個人商店が生き残るためにPOPが最適な販促方法という3つの理由

スポンサーリンク

POP販促はお客様にお店の価値、商品の価値を伝えて行動を促すものです。

それはPOPの書いて伝える力によります。

そのPOPの書いて伝える力は多くの販売促進の基本になります。

だから

個人商店は生き残りのためにPOP販促をマスターするべきなのです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

個人商店が生き残るためにPOPが最適な販促方法という3つの理由

個人商店が売上を伸ばす時にアドバイスさせていただくことは次の3つです。

・お客様がどういう方かをはっきりさせる

・お店の持っている価値をそのお客様の求める価値まで高める

・そのお客様にその価値を伝えて行動を促す


POPはお客様に「その価値を伝えて行動を促す」という役割があります。

・POPは価値を伝える

・POPは行動を促す

この2つの役割は販売促進にとって基本となる役割です。

理由1)個人商店が売上を上げるためにする2つをPOP販促が行う

売上は客数と客単価の掛け算ですから売上を伸ばすには次の3つしかありません。

・客数を増やす。

・客単価を高める。

・客数と客単価の両方を伸ばす。

POP販促はその両方を、時には同時に行います。

店頭看板で入店を促して入店客を増やします。

売り場でのタイトルボードは展開コーナーへの寄り付き客数を増やします。

商品に添付されたPOPは商品への視認客数を増やします。

また

商品に添付されたPOPは価値を伝えてより高単価な商品のお買上を促します。

あるいは

買うつもりのなかったお客様にお買上を促し販売数を伸ばします。

個人商店に限らずですが

お店の売上を構成する客数と客単価を伸ばすことをPOP販促が時に同時に行います。

これが

個人商店が生き残るためにPOPが最適な販促方法という第1の理由です。

理由2)個人商店が生き残りのためにはPOP販促が最適な販促手段

個人商店にはいくつかの制約条件があります。

・個人商店では大きな費用をかけて販売促進することができない

・多能な役割を求められる個人商店では販促に専属の人材をおけない

・個人商店ではノーリスクでハイリターンな販促策が求められている

このような条件下ではPOP販促が最適な販促手段になります。

・POP販促は紙とペンで書くことができ費用がかかりません。

・POP販促はスキマの短時間に書きますから専従の販促係は不要です。

・POP販促は仕入も販売もする多能な方だから高効率なPOPが書けます。

多能な方だからこそ商品の良さとお客様の気持ちがわかるからです。

個人商店の制約条件で成果を上げるPOP販促こそが生き残りのための最適な販促手段です。

理由3)個人商店が生き残るためには販促力を持たなければならない

POP販促というのは書いて伝える力です。

イラストや画像もありますが主に文字によって

お客様に対して

注目してもらい

関心を抱いてもらい

行動したいと欲してもらい

行動の結果を連想してもらい

そして行動を促すものです。

その行動というのは

チラシでは来店するということです

・看板では入店するということです

・ホームページでは注文するということです

・ビラでは来店するということです

・ニューズペーパーでは親近感を持つということです

・DMでは次回来店するということです

・FAXDMでは予約するということです

・クーポンでは利用するということです

POP販促の注目⇒関心⇒欲望⇒連想⇒行動は

すべての販売促進方法の基本です。

POP販促が苦手のお店がチラシでは集客できるとは考えにくいものです。

個人商店には限りませんが

個人商店が生き残るために販促力を養うには

POP販促は最適な販促方法といえます。

まとめ:個人商店が生き残るためにPOPが最適な販促方法という3つの理由

理由1)個人商店が売上を上げるためにする2つをPOP販促が行う

お店の売上を構成する客数と客単価を伸ばすことをPOP販促が時に同時に行います。

理由2)個人商店が生き残りのためにはPOP販促が最適な販促手段

大きな費用や人手をかけられない個人商店はPOP販促が最適な販促手段になります。

また個人商店の多能な人材はPOP販促の成果を高いものにします。

理由3)個人商店が生き残るためには販促力を持たなければならない

POP販促は書いて伝える力です。

その書いて伝える力はすべての販売促進策の基本です。

個人商店が生き残るために販促力を養うにはPOP販促は最適な販促方法です。

スポンサーリンク