POPの書き方のコツ!メリハリの付け方で伝わることが違ってくる

スポンサーリンク

「POPを書いても売れないんですけど」

そういう時にはメリハリが効いていないことがあるかもしれませんね。

POPはメリハリの効かせ方で伝わることが全く異なってきます。

スポンサーリンク



POPの書き方のコツ!メリハリが存在感、主張を発する

このラーメン店はもう閉めていますが、この看板は入口ドアの横の壁にあった看板です。

メリハリが無くて同じ書式で長い文章が書かれています。

伝えたいことはいかに美味しいラーメンを作っているかということです。

 

本来、お客様というのは面倒くさがり屋さんなのでPOPは読みたくないものです。

価値あることが書いてあるのにこれだけの文字量を読んで頂くのは厳しいでしょう。

最初からアピールを難しくしています。もったいないです。

 

こちらの看板ははっきりしています。

名の通ったお店の名前を大胆に知らせて、何屋さんかがはっきりとわかります。

この看板で伝えたいことはブランド力のある店名です。

 

メリハリが有るのと無いのとでは存在感、主張を発する力が全く変わります。

やっぱりメリハリは必要です。

スポンサーリンク

POPの書き方のコツ! メリハリの付け方で伝わることが違ってくる

これは全体のバランスを取ったPOPです。

どこかの部分にメリハリを効かせているというわけではありません。

これをベースに考えていきましょう。

 

キャッチコピーを強調して商品の提供価値をアピールする

これはキャッチコピーを強調してみました。

鮮度の良い甘海老を自然乾燥で作ったという自然食品の価値をアピールしています。

これは最もおすすめしたい商品の価値で売るというメリハリの付け方です。

チャッチコピーの内容が販促に大きく影響します。

アイキャッチを強調して集視効果、集客効果を高める

こちらはアイキャッチの部分を強調してみました。

アイキャッチはキャッチコピーほど長いフレーズではなくキーワードといった感じです。

視覚的な刺激のある文字情報でお客様の注目、関心を呼ぶ集視効果を狙っています。

 

商品名を強調して売り場での存在を明確にする

お客様が商品の価値をよく知っていて、潜在的にでも購買動機を持っている場合には商品名を強調することでお買い上げに結びつきます。

ただ、こういう商品は少なくなっています。

品名を知らせることで売れる売りやすい商品は誰でも生産し、販売したがります。結果、必ず競合が発生します。

 

またそれに類する商品、超える商品がすぐに開発されます。

品名を知らせることで売れる売りやすい商品はライフサイクルも短いと言えます。

なので、こういうPOPの寿命もまた短命と言えます。

セールスコピーの強調でお客様の買いたい心を創り出す

セールスコピーを強調した場合です。

売りにくい商品に対しては有効なPOPといえます。

 

キャッチコピーやアイキャッチではインパクトのある言葉で価値を伝えてはいます。

それだけで不十分な場合はこれでもかと価値を伝えていきます。そして販売につなげていきます。

 

キャッチコピーやアイキャッチは価値をキーワードで伝えます。

それでもキャッチコピーやアイキャッチは注目・関心を呼ぶのが中心的な役割です。

セールスコピーの強調は価値を伝えるということです。

価格を強調してコストパフォーマンスの高さを伝える

価格を強調したPOPです。

伝えたいことは価格の安さであったり、コストパフォーマンスであったりします。

私としては最も避けたいPOP表現です。

それはお客様に喜ばれる価格では利益を確保し辛いということです。

 

価格の低下は多くの場合メーカー、生産者、流通業者、輸送業者、お客様、従業員に犠牲を強いることが多いからです。

永続可能な十分利益を確保できる価格の強調は全く構いません。

スポンサーリンク

まとめ

POPの書き方のコツ!メリハリが存在感、主張を発す

メリハリが有るのと無いのとでは存在感、主張を発する力が全く変わります。

やっぱりメリハリは必要です。

POPの書き方のコツ! メリハリの付け方で伝わることが違ってくる

  • キャッチコピーを強調 ⇒ 商品の提供価値を伝える
  • アイキャッチを強調 ⇒ 視覚的な刺激を伝える
  • 商品名を強調 ⇒ 売り場での存在感を伝える
  • セールスコピーを強調 ⇒ 買うべき理由、価値を伝える
  • 価格を強調 ⇒ 価格の安さ、コストパフォーマンスの高さを伝える
スポンサーリンク