ネットの口コミは宝の山! 飲食店が改善・集客するヒントが山ほどある

スポンサーリンク

飲食店のグルメサイトはお店の集客やリピーター獲得目的で活用されています。

グルメサイトの活用は飲食店の強力な販売促進方法になります。

それだけではなく

グルメサイトの口コミ活用によってお客様目線での改善、集客を図ることができます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

ネットの口コミは宝の山! 飲食店が改善・集客するヒントが山ほどある

飲食店のグルメサイトにはたくさんの口コミ投稿がされています。

その口コミの中には真偽が疑われるものがあると言われています。

それでも多くの口コミにはお店の役に立つヒントがたくさんあります。

小さなお店でもたくさんの口コミがあり忌憚のない言葉ですのでとても役に立ちます。

それはお客様が飲食店を利用するときの参考にとても役立っています。

この口コミの利用で飲食店においてもお客様目線での改善、集客を図ることができます。

ネットの口コミにはどのようなものがあるか特徴も含めてご紹介

■食べログ

日本NO.1の飲食店専用口コミサイトで5段階の口コミ評価があり口コミ投稿数は約2,400万件にのぼります。登録は有料ですが集客効果も考えると外せないサイトです。幅広い年齢層が対象です。

■ぐるなび

エントリー会員であれば無料で店舗情報の掲載ができる大手グルメサイトです。利用者は30代~50代が7割近くを占めることからも中年層に強いサイトと言えます。

■Retty レッティ

比較的新しいグルメサイトでFacebook連動型のFBユーザーが多い口コミサイトです。店舗登録は通常のお客様利用の画面からになるので会員登録が必要です。ユーザーは都市圏の20代~40代が多く実名による口コミ投稿が行われ信頼性のあるグルメサイトです。女子会やデートといった利用目的が多い飲食店向けです。若年層や女性客向けです。

■ホットペッパーグルメ

ホットペッパーグルメネット予約対応店舗数No.1を記録したグルメサイトです。店舗ページで口コミなどが確認できます。幅広い年齢層が対象です。

■ヒトサラ

ヒトサラは食に関心の高いお客様やユーザーの7割が女性という高級感のあるグルメサイトです。女子会やデートの利用が多く見られサイトです。若年層や女性客が対象です。

■一休.com

高級ホテル、旅館、レストランのみを取り上げているグルメサイトです。登録店舗は東京を中心とする首都圏や大阪、京都などの関西圏が多いです。

■Yelp(イェルプ)

Yelpは世界30カ国で展開されているグルメサイトです。飲食店、各種サービスにレビューや口コミ投稿が行われており旅行者などが情報を閲覧します。訪日外国人の口コミが多く顔出し実名での利用を推奨しているので口コミの信頼性は高い。サイトの利用は基本無料です。

■グーグルマイビジネス

県外客、観光客をターゲットにしているお店はこれは登録しておくべきです。グーグル検索やグーグルマップに店舗の営業時間や電話番号、ルートなどが掲載されます。グーグルマップでナビ機能もあるので集客面からも必ず登録することをおすすめします。

■お店のミカタ

登録するとリクルートが運営しているので、「ホットペッパー」に無料登録できます。ホットペッパーの方に口コミが出ています。

■Yahoo!ダイニング

ヤフーと紐付けされていますしお店のホームページにも予約サイトへのリンクを貼れます。口コミも集まりやすいです。

■エキテン

掲載店舗数430万店舗の日本最大級口コミサイト。無料店舗会員でもさまざまな機能を使えます。お客様の口コミに返信もできます。

■LINE@

LINEにお店情報を登録したりお客様にメッセージを送ったりすることも可能です。LINEとLINE子会社のLINE CONOMIが飲食店の料理写真や口コミを投稿・共有できるアプリ「LINE CONOMI」を公開しました。LINEでも口コミが集まります。

■グルペディア

完全無料の飲食店ポータルサイトです。グルペディアは「何にでも口コミが投稿できるサイト」Thinklogというのをリリースしました。利用した製品に対して、食べた食事に対して、該当のウェブページのURLをコピーしてThinklogに貼り付けることで、何に対しても口コミを投稿することができるというものです。投稿された口コミは提携のTwitter、ブログで拡散されますので個人のつぶやきよりも広く拡散されます。匿名、会員登録なしで投稿する口コミサイトなのでその点は考慮が必要です。

■Bizloop(ビズループ)

商品・サービス・お店の総合検索サイトです。飲食店には少し不向きなジャンルかもしれませんが無料登録できます。お店の紹介・写真・メニューなどを掲載できます。口コミはありませんが参考に載せました。


以上、ネットの口コミを採集するサイトをお知らせしました。

有料のものもありますが無料プランでとりあえずページを作り口コミ採集や集客、予約につなげます。

その他の口コミとしては以下のようなものがあります。

■トリップアドバイザー

■じゃらん

■楽天

ネットの口コミはホントに宝の山

ネットの口コミはホントに宝の山です。

しばしばお店は業績改善のためにお客様にアンケートを取ろうします。

アンケートを取ってお客様の声に従えば売上は伸びるなんて単純ではないと思います。

それでもお客様の声には業績改善のためのヒントがたくさんあります。

ネットの口コミはお店にとってはありがたい顧客情報なのです。


長年、観光施設でアンケートの集計をしていました。

紙媒体のアンケートは年々件数が減少してきていました。

一方でネットでの口コミは年々増える傾向にありました。

顧客情報はアンケートではなくネットから得られる時代になってきました。

ネットの口コミは良質の顧客情報

口コミは設問を自由に設定するなどはできません。

それでもアンケートよりも口コミの方が良質な情報という面があります。

●お客様の意思で投稿しているので素直に受け止めていい

●お客様のお店に対する遠慮の気持ちが働かず精度が高い

●紙媒体よりも情報量が格段に多い

●前向きな口コミが多くお店の改善意欲を削がない

●行動が必要な口コミも5%位あり改善ヒントも得られる

このような口コミをお店の改善に活かす方法を次にお話したいと思います。

ネットの口コミから飲食店が業績改善する方法

口コミには前述のように特徴がありますのでそれを踏まえて活用します。

●できるだけたくさんの口コミを探しだす

お店の特徴がはっきりしていると口コミは同じようなものが出てきます。

ヒントとなる情報も同じものばかりとなるので出来る限り口コミはたくさん集めます。

お店の特徴がはっきりしていないと口コミは件数が少なく情報量も少ないです。

この場合も件数を増やすため出来る限り口コミはたくさん集めます。

口コミをそのまま眺めていても改善には結びつかないので情報を加工します。

●口コミから情報を加工する

口コミを短いフレーズやキーワードにして件数をカウントします。

これで口コミを感覚的ではなく数字的に捉えることができます。

●口コミをベンチマークに設定して改善する

口コミの多くは5段階評価ですのでその評価をお客様満足度のベンチマークにします。

4ポイント以上でないとお店の改善が必要だと判断してください。

目指したいのは4.5ポイント以上ほしいところです。

単に口コミを真正直に受け止めて改善するは主体的ではありません。

経営計画や販促計画と照らし合わせてその検証情報と考えると良いです。


グルメサイトを予約やリピーターの集客装置として活用するお店が多いと思います。

集客も重要ですが商売はやはり長くお客様に満足を提供するものでなくてはなりません。

お客様の期待をいつも少し超えて喜んでいただけるように口コミを活用したいものです。

スポンサーリンク