手書き POPのコツで販促を デザインする~感動するのは見映えより中身

スポンサーリンク

手書き POPの見映えにこだわる方の多くが思ったほど売れないと思うみたいです。

POPはラブレターなんですから字の綺麗さで付き合いを決めますか?

それとも字は多少拙くても思いのこもったメッセージで付き合いを決めますか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

手書き POP のコツで販促をデザインする~感動するのは見映えより中身

手書き POP のコツで販促をデザインする~感動しなければ売れない

手書きPOPの書き方を質問する多くの方がPOPの見映えにこだわります。

見栄えのいいPOPはお客様を和ませたり優しい気持ちにさせたりしてくれます。

そういう意味ではPOPはお店の雰囲気を良くしますからPOPも見映えが大切です。

ところが売れるということになるとそれだけでは不十分です。

私はPOP広告クリエイターという資格を持っていますがあまり上手ではありません。

でも私の書いたPOPでたくさんの商品が数倍売れるようになりました。

POPを書き換えることで商品が数倍売れるようになるということはたくさんあります。

それはどういう場合かというと

POPによってお客様が何かを心で感じて動かされた

という場合です。

簡単に言えば感動したということです。

決してPOPが上手な方じゃない私が商品を数倍売れるようにすることができた。

それは売るためのPOPというのは見映えよりも中身ということです。

お客様を和ませたい、優しい気持ちにさせたい。

そういうお店の雰囲気を良くしたいというだけの場合はPOPの見映えがとても大切です。

それは「感じる」まででいい場合は      それで十分です。

売れることを目的としたPOPはお客様を感動させなければなりません。

まずにお客様に素敵だな、買いたいなと「感じて」もらいます。

「感じて動いていただく=感動」していただかなければ売れないのです。

そして次にレジまで商品を持って行くという「動き」をしてもらいます。

手書き POP のコツで販促をデザインする~POPはラブレター

ちょっと考えてみていただきたいことがあります。

私はPOPはラブレターだとよく言っています。

ラブレターで心を動かされ、付き合ってみようと思うのはどういう時かということです。

綺麗な字で心が動かされるか?

それとも

書いてあるメッセージで心が動かされるか?

ということです。


きれいな字で整然と書かれていたらすごいなと思います。

ですがちょっと距離を感じてしまいませんか?

自身が字がうまくなかったら落ち込んじゃうかも。


それよりも親しみのある字、可愛さのある字で十分です。

多少拙いものであっても笑顔が溢れるかもしれませんね。


全く読めないようなラブレターでは困りますが

普通に読めるラブレターであればやはり中身が大切です。


POPを書く人は書き方をとても重要視します。

それも大切ですが売るという場合にはやはり中身です。


POPを書く目的が商品をより売れるようにするためには書き方にはあまりこだわりません。

それより大切なのはどうしたらお客様が心を動かされて買う行動に移るかということです。


実際、売れるPOPというのは伝わるPOP、読むPOPです。

見映えが良くても売れないPOPというのは眺めてしまうPOPです。

うまく書いてあるなぁとか綺麗なPOPだなあというふうにして眺めてしまうPOPです。


それは心にまで伝わるものがありません。

POPは見て頂いて興味を持っていただきます。

そこまでは見映えの良い綺麗なPOPで十分です。

ところがそれほど上手なPOPでなくてもお客様にはちゃんと見ていただけるものです。

そして読んでいただいてお客様の心を動かすのはやはり中身です。

そこに感動を生むものがなければ売れることはありません。

POPに見映えや綺麗さを求めるだけでは終わらないで中身を大切にしてください。

手書き POP のコツで販促をデザインする~字は拙くともこれだけは

POPを書く目的が商品をより売れるようにするためには書き方にはあまりこだわりません。

それでも次の3つのポイントを押さえておくと更に伝わりやすくなります。

POPは「シンプル&メリハリ&3つまで」で伝わりやすく、売れます。

シンプル

POPのパターンは種類を増やさずシンプルなデザインにします。

中身以外の刺激を抑えて中身をよく読んでいただくためです。

またメッセージが他の情報で埋もれてしまわないようにするためです。

メリハリ

最も伝えたいことは大きなスペース、大きな太い文字で、はっきりした色を使います。

これだけで情報の伝わり方に優先順位ができて伝わりやすくなります。

またメッセージで何を最も伝えたいか情報の重要度もお客様に伝わります。

メリハリが効いているということはお客様に伝えたい情報が整理されているということ。

メリハリが効いているということはお客様に伝えたい情報が明確だということです。

3つまで

私はPOPは3つまでしか書きません。

売る方にとってはPOPにこれでもかこれでもかと情報を詰め込みたくなります。

ですが情報を絞り込みシンプルにメリハリをつけた方が伝わり、売れます。

それは現代が情報過多、情報偏在、情報不確実の時代だからです。

お客様は多くの情報ではなくて本当に必要な、そして確実な情報が欲しいのです。

多くの人は3つの情報で十分判断できますし、それ以上の情報では混乱します。

ですから私の書く「お客様づくりPOP」では基本的に3つまでしか書きません。

  • 品名、メーカー名(産地名)、単位、価格などの基本情報
  • 注目、関心を持っていただくキャッチコピー
  • 欲求を喚起し連想していただくセールスコピー

の3つです。

この3つで十分伝わります。

スポンサーリンク