値引きで売るより楽しい提案で売った方が楽しいでしょ!

スポンサーリンク

引きで売るなんて絶対にしたくないから工夫します。

値引きで売るなんて恥ずかしいと思ってるから工夫します。

値引きで売るなんて手抜きだと思うから楽しく売ろうとする。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

値引きで売るより楽しい提案で売った方が楽しいでしょ!

町で見かけたバンドルセールという値引き

Tシャツの同柄で色違い商品がペアセールということでお安くなっていました。

 「1枚1000円、ペアセールで1800円」

 多くのお客様がペアでお買い求めになります。

 1枚ずつ売るよりはよく売れるでしょう。

 よくご存じのようにバンドルセールという販売方法です。


私も食品スーパーにいたときにはよく採用していた販売方法です。

でも今はあまり採用したくない販売方法です。


値引き販売は手抜きだと思っています。

値引き販売は罪悪だというくらいに思っています。

値引き販売は値引きせずに売ろうとする方策が尽きた販売だと思っています。

だからどうしても値引き販売したくない。


値引き販売しなくて済む方法を工夫する。

値引き販売しているとお店の販売力がどんどんなくなっていきます。

値引き販売していると利益がどんどん流出していきます。

値引き販売していると競合店がどんどん増えていきます。

値引き販売していると販売員が傲慢になっていきます。

値引き販売していると商品を大切にしなくなります。

値引き販売しているとお客様目線を失っていきます。

値引き販売しているとお客様への関心を失ってお客様が見えなくなってきます。

バンドルセールという値引き販売を提案販売に変えて楽しむ

 どうしてもしたくない値引き販売です。

 「1枚1000円、ペアセールで1800円」では分かり易いです。

「お得ですよ」メッセージがよく伝わります。

それはお得感で買う理由です。

なんだか手抜きの値引きセールという感じがします。

安易な販売方法という感じがします。


もっとお客様がワクワクする販売方法は無いでしょうか?

もっとお客様も販売する方も楽しくなるような販売方法は無いでしょうか?


POPの表現はとても難しくなりそうですが

 同じバンドルセールをするにしてもこういう表現をしてはどうでしょう?

「彼や彼女とペアで使いたいというラブラブなカップルに2枚で200円引きプレゼント」

 もちろんお得感もあるのですが幸せそうなカップルのペアルックが連想されて微笑ましくなります。

お得感よりペアルック提案のほうが強くなります。

「素敵なカップルにプレゼントしたいという優しい方に2枚で200円引き応援させてください」

これはもう商品の値引きというよりもお店からのプレゼント応援という形です。

値引きというよりカンパに近い感じがします。

「今日の私と来週の私、二人の私で色使いしたい方に2枚で200円引きの素敵コールです!」

色違い、柄違いを使いこなすファッションセンスに200円という素敵コール。

値引きではなくておひねりです。

値引きで売れば楽だけどつまらない、ワクワクする提案で売った方が楽しい

値引きって本当に楽です。

プライスカードの価格を変えるだけでハイ終わり。

それで売れていってくれる。

な~んにも考えなくていい。

買うか買わないか後はお客様次第。

もうお店の提供できることは終わったと、あとは知らんぷり。


表現の仕方を変えると、それだけでワクワクします。

お店の提案に乗ってくれるのかな。

お店の気持ちは通じたのかな。

お客様の反応がとても気になります。

商品を販売したときにお客様の反応が気にかかる。

お客様の顔が笑顔になるのかどうかが気になる。

そんな楽しい販売ってそう無いんじゃない?


スポンサーリンク