「敬老の日のプレゼントは手作りで」お客様の心に響くイベント企画

スポンサーリンク

お客様の心に響くイベント企画、今回は敬老の日を取り上げてみました。

母の日、父の日、敬老の日といろいろありますが何かをプレゼントと決めて企画しますが、それでいいのかな?というのが今回の敬老の日のイベント企画案の考え方です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

「敬老の日のプレゼントは手作りで」お客様の心に響くイベント企画

「敬老の日」の価値を探る

敬老の日の歴史

敬老の日は9月の第3月曜日で祝日となっています。

2001年の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)によって、2003年から9月第3月曜日となったものです。それまでは毎年9月15日を敬老の日としていました。

敬老の日が9月15日だったのには諸説あります。

一説には聖徳太子が593年に身寄りのない老人のための施設「悲田院」を設立した日が9月15日だったからといわれています。

また別の説では1947年兵庫県多可郡野間谷村で野間谷村の村長であった門脇政夫が農閑期で気候も良い9月15日を「としよりの日」として敬老会を行ったのが全国に広がったということです。当時は戦後の混乱期で、子供を戦場へ送った親たちも多く、精神的に辛い時にありました。「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から55歳以上の人を対象に敬老会を開いたのです。

1948年7月に制定された「国民の祝日に関する法律」において、こどもの日、成人の日は定められましたが敬老の日が祝日になったのはずっと後になります。

1966年に国民の祝日に関する法律が改正されて国民の祝日「敬老の日」が制定されました。9月15日を老人の日、9月15日から21日までを老人週間として定めていた老人福祉法でも「老人の日」が「敬老の日」に改められました。

敬老の日って何?

敬老の日は9月の第3日曜日、老人福祉法による老人の日は9月15日、9月15日から21日までは老人週間となっています。

似ていますね。どう違うのかな?

9月の第3日曜日の敬老の日は

「長年社会のために働いてきたお年寄りを敬い、長寿を祝う国民の祝日」

です。

もともとの敬老の日であった9月15日の老人の日は

「国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるのと同時に老人に対して自らの生活向上に努める意欲を促す日」

とされています。

敬老の日は敬い祝う日、老人の日は関心と理解を深め生活向上に努める意欲を促す日ということ。

令和元年の「老人の日・老人週間」キャンペーンでは「みんなで築こう 安心と活力ある健康長寿社会」とし高齢社会対策基本法に基づき、2018年2月に策定された「高齢社会対策大綱」では、

(1)年齢による画一化を見直し、全ての年代の人々が希望に応じて意欲・能力をいかして活躍できるエイジレス社会を目指す

(2)地域における生活基盤を整備し、人生のどの段階でも高齢期の暮らしを具体的に描ける地域コミュニティを作る

3)技術革新の成果が可能にする新しい高齢社会対策を志向することを基本的考え方としています。

キャンペーンの6 つの目標では

(1)すべての高齢者が安心して自立した生活ができる、保健・福祉のまちづくりを進め、ふれあいの輪を広げよう。

(2)高齢者の知識、経験や能力をいかした、就労・社会参加・ボランティア活動を進めよう。

(3)高齢者の生きがい・健康づくり、介護予防等への取り組みを進めよう。

(4)高齢者の人権を尊重し、認知症高齢者への支援のあり方や介護問題等をみんなで考え、高齢者や介護者を支える取り組みを積極的に進めよう。

(5)高齢社会における家族や地域社会等の役割を理解し、多世代がお互いに協力して安心と活力ある健康長寿社会をつくろう。

(6)減災や防災への取り組みに関心を持ち、日頃から地域でのつながりを築こう。

敬老の日は敬い祝う日で晴れやかで思いやりに満ちた感情豊かな捉え方です。

一方、老人の日は少子高齢化社会という課題を踏まえた現実的な捉え方になります。

健康、介護、年金、雇用、労働力、生きがい、孤独、人権、災害、世代間格差、超長寿化といった課題が敬老の日にも多少影響を及ぼしている感じがします。

そういう観点で敬老の日のイベント企画を考えてみたいと思います。

敬老の日の対象は何歳から?老人というのは何歳から?

今の高齢者は元気です。

心身共に若々しく老人と呼ぶのは失礼な場合もあります。

――――――――――――――――――――――――――

シニア割引が60歳以上

継続雇用制度65歳まで

老齢基礎年金は原則65歳から

税制上の老人扶養親族は70歳以上

後期高齢者医療制度は75歳以上

――――――――――――――――――――――――――

70歳を過ぎても仕事で活躍している人がたくさんいます。労働力不足で社会もそれを望んでいます。

元気なのに何もすることがなく社会から孤立という面もあれば、高齢運転者の交通事故も多発しています。

年金でお金に苦労しない方もいれば世代間格差から肩身が狭いということもあります。

もう年齢で区切って何歳からは老人なんて言えない時代です。

一つの目安は孫が出来たら老人というのはすんなり受け入れられるかもしれないですね。

そうすると晩婚化、高齢出産で老人というのもだんだん高年齢化していくようですね。

孫は可愛い、孫の存在は高齢者には大きいです。

「敬老の日」のキーワード、キーフレーズ

・元気なのに何もすることがなく社会から孤立

・年金でお金に苦労しない

・孫が出来たら老人

・肩身が狭い

・何歳からは老人なんて言えない

・シニア割引

・健康

・介護

・生きがい、孤独

・自立した生活

・就労・社会参加・ボランティア活動

・テクノロジー

・長年社会のために働いてきたお年寄りを敬い

・長寿を祝う

・身寄りのない老人のための施設「悲田院」

・子供を戦場へ送った親たちも多く、精神的に辛い時

・老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう

・国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるのと同時に老人に対して自らの生活向上に努める意欲を促す日

・孫は可愛い、孫の存在は高齢者には大きい

「敬老の日」の提案価値づくり

・何歳でも孫に対してだけはおじいちゃん、おばあちゃんになる

・できることは何かをしたい、できることは何かをしてあげたい、何かで喜ばれたい

・美味しいものや甘いものは体に良くない、もう欲しいモノはない

・尽くされる役割と尽くす役割、どちらも嬉しい

・生きがいの場、自立する場、当てにされる場、参加する場

・感謝されて生きる、感謝して生きる

・年寄りの知恵を借りる

・老人の福祉についての関心と理解

・自らの生活向上に努める意欲

「敬老の日」イベント企画としてのキャッチコピー

❏おばあちゃんの自慢料理と大好物をみんなで食べる

❏おじいちゃん、おばあちゃんとワイワイ、ガヤガヤのそば打ち大会

❏みんなでお彼岸の手作りおはぎパーティー

❏敬老の日はおじいちゃん、おばあちゃんへの家族ボランティア

❏敬老の日は孫からおじいちゃん、おばあちゃんへのお手紙の日

❏敬老の日はZOOMで家族パーティー

❏敬老の日は〇〇家の写真・ビデオパーティー

❏手作り赤飯とおはぎで敬老の日パーティー

スポンサーリンク