集客の販売促進は見えないお客様より見えるお客様を相手にしよう!

スポンサーリンク

売上を伸ばすために集客するには

一番簡単な方法から始めるといいですよ。


売上を伸ばしたいのでたくさんのお客様をと思いがちです。


見えないお客様より見えるお客様の方が

ずっと簡単に集まっていただけます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

集客の販売促進は見えないお客様より見えるお客様を相手にしよう!

先日、知人が主催する桜見物のバスツアーに誘われました。

「桜見物のバスツアー行かない?」

「お寺を見て住職さんの法話を聞いて

昼食は美味しいと評判のお店の蕎麦ですけど」

予定がなかったので即断OKでした。

だって、いつもお世話になってますからね。

簡単!


知人でなくとも毎日顔を合わせている人から言われても

OKかもしれませんね。

でも新聞の折込チラシに出ていたら

絶対に行かなかったと思います。


TVで桜見物ツアーのコマーシャルが流れても

絶対に行かないと思います。


ネットで出ていても

絶対に行かないと思います。


だって顔を見たこともない人から

桜見物ツアーの案内を受けても

絶対に行かないと思います。


お店の集客の相談をお受けすると

皆さん遠くの見たこともないお客様に

来てほしいとおっしゃいます。


アドバイスに困ります。

だって遠くの見たこともないお客様に

来て頂く方法って簡単じゃないですから

大きな費用を掛けたり、大きな話題を提供したり

しないと来ていただけません。


それより、いま来ていただいているお客様の

同僚とか友人とか家族とか仲間とかに

来ていただいたほうがずっと簡単です。

そうするといい手がすぐに思いつくでしょう?


クーポンを差し上げようか

DMを出しましょうか

FAXを送ってみましょうか

ニュースレターを持って行っていただこうか

メールを送りましょうか

LINE@で配信しようか


そんなことを考えていると

眼の前のお客様がこうしたらどうだい?って

アドバイスしてくれたりして


そんなお客様がありがたくて

いい仕事したいな~って

思ったりします。


目に見えないお客様より

眼の前のお客様って

ありがたいな~って思える。


見えないお客様より見えるお客様の方が

ずっと簡単に集まっていただけます。


集客の販売促進は見えないお客様より

見えるお客様を相手にしよう!


スポンサーリンク