手書きPOPの書き方のコツ~思いやりをベースに書くと売れる

スポンサーリンク

私がPOPの効果に驚いたのは売上の落ち込んだことが発端です。それまでの売ろうと思ってしていた販促では売れずに行き詰まっていました。

思い悩んだ末に売ろうとしないでお客様の目線で考えるようにしました。そうすると伝えたいことが沢山出てきてPOPを書き出すようになりました。それから売上がその後ずっと伸び続けるようになったのです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

手書きPOPの書き方のコツ~思いやりをベースに書くと売れる

お客様に伝えたいことがなければPOPが書けない

POPはお客様に伝えたいことがなければ書けないものです。私も売上が落ち込むまではPOPを書いていませんでした。ところが商品を沢山売ろうと思ってPOPを書こうとするお店があります。でも売れることは少なくPOPの効果は少ないのだと思われてしまいます。

売ろうと思う考えの中にはお客様のことが抜けがちになります。そうするとPOPはお客様に伝えたいことがないのでメッセージ性がなくなります。何も感じないPOPとなり、それではお客様に買っていただくことはできません。

売り場をお客様を中心にして考えると伝えたいことがたくさん出てきます。

この商品はいい商品で是非おすすめしたい。

この商品はこんなふうに美味しいんですよ。

この商品はこういう使い方をすると美味しいですよ。

この商品はこういう方にプレゼントすると喜ばれますよ。

この商品はこういう事にこだわって作られていて美味しいので試してみてほしい。

それを伝えたくてPOPやディスプレイを使って表現しようとします。そのようなお客様に対する思いやりからPOPやディスプレイをすると伝わります。

そういう場合はPOPの出来やディスプレイの表現が拙いものでもお客様には伝わるものです。多くのお店がPOPを書くときにテクニックばかりに関心が行くのは少し残念です。有名な芸術家の作品を理解するのは難しくても子供の書いた母親の絵は気持が伝わりませんか?著名な詩人の詩は解説が必要ですが子供の作文は心を打つものではありませんか?

POPの書き方であるとか、文字やイラストも上手ければそれに越したことはありません。

ですがそれよりも大切なことはお客様に対する思いやりです。お客様に対する思いやりがあればPOPのメッセージが伝わり、売れるPOPになります。

おすすめの商品やこだわりの商品はぜひ手書きPOPを書いておすすめください。

お客様への思いやりが伝わる言葉を生みPOPとなり働きかける

お客様への思いやりから書いたPOPはお客様に伝わり売れます。

それには三つの理由があります。

●お客様への思いやりがあるお店はお客様のニーズを感ずることができます

●お客様への思いやりがあるお店が書くPOPのメッセージはアドバイスになります

●お客様への思いやりがあるお店はPOPに心に響く言葉を使うことができます

●お客様への思いやりがあるお店はお客様のニーズを感ずることができます

お店の関心が売上ではなくお客様の満足になればお客様のニーズに敏感になります。そういうお店のお客様への働きかけとしてのPOPがお客様に伝わるのは当然です。

商品を売ることや売上をあげることに腐心するお店はいつの間にかお客様のニーズに対して鈍感になっているかもしれません。私はそうでした。

お客様にはいろいろな要望やニーズがあって、お店がその全てに対応できているということはきっとありません。そのお客様とお店とのギャップを埋める元になるのがお店のお客様への思いやりです。

お店の思いやりがお客様のニーズを受け取り、働きかけ=POP やディスプレイになります。

●お客様への思いやりがあるお店が書くPOPのメッセージはアドバイスになります

思いやりがあるお店とお客様との関係は例えば 自分の親や子供に対するようなものです。あるいは自分の親しい友人や同僚や仲間に対するようなものです。そういう人たちに対してのメッセージは相手に伝わりやすいものです。

お店がお客様に思いやりを持てばお客様との親しい関係を築くことができます。そうであればお店が書くPOPのメッセージは親しい人へのアドバイスとなって伝わります。

●お客様への思いやりがあるお店はPOPに心に響く言葉を使うことができます

POPを書く時に使う言葉が綺麗なだけの言葉やありきたりな言葉、当たり障りのない言葉では力がありません。心に響く力を持つ言葉は心から出たものでなくてはなりません。

常々POPを書く時には自分自身の言葉でキャッチコピーやセールスコピーを書いてくださいと言っています。それはPOPを書く人の個、心が入った言葉でなければ伝わらないということです。お客様への思いやりがなければお客様の心に響く力を持つ言葉やフレーズを生み出すことは出来ません。

お客様への思いやりがあるお店はPOPを書いても何かいいキャッチコピーがないかと外に求める必要はありません。自身の言葉やフレーズ、それこそがお客様に伝わるPOP売れる POP を作ります。

お客様への思いやりがどんどんアイデアを生み出す、POPになっていく

外的な要因でしたが大きく客数が落ち込んだ時がありました。

集客を図ろうにも集客を図る販促は出来ませんでした。

売れないので新規の商品を導入したり、商品を入れ替えたりすることは出来ませんでした。

価格訴求で販売することは出来ませんでしたし、出来たとしてもそうしなかったでしょう。

それまで売ることに一生懸命でしたが売れなくなって気づきました。

売上回復のために為す術がない!


お客様や取引先がうらめしかったです。

もっとお客様が来てくれればいいのに。

もっとたくさん買ってくれればいいのに。

新商品を入れてくれてもいいのに。

売れないからといって取引を止めなくてもいいのに。

八方塞がりでした。


もう売上を上げることは諦めるしかないのではと思った時

ふとお客様のことに気が向きました。

お客様は少ないけれど、それでもお客様は来てくれている。そのお客様に精一杯のこともしていないのに来ていただいたお客様が少ないなんて言ってる私がいる。

来ていただいたお客様のお買い上げが少ないと言っている。一つ一つの商品がどのようなものか知らせず、どの商品がおすすめかも知らせず お買い上げが少ないなんて言っている私がいる。

新商品を入れても売れずにロスになって取引先に迷惑をかけるのに販売促進らしいこともせずに何か新商品はないかと言っている私がいる。

お客様や取引先に何もしてくれないといいながら、何だ私は何もしていないじゃないか!

解決策はまだ見えなかったけれど何もしていない私がいることだけは分かりました。

そう思い悩んでいる時に2つの数字に出会った。

総合小売業での衝動買いは86%という数字とあるお店の買上率が25%という数字。

お買い物の86%はお店で決めるという。

入店客の25%しか買わないという。

で思った。

お店が何かをすれば売れるかも!

何もしていない私が何かをすればお客様は買うかも!

売ろうとする売り場ではなくお客様が買いたいと思う売り場にしよう。

なぜなら、今まで売ろうとする売り場で売れなくなったのだから。

私のできることを始めました。

●お客様はどうしたいのだろう?

●お客様はどうして欲しいのだろう?

●お客様は何を買いたいのだろう?

●そもそもお客様ってどういう人だろう?

それらを決めていくと

売り場のレイアウトが変更できた。

今ある商品に何かお客様に良いところはないかを調べたら出てきた。

それらをどんどんPOPに書いていきました。

こうしたらお客様が喜ぶんじゃないかという思いはどんどん売り場を変えることに繋がりました。

お客様への思いがどんどんアイデアを生み出す、POPになっていきました。

なぜなら、お客様を喜ばせることは楽しいことなので。

お客様に喜んでもらおうと思う思いやりをベースにPOPを書くと売れる

外的な要因であったけれど私がPOPの効果に驚いたのは売上の落ち込んだことが発端です。それまで売ることばかりを考えて作っていた売り場は売上が落ち込み思い悩んだ末に売ろうとしないでお客様の目線で考えるようになりました。

お客様は何を望んでいて何を買いたいと思っているかを考えました。そもそもお客様はどういう人かを考えました。そうするとお客様にしてあげたいこと伝えたいことが沢山出てきて売り場の変更やPOPを書き出しました。


初めはお客様の要望、ニーズを仮定して、それに沿う形で売り場を改善しPOPを書いていきました。6ヶ月位で売上が上向き始めました。

その次は日々のお客様との対応でお客様からの要望や質問に合わせて売り場を変え、POPを書いていきました。とても喜ばれました。

その後売り場改善をPOPもやり尽くしたかなと思うとすることがなくなりました。マンネリに入りました。売り場の改善が出来ない、POPが書けないということはお客様を喜ばせたいという思いやりがトーンダウンしていたのです。

今度はお客様に喜んでいただくことを作り出すようにしました。Aという商品とBという商品とをまとめると新しい切り口の価値を持つコーナーが出来ました。お客様に喜んで頂いてまた売れるようになりました。

その後も売り場の改善とPOPを作り続けました。

売上がその後4年間ずっと伸び続けるようになりました。

もう売上を上げることは考えなくても伸びていくようになりました。

ただお客様に喜んでいただくことだけを考えて、そのとおりにやっていれば売上が上がっていったのです。


売場づくりもPOPも売上を上げようと思わず

POPはテクニックばかりにとらわれず

お客様への思いやりをベースに書いていると売れます。

スポンサーリンク