ますますPOPが必要~手書きPOPの書き方のコツで販促をデザイン

スポンサーリンク

働き方改革でますますPOPがお店に必要になってきています。

POPで生産性を上げる方法はコストダウンと売上アップです。

POPを見直すことでお金もかけずに生産性を高め利益を増やすことができます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

ますますPOPが必要~手書きPOPの書き方のコツで販促をデザイン

見直しが必要なPOPとはどういうPOP?

POPの見直しが必要なのはパソコンで作るPOPです。

今はパソコンで手軽にPOPを作ることができます。

効果の高いPOPができれば他店舗にメールで転送して同じものがすぐに作れます。

短時間でプリントすることができてたくさんの枚数を作ることができます。

プライスカードのように一部を変えるだけのPOPはパソコンPOPは得意です。

 

パソコンで作るPOPはコストダウンできますが売れるPOPは少ないようです。

 

手軽に誰でも簡単に見映えのいいPOPが作れるようになったことが原因です。

パソコンPOPには無駄なものが多い、売れないものが多い感じがします。

テンプレート、素材、見本を使えばパソコンで簡単に見映えのいいPOPが作れます。

見映えのいいPOPが売れるとは限りません。

むしろパソコンで見映えのいいPOPを作るようになって売れなくなったと言っていい。

販促の知識や表現のコツを持っていない方でも見映えのよいPOPが作れます。

 

パソコンPOPの書籍はPOPの作り方ばかりが書いてあリます。

パソコンPOPを売れるようにする方法は書いてありません。

なぜなら売れるようにするにはパソコンPOPでないほうがいいからです。

 

POP広告クリエイターという資格があります。

 以前はとても人気がありましたが受験者が減ったのか等級区分がなくなりました。

 人気がなくなったからと言って手書きPOPに効用が無くなったわけではありません。

むしろパソコンPOPの訴求力を高めるためにますます必要な資格かもしれません。

パソコンPOPを売れるPOPにすることで生産性が高まる

パソコンPOPがコストを抑えて作ることができることは大きなメリットです。

そのパソコンPOPが更に売れるようになれば生産性が高まります。

 

パソコンPOPはその特性のためにパッケージなどに埋没しやすく目立たない。

手書きPOPに比べると温かみにも書けます。

ちょっとした工夫でパソコンPOPを売れるPOPに変えることができます。

手書きを加える

書きにくい大きな文字品名などの大きな文字をパソコンで書き

キャッチコピーやセールスコピーをPOPペンで手書きをすると手書きPOPに近づきます。

イラストが得意な方はそれを手書きでするとそれだけでも手書きPOPに近づきます。

ほんの一部でも手書きの部分を入れると温かい感じが出て目立つPOPになります。

コラージュを活用する

写真やイラストをパソコンで作ったPOPに貼り付けるだけで手作り感が出てきます。

イラストが苦手な方は雑誌などから切り取って貼るといいでしょう。

パソコンPOPにイラストや写真を貼る場合にもコツがあります。

POPの縁から少しはみ出たように貼ると注目率が全く違ってきます。

コラージュを活用すると簡単に目立つPOPになったり手作り感が出てきたりします。

パソコンで手作りする

パソコンPOPそのままではやはり他の文字情報に埋もれてしまうことになります。

キャッチコピーや品名などの一番大きな文字の塊は手書きのようにします。

するとPOPの感じが手書きPOPに近づいてきます。

それは私がよく使う方法ですが言葉を一文字一文字分解して書き出します。

その一文字一文字を大きさ、幅、高さ、傾き、間隔を変えて手書きPOPのようにします。

それらを連ねて言葉に戻します。

またドロップシャドウを使うと文字に遠近感が出て文字が浮かび上がります。

そういう方法でパソコンでまるで手書きのように作業します。

そのようにして手書きPOPに近づけていくと温かみが出て目立つようになります。

POPでコストダウンと売上アップを図り生産性を高める

多くのお店が生産性を追求するあまり販売員の人数をギリギリにしています。

パートさんやアルバイトさんの比率を高めて人件費を抑えています。

 正社員よりもパートさんやアルバイトさんの能力が劣ることはありません。

それでも勤務時間や仕事の環境に制限のある方が多くなっています。

そのような理由で十分な販売活動、接客、売り場作りが難しくなっています。

そこで行われる販売促進は安易な価格訴求です。

その結果、利益が残りにくくなりさらに効率アップが求められるという悪循環です。

POPを活用するという解決策があります。

第3の販売員と言われるPOPを活用することで人件費を抑えます。

パソコンPOPを工夫することで売れるPOPを大量に作っていきます。

手書きPOPを書く力があれば手書きPOPをスキャナしてコピーもできます。

POPを書くだけで自然と売れていく売り場を作っていけば生産性は高まります。

売れるPOPを作るにはまた別のノウハウがあります。

それでもパソコンPOPにちょっとした工夫で売れるPOPに直ぐにできます。

手書きPOPのコツを学ぶだけで売れるパソコンPOPに変えることができます。

POPの見直しでお金を掛けずに簡単にすぐにコストダウンと生産性向上が図れます。

スポンサーリンク