POPは販売促進の最強の方法!POPを作成する前にネタを整える

スポンサーリンク

POPは販売促進の最強の方法です、だからPOPを書くと売れます。

でも一つ確認しておきたいことがあります。

POPを作成するネタを整えてありますか?ということです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

POPは販売促進の最強の方法!POPを作成する前にネタを整える

店頭の看板を書いて欲しいと頼まれたことがあります。

その時にお聞きしたのはどういうことをアピールしますか?ということでした。

お客様へのメッセージが具体的にならなかったので看板の撮影には至りませんでした。

POPを作成する前にPOPのネタを整えるとほっておいても売れるようになります。

POPはお店からお客様へのメッセージを伝えるツールです

POPはお店からお客様へのメッセージを伝えるツールです。

ですから

メッセージがはっきりしていないのにPOPを書いても売れることはありません。

お店から伝えたいメッセージは

どういうお客様に伝えたいメッセージか

どういうメッセージを伝えたいか

どのようにしてそのメッセージを伝えたいか

お店からのメッセージ(POPのネタ)を整えるということはPOPを書く上でとても大切なことなのです。

それによってPOPの作り方が全く違ってきます。

もっと言えば

メッセージを伝える方法もPOPよりももっと良い方法があるかもしれません。


例をあげて考えてみましょうーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和菓子の新製品発売のメッセージを伝えるのだとしましょう。

ご年配のお客様がメインであれば商品にもよりますが色合いは落ち着いたものになるでしょう。

また使うフォントサイズは大きくして読みやすくするといいでしょう。

ご近所のお客様季節恒例の発売の商品だったらばのポスティングがいいでしょう。

半径500m圏内のお客様に全くの新発売のメッセージであればチラシがいいでしょう。

常連の方にだけアピールして新発売の売れ行き確認であれば店内POPでいいでしょう。

全国のお客様向けならばホームページでの案内が必要でしょう。

このように

どういうお客様に伝えたいメッセージか

どういうメッセージを伝えたいか

どのようにしてそのメッセージを伝えるのか

が違ってくると

POPの作り方もメッセージの伝え方も全く違うものになってきます。

お店からのメッセージを整えるということはPOPを書く上でとても大切なことなのです。

お店からお客様へのメッセージを伝えるツールはいろいろなものがあります

POPはお店からお客様へのメッセージを伝えるツールです。お店からお客様へメッセージを伝えるツールはPOPだけではありません。店内だけで伝えたいのであればPOPでいいです。ご近所だけに伝えたいのであればポスティングチラシでいいです。特定の事業所などに伝えたいのであればfax DMやDMがいいです。 半径500mのお客様に伝えたいのであれば折り込みチラシがいいです。もっと遠くのお客様に伝えたいのであればSNSやインターネット、マスメディアがいいです。

なので、まずはメッセージを整えることを確認していただきたいと思います。

その上でPOPが最適なツールであればPOPを作成すればよいのです。

メッセージを整えることで ほっておいてもメッセージが伝わっていく

先ほどの例のように

和菓子の新製品がご年配の方にとても美味しいと言うのであれば老人会でご試食されたお客様から他のお客様への口コミでメッセージが伝わります。

その和菓子がとても見栄えが美しいのであればInstagramなどのSNSでメッセージが伝わります。

全国的にも発売したいもので あれば試食会で賞をいただければパブリシティでメッセージが伝わります。

なので

メッセージを整えると ほっておいてもメッセージが伝わっていくことになりやすいのです。

そうであれば

なおのことPOPを書くとメッセージが伝わり売れるようになります。

POP は販売促進の最強の方法!POPを作成する前にネタを整える

POPを作成する前にメッセージを整えることが大切だとわかっていただけたと思います。

「メッセージを整える」

どういうお客様に伝えたいメッセージか

どういうメッセージを伝えたいか

どのようにしてそのメッセージを伝えたいか

をはっきりさせるということでした。

メッセージを整えると自然にメッセージが広まっていくのだということも話しました。そこでメッセージを整える時にメッセージの魅力確認もお願いします。


お客様に商品・サービスをSNSで拡散していただくのに景品を渡したり、割引したりするお店があります。メッセージに魅力があればお店が何もしなくてもお客様は勝手にSNSで拡散してくれるものです。SNS拡散のためにお客様に景品を渡したり、割引したりするのはメッセージに魅力がないのではないですか?

POPを

手書きで作成するか

パソコンで作成するか

どのようなPOP作成ソフトを使うか

どのようなキャッチコピーを使うか

どのようなキーワードを使うか

と考える前にメッセージを整えていただきたいと思います。

そうすれば

POPを作成する前にPOPのネタを整えるだけでほっておいても売れるようになります。

スポンサーリンク