最強読書法「一枚で売れ!(新時代の3ステップアイデア法)」

スポンサーリンク

1冊30分でまるごと要点をまとめ上げ答えを得る最強読書法

本に求める課題設定を先にして、本からランダムにキーワード・フレーズをピックアップ。

そこから3つのポイントをまとめ上げ課題に対しての答えを導きます。

一冊の本から10個のタメになることを得らるという優れた本も勿論あるでしょう。

でも一冊でたった一つ良いことを得られたというのも、それはそれで十分です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

最強読書法「一枚で売れ!(新時代の3ステップアイデア法)」

一枚で売れ!3ステップアイデア法というのはシンプルでいいと思います。

使える仕組みや継続する仕組みはシンプルが一番だと思います。

売るためのシンプルなアイデア創出方法の斬新性をまとめてみたいと思います。

【書 名】「一枚で売れ(新時代の3ステップアイデア法)」

【著者名】青木精一

【出版社】中経出版

1枚で売れ!【電子書籍】[ 青木精一 ]

価格:1,296円
(2019/3/28 08:02時点)
感想(0件)

【この本に求める課題設定】

一枚で売るという3ステップアイデア法の新時代と言われる斬新性は何か?

⇒【まとめ上げ】

3ステップアイデア法の新時代と言われる斬新性は

●現代は考え出さず観察し気付き発想する

●面白い・変わっている・新しいネタをスマホで集める

●現場のネタをキーワードにするとアイデアの素になる

【4つの要点】

●新問題、情報過多でアイデアは出ないし考えられなくなってきているので観察・気付き・発想で導き出す。

●【観察】普段から現場で面白い・変わっている・新しいと感情が動いたものをスマホで記録しアダ名を付けておく。ここで日本人の感性がとても役に立つ。

●【気付き】一番心が動くトップネタに引力ネタを集め「今までは」⇒「やっぱり」「実は」でキーワード化する

●【発想】キーワードを自分のビジネスで「~したい」という刺し語(キャッチコピー)にしてアイデアの素にする。

スポンサーリンク