飲食店のバカ売れポップデザインに手書きしたい定番キャッチコピー

スポンサーリンク

飲食店や食品スーパーなど食品を販売するお店はたくさんあります。

食品販売のお店がバカ売れポップにぜひ入れて欲しいキャッチコピーがあります。

このキャッチコピーを書けばお客様にきちんとおいしさが伝わり売れます。

食品販売でバカ売れするキャッチコピー3つのポイントと定番キャッチコピーです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

飲食店のバカ売れポップデザインに手書きしたい定番キャッチコピー

カフェや居酒屋さんの飲食店や食品スーパーなど食品販売のお店ってたくさんあります。

食品の一番の価値はおいしいこと。

おいしさこそが食品販売の最大アピールポイントになります。

食品販売の販促はいかにその商品のおいしさをお伝えするかがポイントになります。

食品販売のお店がバカ売れポップデザインにぜひ手書きしていただきたいこと。

バカ売れキャッチコピーの書くポイントと定番キャッチコピーをお伝えします。

食品販売のお店がバカ売れポップデザインに手書きしたいキャッチコピーのポイントは

●美味しいと書かないで美味しいと思って頂く

●実際に食べた人の言葉で美味しさを表現する

●おいしさを表現するアピールポイントは5つ

それでは説明していきます。

食品がバカ売れするポップデザインに手書きしたいキャッチコピーのポイントその1

食品販売のお店がバカ売れポップデザインに手書きしてほしいキャッチコピーは

美味しいと言わないで美味しいと思ってもらえる言葉です。

お店の美味しいという言葉は信じてもらえません。

グルメレポーターのおいしいという言葉は何の価値もありません。

誰でも言えることは心に響きません。

フランスパンのバゲットのキャッチコピーを例にします。

「当店自慢のおいしいフランパンバゲットです」

というキャッチコピーと

「外はカリカリで香ばしく、中はしっとりと柔らかい!  そのコントラストが当店自慢のフランパンバゲットです」

というキャッチコピー。

どちらがおいしそうで買いたくなりますか?

食品販売のお店がバカ売れポップデザインに入れたいキャッチコピーは

美味しいと言わないで美味しいと思ってもらえるキャッチコピーです。

食品がバカ売れするポップデザインに手書きしたいキャッチコピーのポイントその2

食品を販売する人がポップを書く時に必ず入れて入れるべきコピーがあります。

それは

実際に食べた人の自分の言葉での感想です。

食品の一番の価値はおいしいということです。

そのおいしいを信じてもらえれば売れるはずなんです。

それを信じていただくために自分の言葉でおいしさを表現します。

例えば

石川県の金沢市には五郎島金時という自慢のさつまいもがあります。

「五郎島金時は粘質系ではない糖質系のさつまいもです  日本で一番の糖質系のさつまいもで他のものに比べて   ほくほく感が強いのが特徴です」

というコピーと

「五郎島金時は地元金沢の自慢のさつまいもです     ねっとり系じゃなくてほくほく系のさつまいもで     そのコボッコボッ感がたまんないんです!」

どうですどちらをおいしいと思って信用しますか?

食品を販売する人がポップを書く時に必ず入れて入れるべきコピーがあります。

それは

実際に食べた人の自分の言葉での感想です。

食品がバカ売れするポップデザインに手書きしたいキャッチコピーのポイントその3

おいしさの要素には

視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚

があります。

そのうちのどれを強調するかでよりおいしさが伝わるキャッチコピーになります。

視覚

「真っ白な皿に鮮やかなグリーンのレタスと真っ赤なトマトの彩りがきれい」

聴覚

「目の前でジュージュー焼いてからワインでボッとフランベして切り分けてくれました」

嗅覚

「良い海苔は口に入れるまでは爽やかな磯の香りなのに口に入れると甘みが加わる」

触覚

「タピってみたらクニュクニュした歯触りが何とも言えない」

味覚

「おいしい漬物には単に塩味だけじゃなくて爽やかな甘酸っぱさがあります」

おいしさを伝えるには視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚の要素があります。

食品に合わせてどれを強調するかでより伝わるキャッチコピーになります。

飲食店のバカ売れポップデザインに手書きしたいおすすめ定番キャッチコピー

前述の3つのポイントを踏まえて

飲食店のバカ売れポップデザインに手書きしたい定番キャッチコピーを列挙します。

定番の言葉にあなたオリジナルな言葉をプラスしてください。

五感に訴えるもの。

「~~の味と香り」「~~の旨味」「~~のコクと香り」「~~の深い味わい」

「~~の甘さ」「外は~~中は~~」「~~の新食感!」「~~の風味」

人気や権威の後ろ盾を根拠にする。

「No1のおいしさ」「~~で金賞受賞」

安心をアピールする。

「国内産の~~を使用」[無農薬・無化学肥料・添加物なし]

ハンドメイドという価値。

「手作り味噌」「自家製の醤油」「日本一の杜氏が作った」

「手間暇かけて三日間煮込んで作りました」「日本海の天日干し」

新鮮さをアピールする。

「地元産の~~をしよう」「~~から直送された」

「今が旬!一番美味しい時期」「今朝採れたての山菜」

歴史・伝統という裏打ち

「伝統の味」「老舗の味」「昔ながらの伝統製法」「昔ながらの品種」

「熟練した職人が作った」「老舗のこだわり」

希少性をアピールする。

「1頭からわずか100gしか取れない」「日本に3人しかいないシェフの~~」

「カニ解禁!」「この季節限定の味」

スポンサーリンク