POPを書いて売上が上がるか?POPを書かずに売上が上がるか?

スポンサーリンク

POPを書いて売上が上がるかどうかわからないというお店はいませんか?

POPを書いていなくて売上が厳しいというお店はいませんか?

POPは確実にお店の売上アップに役に立つというお話です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

POPを書いて売上が上がるか?POPを書かずに売上が上がるか?

「POPを書く時に必要なこと」と「お店を運営する時に必要なこと」

POPを書く時に必要なことが3つかあります。

・お店のコンセプトが決められていること

・お店が提供する価値を持っていること

・お店の提供する価値がお客様に伝わっていること


これってお店を運営する時に必要なことではありませんか?

お店のコンセプトが決められていること

お店のコンセプトというのは

お店のお客様は誰か

お店の提供するものは何か

お店はどのようにして提供するか

ということです。


お店のコンセプトというのはお店を形作る骨組みです。

その骨組みがしっかりしていなければ

お客様を呼ぶことはできませんし

お客様をお買い上げいただくこともできませんし

お客様を満足させることもできません。

お店が提供する価値を持っていること

お店に商品があってもサービスがあっても

それに価値がなければ

お客様は求めませんし買いません。

お店が価値ある商品を持っていても

お店の提供する価値がお客様に伝わっていること

お店が価値あるサービスを持っていても

その価値がお客様に伝わらなければ

お客様はそれを求めることができません。

買うこともできません。

売れるPOPにする時に必要な3つのこと

売れるPOPにする時には3つのことが必要です。

・POPの目的とお店のコンセプトのベクトルが合っている

・お店が提供する価値がお客様の期待価値を超えている

・お店の提供する価値がお客様に分かり伝わり感じている


これって売れるお店にする時に必要なことではありませんか?

POPの目的とお店のコンセプトのベクトルが合っていること

売れる POP になるためには

POP の目的とお店のコンセプトのベクトルが合っていることです。

POP だけで売れることもありますが

接客やディスプレイが、BGM やデモンストレーションを

活用すればPOPの効果は数倍になります。

お店が提供する価値がお客様の期待価値を超えていること

お店が提供する価値がお客様の期待価値を超えていれば

お客様は喜んで買うことになります。

お店の提供する価値がお客様に分かり伝わり感じていること

お店の提供する価値が

お客様に認識していただいて、理解していただいて、納得していただけければ

お客様は商品やサービスをお買い上げします。

いかがですか?

・各作業、役割の目的とお店のコンセプトのベクトルが合っている

・お店が提供する価値がお客様の期待価値を超えている

・お店の提供する価値がお客様に分かり伝わり感じている


これ売れるお店にする時に必要なことではありませんか?

POPを書くこともお店を運営することも同じことです。

売れるポップを書くことも売れるお店にすることも同じことです。

POPを書くことは確実にお店の売上アップのお役に立ちます。

POPを書いてもお金も手間もかかりませんから

POPを書くのは何のためだと思いますか?

それは今より売れるようにすることがPOPを書く目的です。

POPを書いても売れないのならPOPを書く意味はありません。

POPは書いてより売れるようになってこそ意味があります。

POPで2倍3倍売れるなんてことはザラにあります。


POPを書くのにほとんどお金はかかりません。

一枚のPOPを書くのには5分もあれば十分にできます。

POPを書いて売れても売れないのであっても

お金も手間もかからないんだから

まず1日5分で1枚だけ書いてみてはいかがでしょう。


1ヶ月続ければPOPで売れることが判ります。

3ヶ月続ければ数字が変わってきます。

今あなたのお店は売れていますか?売れなくて困っていますか?

売れて時間がないなら、売れなくて時間があるなら

POPを書くといいですよ。

今あなたのお店が売れていて

人手が足りないのでしたらPOPを書くといいですよ。


こういう例があります。


伝統工芸品を販売しているあるお店は

販売員さんが一人しかいませんでした。

一人のお客様の精算をしていると

他のお客様に商品の説明をすることができません。

そこでそのお店がしたことはPOPを書いて

商品説明をPOPにさせることにしました。

その商品説明のPOPがとてもユニークで

お客様の共感を呼ぶPOPでした。

それで

そのお店はとても商品がよく売れていました。

人手が足らない時こそPOPが役に立ちます。


もし今あなたのお店が売れなくて困っているのだったら

販売員の方に時間の余裕はありませんか?

それでしたら

お金も手間もかからないPOPを書いてはいかがですか?

・POPを書くと売れるようになります。

・POPを書くために商品研究をします。

・POPを書くためにお客様の動向に関心が向けられます。

・POPを書いて売れるとモチベーションが上がります。

POPは書くと売れる効果だけではないんです。


あなたとあなたのお店が生き生きと輝いて

お客様に喜ばれますように!

スポンサーリンク