消費税増税にも売上を伸ばすために必要な顧客価値を高める販促対策

スポンサーリンク

2019年10月1日より消費税が10%となる増税になります。

増税の中にあっても売上、利益は伸ばしていかねばなりません。

売上高はお客様に対しての働きかけ量ですし、利益はお客様に対しての貢献量だからです。

消費税増税にあっても売上を伸ばすために必要な顧客価値を高める販促対策を解説します。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

消費税増税にも売上を伸ばすために必要な顧客価値を高める販促対策

消費税増税でますます景気が悪くなります

消費税増税でますます景気が悪くなります。

 

軽減税率の導入、自動車保有にかかわる税負担の軽減、住宅ローン減税の拡充、住宅購入時の一時金支給、住宅エコポイント制度の復活、プレミアム付き商品券の発行、5%のポイント還元で税負担を軽減しようとしていますが一時的な痛み止めにしかなりません。

 

消費税税率変更は増税です。

所得が年々減っているのにその可処分所得を一部税金として吸い上げるのですから景気が悪くなります。

 

キャッシュレス対応の機器が売れに売れても景気は悪くなります。

軽減税率対応レジが売れに売れても景気は悪くなります。

消費税増税による駆け込み購買があってもその反動で景気は悪くなります。

 

消費税増税で一時的に豊かに思える時はあっても暮らしが楽になる人はいません。

むしろますます暮らしが厳しくなる方が増えるでしょう。

 

消費税増税でお店はますます売れなくなる

消費現場のお店はどうなるでしょう。

原材料、送料のコストアップがこの増税を機会に仕入価格に反映され上昇します。

買い控えがあり、購買意欲減退により売上が低迷しますので利益が減ります。

 

お店の利益が減ると一番大きな費用である人件費を抑制しようとします。

従業員はビジネスライクでシビアな雇用契約となります。

従業員はお店に対しての愛着心や忠誠心をますます失うことになります。

従業員はお客様に対して良いサービスをしようという意欲を失います。

 

お店の力、レベルはますます落ちてきます。

消費税増税でお店はますます売れなくなっていきます。

業績拡大のために価格訴求が増えます

お客様は生活がますます苦しくなり低価格のものを求めるようになります。

そしてお店は売上を上げようとして、ますます価格訴求を強めてきます。

それが最も手っ取り早く売上を上げる方法だからです。

 

ところがそれはますます利益を減らすことになります。

価格訴求で売れば販売数、客数が多くなり忙しくなりますが得られるのは少ない利益です。

一方で人件費は減らそうと考えますから仕事はますます高い効率を求められます。

高効率は優先の低いことに目をつむるということで、さらにお店のレベルは落ちてきます。

 

それでも売上を上げようとますます価格訴求すると、ますますお店はレベルを下げます。

その売り方がお客様と従業員と取引先を失う

価格訴求で売上をあげようとすると一時的にはお客様が集まるかのように思えます。

ところが多くのお店がそうすることで価格競争となり結局はお客様の取り合いです。

それも利益の削り合いによってお客様を取り合います。

 

お店にお客様を呼ぶことができるのは低価格で呼ぶしかなくなります。

価格訴求の弱いお店はお客様が減ります。

 

従業員はコスト削減により労働時間を短縮される人数を減らされることになります。

それでも価格訴求をすれば作業量が増え仕事は厳しくなります。

お店のレベルを上げようとする時間もなくなります。

お店のレベルが落ちることによって不満足を覚えたお客様はお店から離れていきます。

 

従業員に対しての雇用契約はビジネスライクなものとなります。

従業員の会社に対しての忠誠心やエンゲージメントは失われていきます。

そして従業員の心がお店から離れていき人手不足が進行していきます。

益々お店は厳しい運営状態になります。

 

価格訴求をするためには仕入先に対して厳しい値段交渉をすることになります。

仕入先も同様に価格訴求をし、従業員を減らし、従業員の負担は増えてきます。

そうすると仕入先はお店から離れていきます。

厳しい条件ばかり言ってくる売れないお店から仕入れ先は離れていきます。

 

このようにして価格訴求をするお店からは従業員とお客様と仕入先が離れていきます。

今こそ自身、仲間、友人、お客様を大切にするべき時

目の前の売上高や競争を考えて価格訴求に走ってはいけません。

価格訴求に走れば利益を減らします。従業員の仕事の負担が増えます。利益が減ります。

 

このような時こそ

  • あなた自身は何のためにお店を運営しているのか?
  • 従業員を何のために雇っているのか?
  • 取引先とは何のために取引をしているのか?

それを考えなければなりません。

 

私たちは何のためにお店を運営しているのかを考えなければなりません。

 

あなたはお店を運営することによって世の中に貢献し売上を得ます。

それがあなたが最も仕合せだからです。

それを一人ではできないので従業員を雇ってチームで世の中に貢献します。

 

あなたの仲間である従業員を大事に思うことがお店を運営する目的でもあります。

そのお店を運営するために協力をしてくれる仕入先は友人として大切な存在です。

 

今こそ原点に帰ってなぜお店を運営するのか考える必要があります。

 

そうすれば

お店から従業員と仕入先とお客様が離れていく価格訴求をやめなければなりません。

今こそ

あなた自身、仲間、友人、お客様を大切にするお店の運営をしなければなりません。

 

あなた自身がお店を運営し社会に貢献して幸せを感じる。

仲間という従業員を雇い入れてチームで世の中に貢献して幸せを感じる。

友人として仕入先の力を借りてお店を運営して世の中に貢献して幸せを感じる。

 

これが基本です。

だからこそ価格訴求せずに価値を高める売り方をする

価格訴求してはいけません。

お店の利益を減らすような価格訴求をしてはいけません。

仲間である従業員が苦しくなるような価格訴求をしてはいけません。

友人である仕入先の利益を減らすような価格訴求をしてはいけません。

 

今は

お客様に高いベネフィットを提供して価値を高めて喜んでいただきます。

仲間である従業員もお客様に高いレベルのサービスを提供して喜んでいただきます。

友人である仕入先の協力を得てお客様に高いベネフィットを持つ商品を提供して喜んでいただきます。

 

そうすれば

お客様は喜んで売上と利益を差し出します。

その売上と利益を将来のお客様と仲間の従業員と友人の取引先に分配すればみんなが仕合せになれます。

 

今は

価格を下げて価値を高めるのではなく

ベネフィットを高め価値を高めて提供するときです。

 

消費税が2%上がるならば5%価値を高めて販売してください。

スポンサーリンク