販売促進の方法は基本を作ってから行うと効果的に売上が積み上がる

スポンサーリンク

POPで販売促進しよう、チラシで集客促進しようとするお店が多いです。

なぜ販売促進や集客促進が必要なのかを確認すると見えてくる。

販売促進で効果的に売上を上げる方法をお伝えします。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

販売促進の方法は基本を作ってから行うと効果的に売上が積み上がる

業績が厳しいからPOPを書いて客単価を伸ばそうとPOPに取り組むお店があります。

でもPOPを書いても思ったほど効果が出ないお店があります。


売上を伸ばそうとチラシやクーポンで集客しようとするお店があります。

集客しても効果が出るお店と効果が出ないお店があります。

販売促進で効果的に売上を上げる方法についてお伝えします。

お店の業績が厳しいので販売促進をしたいと思う前に

POPで販売促進をしたい、チラシやクーポンで集客促進をしたい。

その前に確認して欲しいことがあります。

お店の基本はできていますか?

お店の基本を作ってから販売促進するとその効果が大きくなります。

お店の基本を作ってから販売促進をすると簡単に売上を伸ばすことができます。

そしてその売上も一時的なものではなくずっと積み上がっていきます。


まず考えて欲しいことがあります。

業績がなぜ厳しいのかということです。

お店の基本ができていなくてお客様がお店から離れていったのかもしれません。

それならば

POPで買上点数を増やそうと販売促進しても効果が見込めないかもしれません。

チラシやクーポンで来店客を増やそうと集客促進しても一時的に増えるだけです。

またそのお客様もお店をから離れていくかもしれません。

なので

お店の基本を作ってから販売促進や集客促進を行うと効果的に売上を伸ばせるのです。

お店の基本ができているということはどういうことか

お店の基本ができているということはどういうことでしょう。

●お店のオペレーションがうまくいっている

●商品やサービスに魅力があり、管理がされている

●スタッフがお客様の対応に余裕を持って臨んでいる

ということです。

それらができていない時に大量のお買い上げがあるとどうなるでしょう。

また急な入店客があるとどうなるでしょう。

お店の基本ができていないと

お客様お待たせしたり、商品やサービスを提供できなかったりします。

魅力的な商品が無くてせっかくご来店されても何も買わずに帰るかもしれません。

魅力的な商品はすぐに品切れして逆にお客様からお叱りを受けるかもしれません。

急なお客様のご来店はスタッフにも負担となって接客が荒れます。

そのようにして

基本ができていないお店で販売促進をすると尚更お客様に不満を抱かせることになります。

基本ができてないお店が集客促進をすると尚更お客様からの信用を失います。

なので

お店の基本を作ってから販売促進や集客促進を行うのが売上を伸ばすのに効果的なのです。

今年はお店の基本を確かめる良い機会がありました

令和元年の今年のゴールデンウィークは忙しいお店もあったのではないでしょうか。

外的要因ではありますが全国的に観光客は増えましたし観光地は賑わいました。

基本ができているお店は

客数が急増してもお店のレベルを下げることなく上手くオペレーションできました。

客数が急増しても品切れもなく販売点数が増え売上を伸ばしました。

忙しい状態になってもお客様を待たせずスタッフは張り切ってお客様に対応できました。

基本ができているお店は10連休という滅多にない機会に売上を伸ばすことができました。

そういう場合でもお店のレベルを下げることなく信用を積み上げました。

このように

基本ができているお店はPOPを作成して販売促進すると売上を伸ばせます。

基本ができているお店はチラシ配布で集客促進すると集客して売上を伸ばせます。

そしてその売上は一時的なものではなく販売促進する毎に積み上がります。

販売促進の方法は基本を作ってから行うと効果的に売上を積み上げる

販売促進の方法はまずお店の基本を作ると効果的だということです。

●販売促進計画をチームで共有する

販売促進計画をできればスタッフと一緒に計画して参加意識を高めておきます。

参加意識の高いスタッフは忙しくなった場合でもモチベーションを保つことができます。

●お店のオペレーションを余裕あるものにしておく

急激なお客様の増加にも対応できるようにチームのカバー体制を作っておく。

お客様の急増にも対応できるようにオペレーションの仕組みを改善しておきます。

●商品やサービスの供給体制や補充体制を整えておく

お客様の急増を正確に予測することができるようにデータを蓄積しておきます。

お客様の動向を把握できるようにチーム全員でアンテナを張ること。

実際の商品、サービスの供給体制を柔軟な仕組みにしておきます。


お店の基本を作るということはお店のキャパシティを大きくするということです。

そういうお店が販売促進をすればいくらでも売上を伸ばし積み上げることができます。

スポンサーリンク