店頭看板は集客するツールとして最強の販促ツールです

スポンサーリンク

POPの一番の目的は集客です。

店内POPは各コーナー、各商品への立寄率を高めて集客します。

店頭看板はお店の集客力を高めますし入店率を高めます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

店頭看板は集客するツールとして最強の販促ツールです

店頭看板はコストが掛からないツールとして最強の販促ツールです

お店が集客するために利用するものにメディア、インターネット、看板類があります。

 

メデイアは広く周知できますが効果のある期間は短く費用が高額です。

マスコミ四媒体といわれる新聞、雑誌、ラジオ、テレビは大きな費用がかかります。

手軽でご年配者向けの集客としてよく利用される折込チラシも大きな費用になります。

 

インターネットを利用すると費用はほとんどかかりません。

ところがホームページやSNSは効果が出るまでには長い時間が必要です。

効果を出すまでには維持するための人件費という面で大きな費用となってきます。

 

看板類はどうでしょう?

看板には費用のかかるものとほとんど費用がかからないものがあります。

 

サインポール、袖看板、野立看板、ネオンサイン、 屋上看板、懸垂幕

タペストリー、のれん、のぼり旗、ウィンドシート、チャネル文字

バナーフラッグ、アドバルーン、テント、壁面看板

これらは一度設置したり、製作したりすると大きな費用がかかります。


同じ看板類でもこういうものがあります。

A型看板、ウェルカムボード(ブラックボード)

こちらは初めに数万円~数千円かかりますがその後はほとんどかかりません。

 

これらの店頭看板はコストが掛からないツールとして最強の販促ツールです

こちらはいろいろなトライができて変化をつけることができてPOPと同じ感覚です。

店頭看板は効果が大きいツールとして最強の販売促進ツールです

Jpeg

お店の客数と言う場合、その客数とは買上客数です。

買上客数は入店客数に買上率を掛けたものです。

入店客数は店前通行客数に入店率を掛けたものです。

 

これらはどういうことかと言うと

売上を増やすために買上客数を増やすには入店客数を増やせばいいということです。

そして入店客数を増やすには店前通行客数を増やせばいいということです。

店頭看板は店前通行客にアピールし入店率を高め入店客数を増やします。

 

私の知るあるお店は月間2万人以上のお客様がお店の前を通ります。

実際にお買い上げになるのは2%です。

これを簡単に考えてみると

100人のうち98人が店の前を通るだけ、入店してもお買い上げしないということです。

 

このお店が買上客数を2倍にして売上を2倍にするには

●毎月1~2万枚のチラシを出す

●店頭看板を作って毎月書き換える

どちらの方法が有効だと思われますか?

 

チラシや4大メディアやSNSのようにまだ見ぬお客様に働きかけるのではありません。

店頭看板はほんの数十歩の目の前のお客様に働きかけて入店を促し買上客につなげます。

 

また店前通行客という方はお店の商店街や近隣店舗に対して好感を持つ方が多いです。

そういうお客様に直接に働きかけて入店を促す店頭看板は効果が大きいのです。

店頭看板は変化対応できるツールとして最強の販促ツールです

メデイアは広く周知できますが効果のある期間は短く費用が高額です。

手軽でご年配者向けの集客としてよく利用される折込チラシも大きな費用になります。

 

サインポール、袖看板、野立看板、ネオンサイン、 屋上看板、懸垂幕

タペストリー、のれん、のぼり旗、ウィンドシート、チャネル文字

バナーフラッグ、アドバルーン、テント、壁面看板

これらは一度設置したり、製作したりすると大きな費用がかかります。

 

メディアや固定的看板は大きな費用がかかりますから1回限りなのです。

何回も出す、設置する、書き換えるということは莫大な費用になってしまいます。

 

SNSは書き換えは簡単ですがやはり効果を得るまでには時間がかかります。

店頭看板は初めの設置には少し費用がかかりますが書き換えには多くはかかりません。

だから店頭看板は柔軟に内容を書き換えができるのです。

 

店頭看板はお店に入ったら「こんないいことがあリますよ」と入店を促します。

それが必ず成功するわけではありません。

「こんないいことがあリますよ」に興味を持たれない場合もあります。

表現の仕方がうまくいかない場合もあるでしょう。

 

入店客数が増えないのであれば店頭看板は何回でも書き直せばいいのです。

店頭看板は試行錯誤ができる販促ツールなのです。

 

積極的に書き換える必要もあります。

シーズンによって、行事によってもお客様の関心のあることは変わってきます。

お店の提案やアピールすることが変わってきます。

年に数回は店頭看板を書き直すことで多くのお客様にたくさんのことを伝えます。

多くのお客様を入店へ誘うことができ、買上客数を増やし売上を伸ばすことができます。

 

店頭看板はフレキシブルに何度でも書き換え変化対応できる最強の販促ツールです。

 

スポンサーリンク