個人商店は人手不足で苦しかったら手書きPOPを書いて楽をする

スポンサーリンク

個人商店で特に飲食店などは人手不足でとても困っています。

集客はしっかりできているのに人手がいないために売上が伸び悩んでいるお店もあります。

人手不足で苦しんでいる個人商店は手書きPOPを活用して楽をしてください。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

個人商店は人手不足で苦しかったら手書きPOPを書いて楽をする

個人商店は多くのことが労働集約型の業務なのでほとんどを人がしなければなりません。

人手不足で苦しい時には効率的に仕事をするしかありません。

お店における作業には主に仕入、在庫、販売と言う業務があります。

さらにもう少し詳しく分解すると

商品計画⇒仕入実施⇒入荷・検収⇒仕訳・値付け⇒在庫管理⇒

売場形成⇒販売促進⇒商品管理

というような業務があります。

ですが、よく見てみるとこれらの多くの業務はお客様が不在の時にできることが多いです。

営業時間外にできたり、店舗以外でできたり、販売員でなくともできたりします。

ただ販売促進においては接客や会計等お客様に対応する必要があります。

そういう作業は人手不足の影響を受けてしまいます。

そういう時にPOPでカバーすることができるととてもに助かります。

なので

人手不足で厳しい時には手書きPOPを積極的に活用すると楽になります。

レジなどの会計は人がするしかありませんがPOPは物を言わない販売員といいます。

積極的に活用しましょう。

そう言えば田舎の道端に無人野菜市場があったりします。

そこは会計する人もいません。

POPというか案内が書いてあるだけです。

「どれでも1袋100円、代金は箱に入れておいてください、お釣りはご自分でどうぞ」

のんきと言えばそうですがそういうのもアリです。

2018年1月22日にAmazon GOの1号店がアメリカ・シアトルにオープンしました。

Amazon GOは簡単に言えば「無人コンビニ」です。

車の自動運転で使われているコンピュータ・ビジョンとディープラーニング、センサー技術が活用されているそうです。

スマホひとつで店舗に入って簡単にスムーズな買い物やレジ決済ができるとか。

そんな高いテクノロジーと投資がなくとも日本には無人野菜市場が数十年前からありました。進んでる~

個人商店にとって手書きPOPは儲かるための必須条件です

小売業が全業種の中間くらいの生産性なのに個人商店それより低くなります。

統計上では6人以上の規模と5人以下の規模ではでは生産性が大きく変わってきます。

やはり人数が多いお店ではチームワークによって生産性が高まってくるのでしょうか。

人数が少ないとやはり生産性を高めるのは難しくなってくるようです。

そういう場合であるからこそ少人数の個人商店にとって手書きPOPは必須です。

手書きPOPはコストのかからない販売員として儲かるための必須条件になってきます。

手書きポップはちょっとした隙間の時間にも5分から10分ぐらいで書くことができます。

そして優れたPOPであれば販売数を大きく伸ばすことができます。

接客でそれを実現するなんてとてもできません。

接客でその商品について全てのお客様に説明することはとてもできません。

POPであれば全てのお客様におすすめのメッセージを伝えることができます。

個人商店にとっては手書きPOPというのは儲けるための必須条件になってきます。

個人商店は手書きPOPで生産性を高めて儲けを大きくする

ある商店街に伝統工芸品を販売しているお店がありました。

そのお店はオーナーの奥様が一人でお店を運営されていました。

その近所にまた別の伝統工芸品のお店があったのですが

そちらは従業員の方が3人で運営されていました。

商品構成も違いますし商品も違いますし一概に比較することはできません。

それでも売上が同じくらいであったとしたら利益が大きくなるのはどちらのお店でしょう。

誰が考えても分かりますがそれは一人で運営していた方が儲けは大きくなります。

その奥様がやっていたお店の運営の仕方は手書きPOPの活用でした。

一人ですからお会計中に別のお客様がいらっしゃっても商品説明することができません。

それで商品説明をできる限り手書きPOPで行うようにしていました。

そのお店の手書きPOPのメッセージはとても優しさを感じる素晴らしいものでした。

決してPOPを学んで書いた上手いPOPとは言えません。

ですが

読んで思わず微笑ましくなったり、こういう使い方もあるというヒントを得るPOPでした。

とてもユニークな手書きPOPのおかげで売上も順調に伸びていました。

オーナーの奥様はお店の強みと儲けをその手書きPOPで実現していたのです。

独自性で生き残る個人商店だからこそ手書きPOPが必要です

個人商店にとってもお店同士の競合はあります。

同規模店に対してもそうですし自分のお店よりも大きな店に対しても競合があります。

そういう場合お店がどのような方法で優位に立つかと言うと独自性しかありません。

小さなお店が価格競争をしてしまったら勝てるはずがありません。

商品調達力や売り場面積や立地や人的なもので大きいお店と競っていくのは難しいです。

そうすると個人の独自性を活用する方法が重要になります。

そういう場合には手書きPOPというのはとても強力な特徴になるものです。

商品の見方や知識、経験が大手に負けないことがあって、それを表現できるのは強みです。

そうすると

個人商店が生き残っていくための独自性に手書きPOPには大きな可能性があります。

個人商店は人手不足であってもなくても手書きPOPで楽になります

今後も日本全体で人手不足が続いていきます。

個人商店にとっては人手不足というのは長期の課題になってくるかもしれません。

人手不足で苦しい時にも個人商店を助けるのは手書きPOPです。

個人商店が生き残っていくための大きな特徴としても手書きPOPというのは必要です。

手書きPOPを活用することで大きく成長することもできます。

是非、手書きPOPを活用していただきたいと思います

スポンサーリンク