちがあります。

 

早く売り場に品出しをしたいと思っているに作業が進まず全員イライラしています。

 

ある日バックヤードを整理整頓しました。
不要なものは捨て必要なものも積み重ね場所を取らないようにして稼働面積を増やしました。
そうするとこのバックヤードはそんなに広いのかというくらい広くなりました。

 

荷解き作業は同時に何人も行えて、ワゴンはすぐ横に置かれ並行して作業が進められます。
おかげで売り場への品出しは早く済み、余裕を持って接客ができるようになりました。
接客の時間も増えて売上に貢献するようになりました。

 

作業が早く終わり時間が増えて人数が余るくらい生産性が格段に良くなりました。
その分、売上向上に対しての作業が増やすことができました。

 

5S活動は即日に効果が出るので部下にも恩恵が感じられますしアピールします。

スポンサーリンク

ヒント:5S活動の進め方で中小店舗の売上と利益に簡単・即効で効果を出す

5Sとは

5Sというのは整理、整頓、清掃、清潔、躾のこと。

  • 整理:捨てる
  • 整頓:決めて戻す
  • 清掃:掃除する
  • 清潔:保つ
  • 躾:守る

ということです。

5S活動の進め方:セットアップ

5Sは改善後は誰しも恩恵を受けるのでやっっちゃえでも行けます。

「整理:捨てる」は店長率先でやります。

「整頓:決めて戻す」の定位置決めは部下の判断に従ってやります。

5S活動の進め方:キーピング

5Sは自然にキーピングされます。

「清掃:掃除する」は範囲の拡大と、レベルアップは店長の率先垂範しかない。

「清掃:掃除する」はお客様満足が得られる範囲・レベルまで、それ以上はしない。

「清潔:保つ」は「清掃:掃除する」の継続です。

「躾:守る」は当たり前になるまで継続するということ。

5S活動の進め方:リセット

どのようなことにも改善の継続は必要です。

5Sという活動にも5Sは必要です。

スポンサーリンク