引き算の安売りVS足し算の価値づくり販売促進で成功する方法はどっち?

スポンサーリンク

あなたのお店が売上アップを図りたいなら足し算の価値づくりをしてください。

あなたのお店が行き詰まってしまわないように引き算の安売りはしないでください。

お客様とスタッフに喜ばれる価値でつながるお店作りをめざしませんか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

引き算の安売りVS足し算の価値づくり販売促進で成功する方法はどっち?

引き算の安売りでお客様に叱られる

価格を下げるという販売促進の方法

食品スーパーで見た光景です。

野菜の値下げ商品が売られていました。


コンテナの中に色々な値下げ商品が投げ込まれており上下に別の商品が重なっています。

値下げ商品ですから鮮度が落ちていますがまだ食べられるということです。

商品ロスにすることができないので値引きで処分しようということです。

だから値下げでお買い上げいただこうということです。


値下げ商品でもお買い上げしようというお客様はかき分けて商品を確認します。

価値と価格のバランスを忘れた販売促進の方法

賞味期限が近づいていて価値が低いからそれに見合った価格に値下げした商品です。

値下げされた商品は価格と価値のバランスが取れているはずです。

それなりの品質にそれなりの価格です。

何故ひとつのコンテナの中に投げ込まれるような陳列がされているのでしょう。

他の商品はきちんと陳列されているのに値下げ商品は放り込まれている。

価格と価値のバランスが取れた商品の扱いでしょうか。

担当者は価格と価値のバランスを忘れているのかもしれません。

引き算の安売りという販売促進の方法

値下げは利益を少しでも確保したいけれども売上からは引き算になる販売促進の方法です。

お客様はその投げ込まれた商品の中から価値あるものを買って行こうとします。

お客様は価格と価値のバランスを考えて求めますが気持ちは引き算になります。


値下げや安売りは売上と利益の引き算につながります。

必然としてローコストオペレーションを求められます。

ローコストオペレーションというのは必要最低限のコストで運営するということです。

余分な人件費をかけない手間をかけないということです。


例えば

値引き商品がきれいに陳列しなくてもいいという場合は陳列の時間を引き算します。

多少売り場が汚れていても掃除しようかなという時間を引き算します。

陳列が乱れていても必要でなければ放置して時間を引き算します。

販売に貢献しないようなら商品の価値を調べるという時間を引き算します。

不必要であればお客様に対しての説明を引き算します。

売上に貢献しないようならばディスプレイを展開する時間を引き算します。

販売数に貢献しないならばPOPを書く時間を引き算します。


値下げや安売りはそういう[不要な]コストの引き算を積み重ねて利益を確保します。

それは商品の価値をも引き算するようになり売上も引き算になっていきます。

足し算の価値づくりでお客様に喜ばれる販売促進の方法

価値づくりをする販売促進の方法

同じ商品ならばより価値のある商品としてお客様に提供するためきちんと陳列したい。

同じ商品を提供するならどのようにお客様に役に立つか賞味期限がわかるように伝えたい

同じ商品ならば持っている価値をストレートに伝わるように商品展示をしたい。

同じ商品を提供するならばお客様に買ってよかったと喜ばれるような売り方をしたい。

賞味期限が短くともお客様にお買い得の価値があると思ってほしい。


そういう思いで提供したいと思うのは自然な心のありようです。

お客様の喜びを思う販売促進の方法

商品の価値づくりをするのにはお客様を喜ばせたいという思いがあります。


お客様に喜んで欲しい。

その商品がお客様に役立つものであってほしい。

生産者やメーカーの思いをお客様に届いてほしい。

私達がこの商品を選んだ思いをお客様にわかっていただきたい。


お店として世の中に存在する以上

そのお店が世の中に役に立つお店でありたい

そのお店がお客様に喜んでもらえるお店でありたいと

スタッフが思うのは自然の心のありようです。

足し算の価値づくり販売促進の方法

価値づくりをするためには手間がかかります。

価値を調べるための手間がかかります。

価値を付加するための時間がかかります。

価値を伝えるディスプレイには時間がかかります。

価値をPOPで伝えるためには時間がかかります。

それらはすべてコストに足し算になってしまいます。


だけれども

そのコストは商品の価値を高めるという形で商品に込められます。

お客様とスタッフに喜ばれ価値でつながるお店作りで売上を伸ばす

価値づくりをしてお客様に喜ばれる販売促進の方法

――――――――――――――――――――――――――――――

いちご味かき氷 

一杯 

500円

――――――――――――――――――――――――――――――

という商品があります。


――――――――――――――――――――――――――――――

山梨県山里天然氷

昔いちごかき氷 

一杯

800円

氷が甘いって感覚、味わったことありますか?厳冬の山梨県山里で

天然水を張った水槽でじっくりと自然に凍らせた氷を使用。

天然氷は水道水のちょっと硬い感じではなくてミネラルの豊富さで

甘く感じるんですよ。

昔いちごシロップは無農薬で育てた昔からある品種のイチゴの

シロップです。その昔いちごをミネラルたっぷりの甘藷糖で

じっくりと煮詰めてシロップにしました。

ちょっと酸味がありますが人工的に作られた甘さとは違う

爽やかな甘さです。

――――――――――――――――――――――――――――――

という価値づくりをされた商品があります。

お客様であるあなたはどちらを食べてみたいですか?

どちらのかき氷がお客様に喜ばれますか?

価値づくりをするとスタッフに喜ばれる

 お客様に喜んでほしいという思いで仕事をしているスタッフは

提供する商品がお客様に喜ばれると嬉しい。

お客様が美味しいと言ってくれれば嬉しい。

良い商品ですねと言ってくれれば嬉しい。


お客様に価値ある商品を提供できるということはスタッフの誇りです。

お客様の反応としての喜びはスタッフの喜びでもあります。

価値づくりをすると商品の価値が高まりお客様に喜ばれます。

スタッフの仕事も誇り高いものになります。

価値づくりをするとお客様にもスタッフにも喜ばれます。

価値づくりでお客様とスタッフがつながる

価値づくりをするということは

スタッフはお客様に喜んで欲しいと思い、誇りを持って価値ある商品を提供することです。

それはお店、スタッフからのお客様へのメッセージです。



そして

その商品を食べたお客様からの美味しいという言葉

この甘さは初めての味だという反応は

お店やスタッフへのメッセージです。


そのようにして

お店、スタッフとお客様が想いを交換する。


そして

お店、スタッフとお客様が繋がるのではないでしょうか。


そういう仕事、お店は楽しいと思いませんか。

そして足し算で売上が積み上がると思いませんか。

スポンサーリンク